焼酎「佐藤」を売りたい!買取相場と少しでも高く売る方法

2024.06.10

お酒買取 コラム
  焼酎「佐藤」を売りたい!買取相場と少しでも高く売る方法
焼酎の佐藤の買取相場はいくらですか?
佐藤は買取市場でも人気の高い焼酎ですが、保存状態や種類によっても買取価格は異なります。詳しくは専門知識を持ったバイセルの査定士が一度拝見いたしますので、まずはお電話・メールよりお問合せ下さい。
飲む予定のない焼酎の佐藤があります。価値はつきますか?

「佐藤」は力強く芳ばしいガツンとくる味わいが魅力の焼酎で、焼酎ブームによって全国的に名を広めました。

知名度の高い佐藤には買取市場でも高い需要があり、お酒買取業者も積極的に買い取っています。

誕生日プレゼントや退職祝いなどでもらったものの、自宅に置いたままになっている佐藤にも買取価格がつくかもしれません 佐藤の概要や特徴に加え、買取相場・買取時の注意点・高く売るコツといった買取情報をご紹介します。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

焼酎界の4Mと並ぶ人気焼酎「佐藤」

焼酎界の4Mと並ぶ人気焼酎「佐藤」

佐藤酒造は1906年に鹿児島県の姶良郡加治木町(あいらぐん・かじきちょう)に創業した酒造メーカーです。

現在は鹿児島県霧島市で、その歴史と伝統を守って酒造りを続けています。

佐藤酒造が手掛ける焼酎「佐藤」は、人気焼酎の代表格として名高い「森伊蔵」「萬膳(まんぜん)」「魔王」「村尾」の「4M」に並ぶほどの高い評価を受けており、贈答品としても需要のある焼酎です。

佐藤酒造の得意とする芋焼酎は九州を中心に愛飲されてきましたが、2003年頃から健康志向をキーワードに全国的に多くのメディアに取り上げられるようになりました。

明治時代から丁寧に芋焼酎を造り続けた佐藤は、この流れに乗って人気が上昇し、全国的に脚光を浴びるようになりました。

名水とサツマイモの品種により芳醇な香りに仕上げる

焼酎「佐藤」の特徴として、徹底した素材へのこだわりがあります。

まず、佐藤では霧島山麓(さんろく)に湧き出る「関平鉱泉水」を使用しています。

古来から飲み続けられている関平鉱泉水は、地下の高熱によって溶かされたシリカやバナジウムなどのミネラルを豊富に含んだ温泉水です。

また、芋焼酎の原料であるサツマイモは、試行錯誤の結果、鹿児島県の品種「コガネセンガン」を用いています。

この「コガネセンガン」から臭みの原因となるヘタや傷みを丁寧に取り除くことで、余韻が続く芳醇な香りに仕上げています。

二度と手に入らない種類も存在する

佐藤酒造は他の酒造メーカーと比較しても、商品展開が少ないメーカーです。

それだけ、1つ1つの商品に手間と労力をかけて造っていると言えるでしょう。

佐藤の種類には、コガネセンガンを黒麹で仕込んだ「佐藤 黒」、コガネセンガンを白麹と米麹で仕込んだ「佐藤 白」、麦焼酎「佐藤 麦」、黒麹仕込みの芋焼酎「黒さつま」、白麹仕込みの芋焼酎「さつま」、毎年異なる原料・製法で造る「あらあらざけ」の6種類があります。

特に人気が高いのが、佐藤酒造の職人技を落とし込んだ本格焼酎「佐藤 白」と、「佐藤 白」のヒットを受けて発表された本格焼酎「佐藤 黒」です。

この2つの焼酎は発売されると焼酎愛好家の間で大きな話題となり、現在でも高い人気を誇っています。

「あらあらざけ」では、製造年によって米麹はヒノヒカリ・山田錦・五百万石を、サツマイモは白豊(シロユタカ)・綾紫(アヤムラサキ)・栗小金(クリコガネ)・紅さつまを使用しています。

ほとんどの製品が6,000本限定(2000年〜2002年は3,000本限定)で販売されており、毎年異なる原料や製法で造られるため同じ製品は2度と世に出ないという希少性があります。

佐藤の買取相場

佐藤

佐藤の買取相場は、保存状態や中古市場での需要度、種類などで決まります。

買取相場は付属品の有無や、未開封であること、ボトルに汚れや傷がついていないかなどの保存状態によって差が出てきます。

下の表にて佐藤の一般的な買取相場をご紹介します。

種類 買取相場
佐藤 黒麹仕込 1800ml ~1600円
佐藤 黒麹仕込 720ml ~960円
佐藤 白麹仕込 1800ml ~1,280円
佐藤 白麹仕込 720ml ~800円
佐藤 麦 1800ml ~880円
佐藤 麦 720ml ~640円

佐藤酒造は小さな蔵元なので大量生産しておらず、ふるさと納税の返礼品や正規特約店などの限定した場所で手に入ります。

ただし、販売価格は1800mlで2,300円〜3,500円ほど、720mlで1,000円〜4,000円ほどで、森伊蔵などの名高い焼酎ブランドよりも買取相場は低い傾向にあります。

また、種類によっては通販サイトでも手に入るため、希少価値も低くなりがちです。


※上記は参考価格であり、実際の買取価格を保証するものではありません。
※ご査定時の市場状況、在庫状況により買取価格が変動する場合ございます。
※お買取相場の価格は未開封の未使用品を想定しています。お品物の状態によって価格が大きく変わる場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

佐藤のバイセルでの実際の買取例は?

