ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

有田焼は高く売れる?有名な作家や高価買取してもらうコツをご紹介!

有田焼は高く売れる?有名な作家や高価買取してもらうコツをご紹介!

日本には各地に有名なご当地焼き物がありますが、その中でも最も有名なものの1つが有田焼(伊万里焼)ではないでしょうか。

白磁に鮮やかな絵付けをされた有田焼は世界的にも人気が高く、骨董品買取市場においても高い価格で取引されるケースは多いです。

有田焼の概要や有名作家に加えて、買取相場、高く売れやすい有田焼の特徴、少しでも高く売るためのポイントなどをご紹介します。

有田焼(伊万里焼)とは?

有田焼(伊万里焼)とは?

有田焼とは、佐賀県の有田町を中心に作られている焼き物のことです。

1977年に経済産業大臣指定の伝統工芸品に認定されています。

白磁に藍色を中心とした多彩な彩色で染付を施されているのが特徴です。

有田町ではおよそ400年前から磁器が焼かれており、日本で初めて磁器が焼かれた町としても有名です。

17世紀後半に有田焼を海外に輸出する際、伊万里の港(現在の佐賀県伊万里市)から出していたことから、伊万里焼とも呼ばれるようになりました。

有田焼は、数十人の伝統工芸士によって分業制で制作されます。

各分野のプロがそれぞれ作業を行うため、高い芸術性を誇る焼き物が出来上がります。

有田焼の中でも特に価値が高いとされているのは、「古伊万里」と呼ばれる江戸時代に作られた作品群です。

美術的価値と歴史的価値の両方が見込まれるため、買取市場でも高く評価されています。

古伊万里は、日本だけでなく海外からも「オールドイマリ」として注目されており、世界的に評価が高い焼き物です。

有田焼の技法の種類

400年という歴史の中で、伊万里焼は様々な技法が生み出されました。

主な表現方法とその特徴、また、磁器の種類をご紹介します。

表現方法特徴
白磁透明の釉薬(ゆうやく・磁器の表面を覆うガラス質膜)をかけて焼いた白い磁器
陽刻表面の凹凸で模様を浮かび上がらせる技法
呉須(ごす)の染付釉薬の下に絵付けをして焼くと藍色になる染付
色絵焼いた後に釉薬の上に赤・黄・緑・紫・金・銀などの絵の具で色彩豊かな絵付けをする技法
青磁僅かな鉄分を含む釉薬をかけて焼いた青緑色の磁器
瑠璃釉(るりゆう)透明の釉薬と呉須を混ぜたものをかけて焼いた瑠璃色の磁器
銹釉(さびゆう)鉄分を含む釉薬をかけて焼いた茶色の磁器
辰砂(しんしゃ)酸化銅を含む釉薬をかけて還元焼成(酸素が足りない状態で焼くこと)をし、赤色に発色させた磁器

多彩な技術による様々な色・デザイン・表現方法を楽しめるという点でも、有田焼は多くの人から人気があります。

また、これらの技法は窯元によっても異なり、窯元特有の代々受け継がれている技法などもありという点も、有田焼の面白さであると言えるでしょう。

お持ちの有田焼にどの技法が使われているかは、ご自身で見ても判別は難しい場合があります。

詳しく知りたい場合には、骨董品専門の買取業者の無料査定を利用し、査定スタッフに聞いてみても良いかもしれません。

骨董品バナー
骨董品バナー

有田焼の有名作家

有田焼の有名作家

価値の高いものが多い有田焼の中でも特に高い価格で買取されやすい傾向にあるのが、有名作家が手掛けた作品です。

ここでは、買取市場でも特に人気の高い有田焼の代表的な作家をご紹介します。

酒井田柿右衛門

酒井田柿右衛門は、有田焼を語るうえでは欠かすことのできない作家です。

酒井田柿右衛門は有田町の窯元において、江戸時代初期から15代に渡って受け継がれている名跡です。

酒井田柿右衛門の作品は、濁手(にごしで)と呼ばれる独特の乳白色の素地に赤・緑・黄・青などの色彩で鮮やかに花鳥図を描く「柿右衛門様式」が特徴です。

中でも人気が高いのが13代酒井田柿右衛門が手掛けた作品で、「濁手柘榴牡丹文(ざくろぼたんもん)馬上盃(ばじょうはい)」「濁手牡丹文ぐい呑」「濁手松竹梅鳥文額皿」「濁手数珠玉文(じゅずだまもん)花瓶」などの人気作品であれば、状態によって高額買取も期待できるでしょう。

