いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-542-668

小紋の買取相場はいくら?小物を売却するときのポイントとは?

2022.05.25

着物買取 コラム
小紋の買取相場はいくら?小物を売却するときのポイントとは?

小紋は普段着として着られ柄の種類が豊富にあります。

種類によっては格式の高い場所にも着られて汎用性があるため、「訪問着と色留袖は高すぎるけれど、小紋なら手が届くかも」と購入した方もいるでしょう。

小紋は街着とはいえ条件を満たせば高値で売れる場合があります。

本記事では小紋の種類、買取相場、売るときのポイントをご紹介します。

小紋とは?

小紋とは?

小紋は着物全体に文様が繰り返されているのが特徴で、格は色留袖、訪問着、付け下げよりも下で外出着として扱われています。

カジュアルな食事会や街着など普段着のように利用できるところが魅力です。

また、一般的な小紋よりも家紋がついた江戸小紋は格式が高く、訪問着や色留袖と同じように略礼装として着られます。

小紋の着物の種類

小紋には江戸小紋、京小紋、加賀小紋の3種類があります。

ここでは小紋の種類ごとの特徴をご紹介します。

江戸小紋

江戸小紋は、着物作家の小宮康助を小紋型の伝承者として重要無形文化財保持者に指定するとき、それまで作られていた染め小紋や織り小紋と区別するために名づけられたといわれています。

江戸小紋は各藩の柄を模様にした裃(かみしも)を身に着けるようになったのが始まりだったのが、庶民にも広まって様々な柄が描かれるようになりました。

大名家にはその藩の以外の人は着られない定め文様があり、その中でも「江戸小紋三役」とは代表的な柄で格が高いです。

三役に2つの柄を合わせた「江戸小紋五役」とも呼ばれています。

江戸小紋三役は「鮫」、信濃戸田家の定め小紋の「角通し」、仙台藩伊達家の定め小紋の

「行儀」があり、薩摩藩島津家の定め小紋「大小あられ」と「万筋(まんすじ)」を加えて五役となります。

京小紋

京小紋は伊勢型紙を用いた型染めと、京友禅の大きくて派手な模様を融合させています。

一枚の型紙を使って染め上げる江戸小紋と違い、京小紋は友禅型紙といわれる寸法の長い型紙を色の数だけ使います。

単色染めの江戸小紋よりも、多色染めの京小紋は花柄を多用していますが、具象柄(ぐしょうがら)という植物や人物、動物、風景、電車、飛行機など多岐にわたります。

加賀小紋

加賀小紋は京小紋に影響されて、加賀友禅の技法を用いて作られました。

加賀の大名であった前田家の裃の定め柄である菊菱(きくびし)が発展したとされています。

加賀小紋は臙脂(えんじ)・黄土・藍・草・古代紫をベースに追いついた色合いの加賀五彩と、グラデーションで柄を立体的に見せるぼかしの技法などが特徴です。

京友禅のように色を多用したり、金箔や刺繍を施したりはしません。

小紋の買取相場

小紋は保存状態、作家名、サイズ、中古市場での需要度などによって価値が大きく異なります。

売るなら小紋の価値を理解してくれる専門の買取業者を選ぶことをおすすめします。

バイセルは全国から数千点以上の着物買取実績があり、着物の価値を熟知している査定員が多数在籍しています。

こちらの記事にはバイセルが買い取った小紋の事例をご紹介しています。

お持ちの小紋がどれくらいの価値があるのかを参考にしてみてください。

小紋を高く売るときのポイント

小紋を高く売るときのポイント

小紋を売るときのポイントは以下の4つあります。

  • ・柄が人気なものであること
  • ・有名作家の着物
  • ・保存状態を良く保っておく
  • ・着物専門の買取業者を利用する

売却するときの参考にしてみてください。

柄が人気なものであること

小紋は江戸小紋三役で知られる「鮫」「行儀」「通し」が人気です。

江戸小紋三役の中でも特に「極」と名がつくものは、3センチ四方に900個以上の孔が彫られた型紙で染められた文様が緻密に書かれており、価値が高く評価されるでしょう。

また、鮫文様には「極鮫」「中鮫」「並鮫」があります。

「極鮫」と「並鮫」とでは型紙の送りの長さが倍近く異なり、「極鮫」の方が高い技術力が求められるため希少価値が上がりやすいです。

有名作家の着物

着物は人気作家の作品だと高値になりやすいです。

小紋を中心に製作を手掛ける小宮正孝(こみやまさたか)、藍田正雄(あいだまさお)中村勇二郎の着物は価値が高い傾向にあり、今井喜三郎、六谷梅軒(ばいけん)、皆川月華(みながわげっか)、樽本伊勢蔵も状態や種類によっては査定で評価されるでしょう。

人間国宝に認定されている作家や、何代も続く家柄の初代に作られた作品だと高値になる可能性があります。

保存状態を良く保っておく

小紋は新品もしくは着用したけれどきれいな状態の方が高く評価されます。

袖を通したことのない小紋がありましたら、査定で価値をつけてもらうことをおすすめします。

ただ、小紋を長期間保管している方はそこまできれいな状態を保ててないという方が多いのではないでしょうか。

小紋は正絹でできているため湿気、虫食い、日焼けに弱いです。

高価な小紋を長期間保管していると、裏地に白カビが発生したり折ジワが濃くついてしまって見栄えが悪くなっているかもしれません。

査定に出すまで小紋を自宅にしまったままという人は多いでしょう。

保存状態を確認しないまま査定に出すと、思わぬ部分に酷い汚れが見つかって金額が下がる場合があります。

ですから小紋を陰干して湿気と臭いを飛ばしておきましょう。

着物専門の買取業者を利用する

小紋を売るなら着物に熟知したバイセルをおすすめします。

現在まで数千点以上もの着物を買い取っており、様々な種類や状態に熟知しています。

そのため、どのような着物でもできる限り適切な査定金額をご提示できます。

着物の買取実績が少ない業者だと価値を見極めることができず、相場よりも低すぎる値段を提示される可能性があります。

小紋を納得して売却できるようにバイセルを利用してみてはいかがでしょうか。