ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

【結城紬買取】結城紬は高く売れる?買取相場や高額買取のコツ

【結城紬買取】結城紬は高く売れる?買取相場や高額買取のコツ
本場結城紬の反物

茨城県を発祥とする絹織物で国の重要無形文化財にも指定されている結城紬。本場の結城紬は着物買取においてお非常に人気のある着物です。

今回は結城紬という着物について買取相場や高く売れる結城紬の特徴、高額で買い取ってもらうコツをご紹介します。

重要無形文化財、結城紬ってどんな着物?

本場結城紬

結城紬は、日本最古の歴史を有する高級絹織物です。

発祥は奈良時代、常陸国の特産物であった布(あしぎぬ)が原型とされ、奈良・正倉院にも保管されています。やがて「常陸紬」と呼ばれ、室町時代には「結城紬」と名を変えました。

その後、江戸初期になると、十八代秀康の転封の後、伊奈備前守忠次が改良を加え、「結城縞紬」として全国的な普及を見せました。昭和31年には、国の「重要無形文化財」に、昭和52年には「伝統工芸品」に指定されています。

結城紬の製造工程

結城紬の基本的な製造工程は、「糸つむぎ」⇒「絣くくり」⇒「はた織り」で、ほとんどが手作業でおこなわれています。ちなみに「重要無形文化財結城紬」は、この3工程を踏んだもの、そして幅・長さ・打ち込み数など厳しい検査をクリアしなければ商標を取得することができません。

結城紬は着物買取で需要大!

日本の織物、着物に注目が集まっている近年、この精緻な伝統技術が詰まった結城紬も価値が高まっています。本場結城紬であれば、高額買取にも期待できます。

不要な結城紬をお持ちであれば、まずは一度買取査定に出してみてもいいのではないでしょうか?

結城紬の買取相場価格

本場結城紬

重要無形文化財に指定される本場結城紬は、8万~10万円ほどの買取価格となることもあり、結城紬の買取相場は、本場でない結城紬も合わせれば数千円~10万円と思っても良いでしょう。

紬の中でも最高級品とされ、その品質も魅力となっている結城紬は、中古であっても需要が大きく買取業者も積極的に買取を行っています。

全国的な知名度も高く、着物ファンにとっては「一度は着てみたい!」と思うブランド力も中古での需要の要因となっています。

高く売れる結城紬の特徴は?

最高級絹織物と称される結城紬でも、すべての結城紬が高額買取される訳ではありません。以下で高額買取の可能性が高い結城紬の特徴を見ていきましょう。

本場結城紬

前項でも触れましたが、重要無形文化財に指定されている「本場結城紬」は、結城紬の中でも高額で買取が行われています。

本場結城紬の証紙「結マーク」
本場結城紬の証紙「結マーク」

本場の結城紬の見分け方ですが、基本的には証紙で判別が可能です。上の画像をご覧いただくと、証紙に「結」のマークがあるのが分かります。本場でないものは、デザインは似ていますがこのマークが「紬」になっていたりします。また、「糸を紡ぐ婦人」と呼ばれる証紙が貼られていることもあり、これも本場結城紬のみに見られる特徴です。

本場結城紬の証紙「糸をつむぐ婦人」
本場結城紬の証紙「糸をつむぐ婦人」

亀甲(きっこう)が細かい結城紬

結城紬の価値を考えた時、”亀甲”という言葉をよく耳にします。亀甲とは、結城紬の織柄として代表的な文様のことで、80、100、160のように亀甲の細かさが表現されます。数字が大きくなるほど細かくなり、価値が上がるといってもいいでしょう。200以上の結城紬は、希少価値が高く、産地でもなかなかお目にかかることのできません。

結城紬の高額買取のコツ

結城紬の高額買取のコツ

高価買取にも期待できる結城紬ですので、一円でも高く売りたいですよね。そこで次に実際に結城紬を買取に出すときに知っておきたい高額買取のコツをご紹介します。

状態に気を付ける

結城紬の「状態」の良さは、買取金額に大きく影響します。汚れ、シミ、破れなどが査定時のチェックポイントになりますので、日ごろから保管方法などには気を配っておくと良いでしょう。また査定前には、小さなホコリや軽い汚れを取り除いて綺麗にしておくと査定額アップに繋がるかもしれません。

証紙などの付属品も見せる

上述の通り、”本場結城紬”と”そうでない結城紬”は、証紙によって見分けることができます。着物専門の買取業者であれば、証紙がなくても判別は可能なのですが、証紙がないと再販価値が下がってしまうため、買取価格も低くなってしまうのです。

証紙ありと証紙なしで、数万円の差が出てしまうこともありますので、証紙があれば必ず一緒に査定してもらうようにしましょう。

まとめ

紬の中でも最高品質と名高い結城紬は、買取でも高額買取となることは珍しくありません。

不要な結城紬をお持ちで買取を検討中の方は、ぜひ本記事を参考に一円でも高く売れるようにしましょう。


着物バナー
着物バナー
お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する