お酒買取のバイセルでも、佐藤を含む焼酎の買取実績は数多くございます。

以下のページでは、様々な焼酎の買取相場に加え、バイセルでの実際の買取例、バイセルの焼酎買取をご利用になったお客様の声についても記載してございます。

参考までにぜひご覧ください。

佐藤を売るときの注意点

佐藤を売るときの注意点

佐藤は買取市場でも需要の高い焼酎ですが、買取に出す際には事前に知っておきたい注意点がいくつかあります。

ここでは代表的な3つの注意点をご紹介します。


・開封済みのお酒は買取不可の可能性も
・お酒の買取実績が豊富な買取業者を利用する
・出張買取サービスを提供している買取業者を利用する

開封済みのお酒は買取不可の可能性も

佐藤に限ったことではありませんが、基本的にお酒の買取では開封されたものは買取してもらえないことが多いです。

開封した焼酎は香りが飛んでしまい、カビが沈殿してしまう恐れがあるため、買取価格がつかないことが多いのです。

佐藤を売りたい方は未開封かどうかを必ず確認しておきましょう。

また、未開封の焼酎には賞味期限がありません。

焼酎は蒸留酒ですから、アルコール度数が高まるのと同時に混じっている不純物を取り除かれているので菌が繁殖しません。

「かなり前にプレゼントで佐藤をもらったが、古いし価値があるのかよく分からない」という場合でも、未開封でしたら買取価格がつく可能性は高いでしょう。

お酒の買取実績が豊富な買取業者を利用する

佐藤を含むブランド焼酎の価値を正しく判断するためには、種類・製造年代・保存状態・銘柄ごとの買取市場での需要や人気といった多数の査定ポイントを正確に見極める能力がなくてはなりません。

もしお酒の専門知識を持たない買取業者に買取を依頼してしまうと、お持ちの佐藤の価値をしっかりと見極めてもらえず、本来よりも安い価格で買取されてしまうかもしれません。

そこで、佐藤のようなブランド焼酎を売るなら、お酒の専門知識と豊富な買取実績を持った買取業者に依頼するのがおすすめです。

全国規模で多くの買取実績を持つ買取業者なら安心だと言えるでしょう。

出張買取サービスを提供している買取業者を利用する

買取業者ごとサービス内容は異なりますが、佐藤などお酒の買取で利用できる買取方法には大きく分けて以下の3つがあります。


・持ち込み買取…売りたい品物を買取業者の店舗に持ち込む方法
・宅配買取…売りたい品物を買取業者に送付する方法
・出張買取…買取業者の査定士がお客様のご自宅等に訪問する方法


このうち、佐藤などのお酒を買取に出す際におすすめしたいのが出張買取です。

焼酎は重さがありますし、割れる可能性がある品物でもあります。

そのため、店舗まで持ち運ぶのは大変ですし、配送中に瓶が破損してしまう可能性もゼロではありません。

その点、出張買取は買取業者の査定士が自宅まで来て、その場で査定・買取してくれますから、ボトルを破損してしまうリスクはありません。

佐藤の買取で買取業者を選ぶのに迷ったら、出張買取があるところを選んでみましょう。

佐藤を売るなら買取実績豊富なバイセルへ

佐藤などの価値あるお酒や帯を売るなら、お酒買取のバイセルへお任せください。

バイセルは日本全国を対象にお酒などの出張買取サービスを提供しており、たくさんのお客様・リピーター様からご指名をいただいてまいりました。

その結果、2015~2023年の累計で3,700万点以上の買取実績を積み上げることができました。

バイセルの査定士は、高い専門知識と豊富な査定経験を生かして、「山崎」をはじめとしたお酒1点1点の価値を正確に鑑定します。

バイセルの出張買取は、手数料完全無料です。

「試しに査定だけ」といった場合にも料金の心配なくご利用いただけますので、まずはお気軽にバイセルの無料査定をお試しください。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

佐藤を少しでも高く売るコツ

佐藤を少しでも高く売るコツ

買取市場でも人気の高い佐藤ですが、より高く売るためにはちょっとしたコツのようなものが存在します。

佐藤を少しでも高く売るために押さえておきたい2つのポイントをご紹介します。


・適切な場所で保管する
・箱などの付属品を揃えておく

適切な場所で保管する

佐藤を含むお酒の買取では、保存状態が買取価格に大きく影響します。

ボトルにヒビや傷が入っている、液漏れや揮発によって液面が下がっている(未開封でも起こる場合があります)、お酒が変色してしまっているなどすると、買取価格は下がってしまうでしょう。

このような事態を避けるために、佐藤などのお酒は購入時についてきた箱にしまったまま、直射日光の当たらない涼しくて暗い場所に保管しておくのがおすすめです。

また、冷蔵庫や屋外での保管は、焼酎の中の旨味成分が凝縮してオリが発生したり油が浮いたりしてしまう場合があるため、なるべく避けた方が良いでしょう。

箱などの付属品を揃えておく

佐藤に限らず、お酒コレクターからの人気が高いお酒の買取では、箱などの付属品の有無も買取価格に影響してきます。

佐藤の焼酎を新品で購入する際には木箱や紙箱に入って販売されていますが、こういった箱・ボトルを包む薄い袋・セットの焼酎カップといった付属品もコレクションとして重要な意味を持ちます。

そのため、付属品がついているものの方が買取市場でも需要が高く、より高い買取価格がつく可能性があるのです。

箱などの付属品は大切に保管しておき、佐藤と買取の際には一緒に査定に出しましょう。