エリザベス硬貨の価値は高い?代表的な種類や人気の理由も徹底解説!

2024.02.16

古銭買取 コラム
エリザベス硬貨の価値は高い?代表的な種類や人気の理由も徹底解説!

エリザベス硬貨とは、数多くの功績を残したエリザベス2世を称え発行された歴史的価値のある硬貨です。

種類が豊富で、デザインも毎年異なるものが発行されます。

収集目的で集めるコレクターや投資目的で購入する人もいる硬貨のため、世界中で人気があり価値の高い硬貨です。

そんな、歴史的価値のあるエリザベス硬貨ですが、「一言にエリザベス硬貨といってもどんな種類があるのか」「価値のある硬貨とはどんな種類なのか」分からない方も多いと思います。

本記事では、エリザベス硬貨の概要をはじめ、代表的なエリザベス硬貨の種類や価値、人気の理由や価値の高い種類の特徴などを解説します。

「エリザベス硬貨の名前は良く聞くけれど、価値があるものなのかどうかわからない」といった方はぜひ参考にしてみてください。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

エリザベス硬貨の概要

エリザベス硬貨とは、数多くの功績を残したエリザベス2世を称え発行された歴史的価値のある硬貨です。

エリザベス2世は1952年から亡くなる2022年まで史上最長の70年7か月、英国君主を務め上げました。

国民との約束である「英国と英連邦のために心を尽くし、献身を誓う」を生涯守り続けたのです。

そんなイギリスを象徴する女王、エリザベス2世への深い敬意を表す硬貨がエリザベス硬貨なのです。

エリザベス硬貨の種類と価値

エリザベス2世が英国君主在位中に発行されたエリザベス硬貨。

史上最長の在位期間である70年の間に、数多くの種類が発行されています。

特に、2008年に発行された「エリザベス2世 1000ポンド金貨 」は発行枚数が34枚と非常に少なく流通量も少ないため、最も希少性の高い硬貨といえます。

今回は、代表的な金貨、銀貨の種類や価値を発行年ごとにご紹介します。

エリザベス金貨の種類と価値

エリザベス2世 即位70周年記念プラチナジュビリー 5ポンドプルーフ金貨 2022年

「エリザベス2世 即位70周年記念プラチナジュビリー 5ポンドプルーフ金貨 2022年」は、

エリザベス2世がプラチナジュビリー(在位70周年)を迎えた記念で製造されたものです。

デザインにはエリザベス2世の乗馬姿が描かれており、完成度の高いデザインに仕上がっています。

発行枚数が400枚と少ないため、希少価値は高いです。

エリザベス2世 25ポンド金貨 ピーターラビット 2016年

「エリザベス2世 25ポンド金貨 ピーターラビット 2016年」はピーターラビットの生みの親であるビアトリクス・ポター氏の生誕150周年記念金貨です。

ピーターラビットは非常に有名な絵本のため、そのピーターラビットが描かれている金貨も非常に人気が高くなっています。

また、発行枚数は500枚と少なく既に完売しているため希少性が高い金貨です。

エリザベス2世 1000ポンド金貨 2008年

「エリザベス2世 1000ポンド金貨 2008年」はコンコルド(超音速旅客機)誕生40周年を記念し製造された金貨です。

重さは1,091グラムあり、直径も100ミリと大型の金貨になります。

エリザベス2世 5ポンド金貨 ダイアナ妃追悼記念 1999年

「エリザベス2世 5ポンド金貨 ダイアナ妃追悼記念 1999年」は、表に事故で亡くなったダイアナ妃が描かれています。

発行枚数は7,500枚と比較的多いのですが、ダイアナ妃が描かれている硬貨の種類自体が少ないため、コレクターの需要が高い硬貨です。

エリザベス2世 マン島キャット金貨 1989年

「エリザベス2世 マン島キャット金貨 1989年」は、イギリス君主が保有するマン島で投資用に発行された金貨です。

デザインされている猫はマンクスキャットと呼ばれる品種で、毎年違う品種にデザインが変更されるのが特徴です。

猫が描かれている見た目の可愛らしさからペンダントトップに加工されることも多い種類の一つです。

また、発行枚数は年代ごとで異なります。

2012年発行終了後、加工されていないマン島キャットが少なくなったこともあり無加工の金貨はさらに希少性が高まってきています。

エリザベス2世 カンガルー金貨 1986年

カンガルー金貨は、1986年から投資用に発行されている金貨です。

西オーストラリア州政府公営のパース造幣局が発行しており、表にカンガルーのデザインが描かれているのが特徴です。

発行枚数は年代ごとに異なるため、発行枚数が少ない年の金貨はプレミア価格がつくものもあります。

毎年カンガルーのデザインは変わるため、コレクター需要も非常に高い金貨です。

エリザベス2世 5ポンド金貨 1980年

「エリザベス2世 5ポンド金貨 1980年」は、数多くあるエリザベス硬貨の中で最も知名度が高い金貨です。

1980年に発行され、表には若き日のエリザベス2世、裏には聖ジョージの竜退治のデザインが描かれています。

発行枚数は10,000枚と多いですが、コレクター人気も高く状態の良いものに関しては高い価値が見込めるでしょう。

エリザベス2世 メイプルリーフ金貨 1979年

メイプルリーフ金貨は1979年に初めて製造され、投資用金貨として人気が高い金貨です。

金の純度が99.99%以上ある純金製で、発行元であるカナダ政府が価値を保証していることもあり、高い信頼がおかれている金貨です。

表にはサトウカエデの葉、裏にはエリザベス2世のデザインが描かれています。

また、現在はエリザベス2世が裏面に描かれていますが、今後は新たなイギリス君主であるチャールズ3世にデザインが変更されることも予想されるためさらに注目が集まることが予想されます。