井上萬二

人間国宝で紫綬褒章受章者の井上萬二(いのうえまんじ 1929-)は、有田焼を代表する作家の1人です。

井上萬二作品の卓越した点は、ろくろによる白磁の造形でしょう。

井上萬二の作品は加飾に頼らず、やわらかで滑らかな造形だけで端正さや温かさ、凛とした風格などを表現します。

世界的な評価も高い井上萬二作品は、買取市場においても高い人気を誇ります。

徳島県の鳴門(なると)の渦潮から着想を得て作られた「白磁渦文花瓶」や、白磁の下半分に黄緑色で扇のような彫りが施された「白磁黄緑釉公孫樹(いちょう)文耳付花瓶」などの有名作品には、高い価値がつくでしょう。

今泉今右衛門

今泉今右衛門

今泉今右衛門は有田焼の中でも、江戸時代の将軍家や諸大名に向けた献上品・贈答品として製造が始まった「鍋島焼」の大名跡です。

白磁に赤・黄・緑の3色で上絵をつけた「色鍋島」と呼ばれる作品群が特徴です。

この今泉今右衛門の「色鍋島」は1971年、国の重要無形文化財の指定を受けました。

また、墨で抜き文様を施す「墨はじき」や、呉須を噴霧状に吹き付ける「吹墨」も今右衛門の技法の特徴です。

今泉今右衛門作品は買取市場における需要も非常に高くなっています。

「色絵薄墨墨はじき時計草文鉢」や「吹墨菊芒文額皿」などをはじめとした有名作品であれば、高い価格で買取されるケースは多いでしょう。

奥川忠右衛門

初代奥川忠右衛門(おくがわちゅうえもん 1901-1975)は、大正・昭和に活躍した有田焼作家です。

現在は息子が後を継ぎ、2代目奥川忠右衛門として活躍しています。

奥川忠右衛門は「有田白磁の大物ろくろ造りの至宝」とも言われ、蹴ろくろを使って造形する大型の白磁作品が特徴です。

その高い技術に対する評価は高く、国の選択無形文化財にも指定されています。

奥川忠右衛門によるシンプルなデザインの白磁は、買取市場でも高い人気があります。

「白磁徳利」「白磁あざみ彫花器」「白磁牡丹唐草文彫鉢」「白磁輪花鉢」などの有名作品なら、高く買取される可能性は十分あります。

サントリーボトルコレクションも買取市場で人気のアイテム

有名作家ものとは少し異なりますが、サントリーではウィスキーを有田焼の磁器ボトルに入れたスペシャルボトルコレクションを展開しています。

スペシャルボトルは数量限定で発売され、ウイスキーの品質・味・香りを保つために作られた、見た目も技術も優れている焼き物です。

中でも、響35年のウィスキーを封じた、十三代今右衛門が手掛けた「色絵薄墨草花文洋酒瓶」は価値が高いものとされています。

このボトルには、薄墨色の吹付けや色絵など、今右衛門特有の技法が用いられています。

さらに、十三代今右衛門自体がウィスキーの発売年の1年前に亡くなったということもあり、より稀少性の高いスペシャルボトルになりました。

響35年ものに限らず、未開栓のサントリースペシャルボトルは骨董ファンのみならず、お酒のコレクターからも人気の高い品物です。

買取市場でも需要が高く、買取価格も高くなりやすいでしょう。

なお、サントリースペシャルボトルを売る際には骨董品に加えてお酒の専門知識も持った買取業者に依頼するのがおすすめです。

有田焼の価値とウィスキーの価値を、それぞれを正しく見極めてくれるでしょう。

有田焼の買取相場はどれくらい?

有田焼の買取相場はどれくらい?

骨董品買取市場における有田焼の買取相場はどれくらいになるでしょうか。

有田焼に限らず焼き物全般に言えることですが、それぞれが一点物である陶芸作品の買取において「買取相場はこれくらい」と一概に言うのは難しいものがあります。

実際の買取市場での取引でも買取金額の幅は非常に広くなっており、お持ちの有田焼の価値を正確に知りたければ、骨董品専門の買取業者に見てもらうほかはないでしょう。

しかしながら、「有名作家の作品で、保存状態が良ければ高く買取されやすい」といった、ある程度の傾向があります。

例えば、有田焼の代表的作家である酒井田柿右衛門大型の作品で、特に高いものであれば100万円前後の買取相場になるでしょう。

ただし、作品の保存状態などによっても買取価格は大きく変動しますので、あくまで参考程度ととらえてください。

高価買取されやすい有田焼の特徴とは?

高価買取されやすい有田焼の特徴とは?

