いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

正しいレコードのクリーニング方法!メンテナンス時の注意点も解説!

正しいレコードのクリーニング方法!メンテナンス時の注意点も解説!

昔買ったレコードを聴こうとしたら、カビが生えていた、音が悪くなっていてビックリした、という人も多いのではないでしょうか。

アナログレコードは繊細なメディアなので、定期的にクリーニングを行なう必要があります。

また、レコードはビニール製 で傷がつきやすいため、正しい方法でクリーニングを行なうことが大切です。

この記事では、レコードの正しいクリーニング方法や注意点をまとめています。

不要になったレコードの買取サービスについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

レコードをクリーニングしないとどうなるのか?

 レコードをクリーニングしないとどうなるのか?

レコードをクリーニングしないと、レコードをかけた際にノイズが入ったり、音飛びしたりして、音が悪くなります。

レコードは表面や溝に埃が溜まりやすく、そのまま再生するとパチパチというノイズが発生します。

また、レコードについた指紋を放置すればカビや汚れが発生し、ノイズだけでなく音自体も劣化してしまうのです。

こうなってしまうと、どんなに良いターンテーブルを使用してもきれいな音で聴くことはできません。

そのため、定期的にクリーニング(メンテナンス)をすることが大切です。

自宅でレコードをクリーニングするために必要なもの

レコードのクリーニングに必要なものは以下のとおりです。

・レコードクリーナー

レコードクリーナーには、大きく分けて、乾式クリーナーと湿式クリーナーがあります。

乾式クリーナーでも良いですが、レコードの表面に埃が残りやすいので、できれば湿式クリーナーとセットで用意するのがおすすめです。

・繊維の細かい布

レコード盤の溝に入り込むくらいの、繊維の細かいマイクロファイバーを使用するのがおすすめです。

・洗浄用の強アルカリ電解水

食器用洗剤を使用する人もいますが、レコードが傷んだり、汚れがしっかりと落ちなかったりする可能性があるので、強アルカリ電解水を用意しましょう。

・ドライヤー

一般的なヘアドライヤーで問題ありませんが、温風と冷風、風の強さを切り替えできるタイプが理想的です。

正しいレコードのクリーニング方法

 正しいレコードのクリーニング方法

レコードのクリーニング方法は、以下の手順で行ないます。

1. レコードに強アルカリ電解水をかける

レコード全体に強アルカリ電解水を吹きかけます。

このとき、中央のレーベル部分にかからないように注意しましょう。

2.数分置く

汚れが浮き出てくるまで数分待ちます。

3.繊維の細かい布でアナログ盤をなぞる

マイクロファイバーもしくは繊維の細かい布で、浮き出た汚れを拭き取ります。

強く擦ると傷がついてしまうので、溝の目に沿って優しく拭き取るようにしましょう。

4.レコードの裏側も同様にクリーニングする

レコードの裏面も同じようにして汚れを拭き取ります。

5. レコードを水で流す

両面の汚れを拭き取ったら、レコードを水で洗い流します。

このときも、マイクロファイバーもしくは繊維の細かい布を使って、溝の目に沿いながら全体を洗い流してください。

6.レコードを乾かす

マイクロファイバーもしくは繊維の細かい布、ティッシュペーパーなどでレコードの水気を取ります。

ある程度水気がなくなったら、ドライヤーの風を当ててしっかりと乾燥させてください。

ドライヤーの風が強すぎたり、熱すぎたりすると、レコードが変形してしまう可能性があるので、温風と冷風を切り替えながら弱めの風を当てるようにしましょう。

7.レコードプレーヤーで再生する

レコードが乾いたらプレーヤーで再生します。

一度再生させることで残っている水気を完全に飛ばせるほか、溝に浮いている汚れを針でかき出せます。

両面とも数回程度再生するのが理想的です。

8. 汚れをレコードクリーナーで拭き取る

最後に、レコードクリーナーで浮き出た汚れを拭き取ります。

クリーナーの動きを止めた場所に埃が残ってしまう場合は、ブロアーなどで吹き飛ばすのがおすすめです。

レコードをクリーニングする際の注意点

レコードはビニール素材で繊細なため、ちょっとしたことで傷がついてしまいます。

そこで、クリーニングの際には以下を意識しましょう。

静電気には注意をはらう

静電気は埃を吸い寄せてしまうほか、静電気自体がノイズの発生要因となることも少なくありません。

特に乾燥する冬場は静電気が起こりやすくなるので、それを防止するクリーナーやスプレーを使用するのがおすすめです。

レコードは優しく円を描くように拭く

汚れを拭き取る際は、レコードの溝を傷つけないよう、優しく円を描くように拭きます。

クリーナーのパッケージに動かす方向が記載されている場合はそれに従い、特に記載がない場合は時計回りに拭きましょう。

レコードについた水分はしっかり拭く

レコードに水分が残っていると、カビが発生しやすくなります。

そのため、クリーニングのあとはしっかりと乾燥させることが大切です。

手順で紹介したように、ドライヤーのあとにレコードを一度再生すると、レコードの水分をしっかりと飛ばせるので、ぜひ取り入れてみてください。

不要になったレコードの買い取りならバイセルにお任せください

バイセルでは、不要になったレコードの買い取りを行なっています。

経験豊富なプロの査定士が丁寧に査定を行ない、ご満足いただける金額をご提示します。

また、お問い合わせから利用後まで手厚くサポートしますので、初めての方でも安心です。

手数料がすべて無料

バイセルは査定料、送料、出張料などの手数料がすべて無料です。

そのため、誰でも気軽にご利用いただけます。

また、査定額に納得いただけなかった場合や、途中で売りたくなくなった場合なども、お客様の気持ちを優先しますので、無理な交渉は行ないません。

買取実績が豊富

バイセルはさまざまなお品物にて、これまでに1,400万点以上の買い取りを行なっており、業界トップクラスの実績を誇っています。

また、インターネットでのアンケート調査では、「顧客満足度が高い出張買取」「価格満足度が高い出張買取」の項目において、4年連続でNo.1を獲得するなど、多くのお客様に選ばれてきました。

スタッフの受け答えが明確

バイセルではお客様の安心と安全を第一に考え、コンプライアンスを厳守した接客を徹底しています。

また、最後まで納得してお取引いただけるよう、お品物の価値や査定額の背景なども丁寧に説明します。

豊富な買取方法がある

バイセルの買取方法は「出張買取」「宅配買取」「店頭買取」の3種類です。

いずれも手数料無料で査定ができますので、お客様の都合に合った方法をお選びいただけます。

店舗まで持ち運ぶのが手間だというのであれば、「出張買取」「宅配買取」をご利用いただくのがおすすめです。

また、申し込みの途中で買取方法を変更することもできます。

おわりに

レコードは大事にしまっていたとしても、埃やカビが発生するものです。

レコード特有のあたたかみやふくよかさ、音質を維持するためにも、定期的なクリーニングは欠かせません。

レコードはビニール製でとても繊細なつくりになっているので、クリーニングの際はレコードの傷や変形に十分注意し、正しい方法で汚れを取り除くようにしましょう。

レコードをしっかりと乾燥させるコツとして、ぜひ「一度再生する」というひと手間をかけてみてください。

また、不要になったレコードは中古市場での需要が見込めます。

そのまま処分してしまわずに、高価買取に自信を持つバイセルへお気軽にご相談ください。