世界一流通量の多い金貨で知られており、人気の高い金貨です。

エリザベス銀貨の種類と価値

エリザベス2世 ブリタニア銀貨 1997年

「エリザベス2世 ブリタニア銀貨 1997年」はイギリスの投資用銀貨です。

ブリタニアと呼ばれるイギリスを擬人化した女神が描かれており、年代によってブリタニアのデザインも変化してきました。

ブリタニア銀貨は投資用の銀貨ではあるものの、デザインが変化するためコレクターにも人気があります。

エリザベス2世 1ドル銀貨 1966年

「エリザベス2世 1ドル銀貨 1966年」はカナダで発行された銀貨です。

裏に描かれているデザインは、冒険航海者シリーズとも呼ばれ国民から親しまれてきました。

発行枚数は9,912,178枚と非常に多いのですが、その中でもふちを囲むビーズの大きさが小さいタイプの銀貨は485枚しか発行されていないため、高い価値が見込めます。

エリザベス硬貨が人気の理由

世界に溢れる様々な硬貨の中でも、エリザベス硬貨は特に高い人気を誇っています。

人気の理由は様々ありますが、代表的な理由を3選ご紹介します。

  1. デザイン性が高くコレクターが多い
  2. ペンダントトップに利用できる
  3. 投資目的で購入できる

デザイン性が高くコレクターが多い

エリザベス硬貨は種類が豊富なのはもちろん、同じ種類の金貨でも年代によってデザインが変わります。

また、エリザベス硬貨には歴史的な出来事が硬貨の細部にわたって繊細にデザインされています。

硬貨自体がアート作品のように美しいため、収集目的のコレクターも多く人気が高いのです。

ペンダントトップに利用できる

デザインが豊富なエリザベス硬貨はペンダントトップに利用されることも多い金貨です。

キャット金貨やピーターラビット金貨など可愛らしいデザインのものも多く、また新しいデザインの硬貨も毎年出てきます。

そのため、飽きずにペンダントを使用し続けることができるため人気があります。

投資目的で購入できる

カンガルー金貨やメイプルリーフ金貨は投資用金貨で有名です。

これらは、純度や重量が政府から保証されていることもあり非常に高い信頼がおかれています。

そのため、資産保全や投資を目的として金貨を購入したい方にもエリザベス硬貨は人気が高いのです。

価値の高いエリザベス硬貨の特徴

エリザベス硬貨には様々な種類があります。

発行年代などによっては特に高い価値がつくものもあります。

では、高い価値がつく硬貨にはどんな特徴があるのか以下で紹介します。

歴史的なイベントの際に発行されたもの

歴史的なイベントなど大きな出来事があった年代の硬貨は価値が高くつく傾向にあります。

特に、1953年の戴冠式や、2022年に発行された在位70周年を祝うプラチナジュビリーなどは歴史的にも大きなイベントのため注目が集まり価値が高くなります。

状態の良いものや未使用のもの

購入したまま未開封のものや、汚れがついていない綺麗な状態のものは価値が高い傾向があります。

現在では、ペンダントトップ用に硬貨を加工する人も増えているため、無加工で綺麗な状態のものは重宝されるでしょう。

発行枚数が限られているもの

エリザベス硬貨は年代によって発行枚数が大きく異なります。

発行枚数は少なければ少ないほど、手に入れるのが難しくなるため価値は上がります。

特に「エリザベス2世 1000ポンド金貨 2008年」は、発行枚数34枚と非常に少ないため希少性が高く、価値のある硬貨といえます。

証明書や認定書があるもの

Royal Mint(英国王立造幣局)の証明書や認定書が付いているものに関しては、その品物の価値がしっかり証明できるため、付いていないものよりも価値が高くなる傾向にあります。

エリザベス硬貨の買取なら全国で買取実績豊富なバイセルへ!

エリザベス硬貨の買取をお考えの場合は、硬貨の買取実績が豊富なバイセルに査定を依頼するのがおすすめです。

エリザベス硬貨は非常に種類が多く、それぞれ発行年代や発行枚数、現在の流通量などによっても価格が変わってきます。

硬貨に詳しくない買取店で査定に出した場合、価値を判断できず本来の買取額より損をしてしまう可能性もあります。

バイセルであればエリザベス硬貨をはじめ、記念金貨や古銭の専門知識を持った査定士が常に在中しております。

出張査定をはじめ、宅配や店舗での査定も行っているのでぜひ一度お気軽にお問合せ下さい!