価値の高いものが多い有田焼の中でも、高価買取される可能性が高くなるのはどのような特徴のものでしょうか。

有田焼を含む焼き物の買取において必ずチェックされる3つの査定ポイントから、高価買取されやすい有田焼の特徴を考えていきましょう。

・有名作家ものの有田焼
・共箱に入っている有田焼
・保存状態の良い有田焼

]

有名作家ものの有田焼

いくつかある有田焼の査定ポイントの中でも、価値を大きく左右するのは作者です。

特にドイツの名窯「マイセン」が影響されたという世界的にも有名な酒井田柿右衛門や、人間国宝に認定された井上萬二・今泉今右衛門らが手掛けた作品は価値が高いとされる傾向にあります。

作家物かどうかは、焼き物の裏面に見られることの多い、陶印(裏印)で分かることがあります。

陶印とは、焼き上げる前に作品本体に押される作者の印のようなものです。

陶印は、同じ窯元でも何代目かによって異なることもあるので、プロの査定員に判別してもらうのがおすすめです。

また、陶印が見当たらない場合でも、プロの目で見極めると作家が判明することもあります。

いずれにせよ、まずは骨董品専門の買取業者に相談すると良いでしょう。

共箱に入っている有田焼

有田焼を含むご当地焼き物の買取において、必ず有無をチェックされる付属品が共箱です。

共箱とは作品を入れるための木箱のことで、作家自身の箱書き(署名)があることが多いです。

共箱があれば作家本人の作品である証拠にもなるため、買取市場では共箱の有無が買取額に影響します。

また、有田焼の付属品としては共箱のほかに、高台・包み布・リーフレットなどが考えられます。

あるべき付属品が全て揃った状態であれば再販時の需要が高まるため、買取時の査定額も高くなりやすいです。

共箱以外にも付属品がある場合には大切に保管しておき、全て揃えて査定に出すことをおすすめします。

保存状態の良い有田焼

有田焼をはじめとする焼き物の買取において、もう1つの重要な査定ポイントが保存状態です。

いくら価値の高い有田焼であっても、ヒビ・キズ・デザインの欠け・割れがあるなど、保存状態が悪ければ買取価格は下がってしまう可能性が高いです。

反対に、保存状態の良い有田焼であれば、高価買取される可能性も高くなるでしょう。

ヒビや割れの原因となるような大きな衝撃を与えないように、有田焼をはじめとした陶芸作品は必ず箱に入れて保管するなど、普段から丁寧に扱うようにしましょう。

有田焼を売るなら骨董品専門の買取業者を利用しよう

有田焼を売るなら骨董品専門の買取業者を利用しよう

前述したように有田焼などの焼き物にははっきりと決まった買取相場はなく、作家物かどうか、付属品は付いているかどうか、さらに本体の状態や稀少性などの要素を総合的に判断して買取額を算出します。

そのため正しい買取額を付けるのは、有田焼など焼き物に精通した鑑定士でないと難しいでしょう。

そのため有田焼の買取では、骨董品を専門とする買取業者に査定を依頼するのがおすすめです。

骨董品専門の買取業者であれば、有田焼の専門知識や査定技術、買取経験を持った査定スタッフが在籍しているはずです。

お持ちの有田焼きを、適正な価格で買い取ってくれるでしょう。

反対に、総合リサイクルショップなどの骨董品専門でない業者では、有田焼に精通した査定員が店舗に常駐している可能性が低く、価値を見誤られて低く買いたたかれてしまう恐れがあります。

お持ちの有田焼の価値をしっかりと見てほしいなら、骨董品専門の買取業者を利用しましょう。

骨董品バナー
骨董品バナー
お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

24時間・土日祝日も無料受付中!

通話料無料
0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    Web問合せ メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャット相談 チャットを開始する

このページはバイセル買取の公式ページです。バイセルはお客様のお宅までお伺いして査定・買取・お支払いをする『出張買取』でNO.1の評価を頂いております。

また、バイセルでは、買取事業だけなく、ECサイトでの着物販売やブランド品の販売を行っております。

有田焼を高価買取してもらうコツ

有田焼を高価買取してもらうコツ

元々価値のあるものが多い有田焼ですが、買取の際にいくつかのコツを押さえておくことで、より高く買取してもらえる可能性があります。

有田焼を少しでも高く売るために知っておきたい3つのポイントをご紹介します。

・できるだけ早く買取に出す
・出張買取サービスを利用する
・複数の買取業者で査定を比較する

できるだけ早く買取に出す

有田焼の買取価格を左右する、重要な査定ポイントの1つが保存状態でした。

良いで買取に出すことで、買取価格はより高くなりやすいでしょう。

とはいえ、400年もの歴史を持つ有田焼ですから、古い作品も多いです。

特に古い作品の場合には、どんなに気を付けて保管していても経年劣化を完全に避けるのは難しいものがあるでしょう。

そこで、売ると決めたなら、経年劣化する前にできるだけ早く買取に出すというのは、高く売るための1つの考え方です。

出張買取サービスを利用する

有田焼などの焼き物を買取に出すとき、買取店の店頭まで品物を運ぶのは手間がかかりますよね。

また、運ぶ途中のトラブルで傷やヒビが入ってしまうと、買取価格が下がってしまうこともあります そこで、有田焼などの焼き物の買取でおすすめなのが、出張買取サービスです。

