ロレックスのベゼルは風防を守るだけじゃない!機能とデザインにこだわったベゼルをご紹介

2024.01.26

時計買取 コラム
ロレックスのベゼルは風防を守るだけじゃない!機能とデザインにこだわったベゼルをご紹介

ロレックスを購入すると付いてくる箱は、年代ごとにデザインが異なります。

現在は鮮やかなグリーンの箱ですが、過去にはタツノオトシゴ柄や花柄刺繍などの珍しいデザインの箱がありました。

過去に提供されていた箱は現在では入手が難しく、購入当時のまま保管している人はいるのではないでしょうか。

本記事ではロレックスの年代ごとの箱の種類と、箱のみでの査定はできるのかをご紹介します。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

ベゼルとは何か?ロレックスのベゼルの種類とは

ベゼルとは、時計の風防(ガラス)の周りに固定されたリング状の部品です。

風防に水が入らないように、ガラスにねじ込んで押さえ込まれています。

また、ベゼルは風防を固定するという役割以外にデザインのアクセントにも用いられます。

ブレスレットとは異なる色をつける、ベゼルのみ色をつける、目盛りを入れる、ダイヤモンドやカラージュエリーを飾るなどしてモデル独自のデザインを作っています。

ロレックスのベゼルの種類は、基本形の「スムースベゼル」、「フルーテッドベゼル」、「エンジンターンドベゼル」、「ファインリーエンジンターンドベゼル」、「ベイクライトベゼル」、「タキメーターベゼル」、回転機能を加えた「回転ベゼル」など様々です。

モデルによってベゼルの種類が異なります。ここではベゼルの種類を簡単にご紹介します。

スムースベゼル

スムースベゼルは、ロレックスのべセルの基本形です。

ベゼルの色が本体と同じで、装飾がないシンプルなデザインです。

ステンレス素材の「オイスターパーペチュアル」、プラチナ素材の「デイデイト」、「エクスプローラーⅠ」、「ミルガウス」などに採用されます。

ロレックスで最も多くのモデルに採用されている定番モデルです。

フルーテッドベゼル

フルーテッドベゼルは等間隔で山型のカットが施されており、発売年代や時計のモデルによって山型のカットの幅が異なります。

フルーテッドベゼルは「デイデイト」「デイトジャスト」「スカイドゥエラー」などに採用されているメジャーなデザインです。

エンジンターンドベゼル

エンジンターンドベゼルはフルーテッドベゼルと似ているものの、山型ではなくジェットエンジンが回転している様子から取ったデザインとされています。

ベゼルは5分刻みに鏡面加工が施されて、その間に細かい縦線が刻まれています。

エンジンターンドベゼルはフルーテッドベゼルの前身にあたり、旧型のモデルでしか見ることができないベゼルです。

ファインリーエンジンターンドベゼル

ファインリーエンジンターンドベゼルは、エンジンターンドベゼルの鏡面加工された部分を若干広くしています。

旧型の「オイスターパーペチュアル」や「エアキング」で採用されていましたが、現行モデルにはありません。

ベイクライトベゼル

ベイクライトベゼルは、ロレックスの初代GMTマスターに採用されていたベゼルです。

ベイクライトとは人工合成のプラスチック樹脂です。

プラスチック樹脂は傷や紫外線への耐久性が低く、初代GMTマスターについていましたが数年でアルミ製のインサートに変更されました。

初代GMTマスターは4年しか製造されていないため流通量が非常に少なく、状態の良いまま残っていたら中古市場で需要が見込まれるでしょう。

タキメーターベゼル

タキメーターベゼルは、ロレックスのデイトナだけに用いられるクロノグラフ専用のべゼルです。

「コスモグラフ・デイトナ」だけにタキメーターベゼルが採用されています。

タキメーターベゼルの素材は、ステンレス、イエローゴールド、セラミックなどがあり、時計のモデルによって異なります。

また、タキメーターはクロノグラフというストップウォッチが搭載された時計についている機能の一つで、1km移動時の平均時速を出すことができます。

ベゼルには時速が刻まれています。

回転式ベゼルの種類

ロレックスのベゼルは、自分で動かせる「回転ベゼル」と、動かせられない「固定式ベゼル」に分けられます。

さらに回転ベゼルは「逆回転防止ベゼル」と「両方向回転ベゼル」に分けられます。

ここではそれぞれのベゼルの特徴をご紹介します。

逆回転防止ベゼル

逆回転防止ベゼルは、ダイバーズモデルの基本装備です。

ベゼルは左のみに回転し、水中で逆方向に回転しないように設計されています。

逆回転防止ベゼルは水中でボンベの持続時間を計れるように目盛りが付いており、潜水前にベゼルのゼロ位置を分針に合わせると潜水時間と酸素残量を知ることができます。

潜水中に間違えてベゼルを操作するとボンベの持続時間が狂ってしまうため、逆回転防止ベゼルは一方向にしか動かないようになっています。

逆回転防止ベゼルが付いているモデルは「サブマリーナ」と「シードゥエラー」などです。

両方向回転ベゼル

両回転ベゼルは左右どちらにも回転します。

逆回転ベゼルと同じく時間を計るためについており、使い方はほぼ同じです。

両回転ベゼルは、「ターノグラフ」「サンダーバード」「ヨットマスター」「GMTマスター2」に付けられています。

ダイバーが使う逆回転ベゼルとは違い、両方向回転ベゼルは複数の使い道があります。

「ヨットマスター」と「ターノグラフ」は時間計測が主な使い道です。

回転ベゼルは現在までに、時計のインデックスの付け方を変更、耐久性を高めるためにセラミックに変更するなどの微調整を繰り返してきました。