出張買取とは、買取業者の査定スタッフが利用者の自宅等まで来て査定・買取してくれるサービスのことです。

査定額に納得できればその場で現金化してもらえることが多いため、家から1歩も出ずに査定・買取・現金化まで全てを済ませることができます。

お持ちの有田焼の状態を損なうというリスクを避け、安心して査定を受けたいという人には、出張買取サービスがおすすめです。

複数の買取業者で査定を比較する

実際に買取を依頼する業者を1箇所に絞る際には、相見積もりを取ってから決めるのが得策です。

骨董品専門の買取業者同士であっても、その時々の買取価格には多少の差が出ることがあります。

そのため1社だけの査定で決めてしまうと、もっと高く買取してもらえる可能性を見逃してしまうおそれがあるのです。

そこで、複数の買取業者の査定を見比べて、最も高い査定額を提示してくれたところに買取を依頼すると良いでしょう。

その際、査定料やキャンセル料などの各種手数料を無料にしている買取業者を選べば、無駄な費用をかけることなく相見積もりを取ることができます。

有田焼の買取でよくある質問まとめ:Q&A

有田焼の買取でよくある質問まとめ:Q&A

有田焼を含む焼き物の買取には分かりにくい部分も多く、特に初めて利用する人にとっては疑問はつきものでしょう。

そこでここでは、有田焼の買取でよくある質問をまとめ、それぞれ解説していきます。

伊万里焼か古伊万里焼か区別がつかないのですが査定してもらえますか?

有田焼(伊万里焼)の中には、より制作年代の古い「古伊万里」と呼ばれる作品もありますが、素人目には区別をつけるのは難しいでしょう。

しかし、古伊万里かどうか分からない場合でも、気軽に査定に出してみて問題ありません。

骨董品専門の買取業者であれば、焼き物に精通した査定員が伊万里焼なのか古伊万里焼なのかの判別をつけてくれるでしょう。

このとき、共箱などの付属品があれば査定の手助けになりますので、一緒に査定に出すのがおすすめです。

有田焼以外の焼き物も一緒に査定に出して良いですか?

骨董品専門の買取業者であれば、有田焼以外の焼き物にも精通した査定員が在籍しているはずです。

有田焼の買取に併せて、ほかの骨董品も一緒に査定に出すことは何ら問題ないでしょう。

むしろ、まとめて同時に査定に出した方が業者側の手間が減るため、買取額をいくらかアップしてくれるようなケースさえあります。

念のため査定の申し込み時に、有田焼以外の焼き物も一緒に見てもらいたい旨を伝えると査定がスムーズでしょう。

共箱がないのですが有田焼本体だけでも買取してもらえますか?

共箱は作品の一部とも言われることがあるので、共箱がないと買取額が低くなってしまう可能性はあります。

しかし、共箱が無いからといって買取不可になるわけではありません。

作品自体に価値があるものであれば、共箱がなくても買取してもらえるでしょう。

ただし、共箱が無い場合には査定のための情報が減ってしまうことになります。

価値を正しく見てもらうためには、骨董品専門の買取業者に査定を依頼するようにしましょう。

作家ものかどうか不明なのですが査定してもらえますか?

作者は誰なのか、制作年代はいつなのかなどの詳細が不明な焼き物であっても、骨董品専門の買取業者であればしっかりと価値を見極めてくれるでしょう。

むしろ、詳細の分からなかった作品の情報が、専門業者の査定によって明らかになる場合もあります。

遠慮することなく査定に出して問題ありません。

その際、「いつどこで入手したものか」などの情報が分かれば査定の役に立つ事があります。

より正確な査定のためにも、分かる限りの情報は提供してあげましょう。

バイセルで買取対象となる
骨董品の種類

バイセルでは、象牙・剥製を除く以下の骨董品を買取・査定対象としています。

骨董品の買取や処分でお困りでしたら、バイセルまでお気軽に査定をご依頼ください。

「骨董品の価値が判断できない」「買い取ってもらえるか分からない」とお悩みの場合は、査定だけでも承ります。

バイセルでは以下の骨董品を買取対象としておりますので、当てはまるものをお持ちでしたら是非ともご連絡ください!

もちろん、こちらに掲載していない骨董品でも査定させていただきます。親切・丁寧に回答いたしますので、安心してご相談ください。

※上記はあくまでも一例となります。リストに記載のない骨董品もお買取させていただける場合がございますので、詳細はお問い合わせください。

骨董品買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。


お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目

骨董品買取エリア