ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

旧百円札と旧千円札はいつまで発行されていた?種類や価値、買取価格について紹介

旧百円札と旧千円札はいつまで発行されていた?種類や価値、買取価格について紹介
古銭買取で旧千円札はいくらになる?現在の買取価格について
ごあいさつ

みなさんのご自宅に、旧千円札は眠っていませんか?


切り替わるときにとっておいたり、初版のときのものを使わずに持っていたりしている方もいるかもしれません。


今回は、旧千円札について、価値はどのくらいになっているのか、古銭買取できるのかといった点について解説します。


当記事でよくある質問

  • Q
  • 古い千円札を売りたいです。いくらになりますか?

  • A
  • 状態により査定価格が変動しますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父から旧千円札を譲り受けました。価値ってありますか?

  • A
  • 旧千円札は状態次第で価値は大きく変わり、バイセルでは買取実績多数です。買取実績をご覧ください。

その他、旧千円札について詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

\ゆっくり読む時間がない方へ/
記事のポイント『1分まとめ』

当記事を1分で分かるようにまとめてみました!

お時間のない方はここだけを読むか
気になる項目があれば詳細を押して、詳しく読みたい項目へ進みましょう。


旧千円札と称される種類は『5つ


  1. 甲号券:詳細
  2. B号券:詳細
  3. C号券:詳細
  4. D号券:詳細
  5. E号券:詳細

上記5つのパターンが旧千円札と呼ばれる紙幣です。



額面を上回る可能性が高い旧千円札の特徴は『7つ


  1. 未使用かつ綺麗な状態:詳細
  2. 発行番号が若い番号:詳細
  3. アルファベット1桁:詳細
  4. 記番号に使用されたインクが黒色:詳細
  5. 珍番号:詳細
  6. サンドイッチ番号:詳細
  7. エラープリント:詳細

上記7つの条件のいずれかを満たす場合は、額面以上の査定額も期待できます。

とはいえ、自己判断だと特徴に気づかないケースも多く、特にエラープリントなどは古銭査定のプロでないと細かい部分の判断はできません。

自己判断ではなく古銭査定のプロに価値を調べてもらいましょう。
各種手数料0円のバイセルにお気軽に相談ください!

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

旧百札の主な種類と発行期間について

日本ではかつて百円もお札として使用されていました。過去に発行された主な百円札は、明治通宝百円券、大黒札(旧百円券)、藤原鎌足の百円券などがあります。

現在、百円は硬貨として使用されていますが、硬貨になる以前はお札として国民に親しまれてきました。

以下で、明治通宝百円券、大黒札(旧百円券)、藤原鎌足の百円券について詳しくご紹介します。

明治通宝百円券

明治通宝百円券は、1872年(明治5年)4月に発行された百円札です。表面には鳳凰と龍が描かれ、出納頭の割印と明治通宝の文字が入っています。

裏面には青海波、蜻蛉、千鳥、帆立貝、孔雀が描かれているほか、大蔵卿印、記録頭の割印、そして記番号が印刷されています。

ドイツで製造された明治通宝百円券は1870年(明治3年)10月から、国内で製造された明治通宝百円券は1877年(明治10年)7月から1878年(明治11年)6月までの期間になります。

大黒札(旧百円券)

大黒札(旧百円券)は、1885年(明治18年)9月8日に発行が開始され、1927年(昭和2年)2月に兌換銀行券整理法が制定されてことによって、1939年(昭和14年)3月31日限りで運用停止となりました。

表面には、大黒天が小槌と手袋を手にして米俵に腰かけている姿と、表面中央に日輪と光線状の模様が描かれています。なお、大黒札の図案製作者はイタリア人のエドアルド・キヨッソーネが行ないました。

藤原鎌足の百円券

藤原鎌足の百円券は、1900年(明治33年)12月25日に発行が開始され、大黒札と同様、1927年(昭和2年)2月に兌換銀行券整理法が制定されてことによって、1939年(昭和14年)3月31日限りで運用停止となりました。

表面の輪郭枠の形状がめがねのフレームに見えることからちなんで「めがね鎌足」や「めがね百円」と称されています。また、藤原鎌足の百円券は日本で発行された紙幣のなかで最もサイズが大きいとされる紙幣になります。

詳しい百円札の情報はこちら!

旧千円札の種類と発行期間について

千円札はご存知の通り日本銀行券の一種です。

過去に発行された千円札は、甲号券、B号券、C号券、D号券、E号券の全5種類となっています。

千円紙幣のみ、五千円や一万円紙幣よりも1割ほど厚い紙を使用しているのが特徴です。

以下では、それぞれの種類の千円札について詳しくご紹介します。

甲号券

甲号券は、1945年(昭和20年)8月17日に発行された千円札です。

表面には日本武尊と建部神社が描かれ、「千圓」と中央に文字が入った千円札で、裏面には彩紋が描かれています。

新円切替により、1946年(昭和21年)3月2日には通用停止され、短期間で失効されました。

製造数が810万枚と少なかっただけでなく、高額券であるがゆえにそのほとんどが回収し尽くされているため現存数は少なくなっています。

B号券

1950年(昭和25年)1月7日に発行が開始された千円札で、1965年(昭和40年)1月4日に支払停止となりました。

表面には聖徳太子、裏面には左側に法隆寺夢殿、右側には「NIPPON GINKO」と大きく文字が描かれ、透かしには、日銀と桜花が入っています。

また、現在と同じ記番号形式の「アルファベット1桁~2桁+数字6桁+アルファベット1桁」となった初めての日本紙幣です。

C号券とは

表面に伊藤博文、裏面に日本銀行が大きく描かれた千円札で透かしには横顔の伊藤博文が意匠されています。

1963年(昭和38年)11月1日に発行が開始、1986年(昭和61年)1月4日支払停止になるまでに129億6,000万枚発行したため、記番号が一巡しています。

発行開始から記番号が褐色に変更され、マイクロ文字という微小な文字を線や図柄の一部に入れ込む技術を採用し特殊発光インキを使用することで偽造防止されています。

D号券とは

1984年(昭和59年)11月1日に発行が開始され、2007年(平成19年)4月2日に支払停止になるまでに、129億6千万枚も発行された紙幣です。

膨大な発行枚数によって記番号が一巡していたため、2000年(平成12年)4月3日発行分から暗緑色に記番号が変更されました。

D号券から、肖像に文化人が採用されており、千円券には夏目漱石が選ばれています。

また、ほかにも、視覚障害者が触って券種を判断できるように識別マークが施されているのも特徴の紙幣です。

E号券とは

表面に野口英世、裏面には逆さ富士(本栖湖からの富士山の眺め)と桜が描かれている千円札で、逆さ富士は「湖畔の春」という岡田紅陽の写真をもとに描かれました。

2004年(平成16年)11月1日発行開始され、D二千円券に採用された深凹版印刷、潜像模様、パールインク、ユーリオンという偽造防止技術が使われています。

また、新しく採用された偽造防止技術として、表面右側に「すき入れバーパターン」と呼ばれる、用紙を薄くしてすきを入れる方法が用いられています。

表面と裏面に「二」「ホ」「ン」の文字がシークレットマークとして入れられています。記番号の組み合わせが少なくなってきたことをきっかけに、2011年(平成23年)7月19日より記番号の色を黒色から褐色へと変更しました。

古銭買取における旧百円札の買い取りはどれくらいの価値がある?

明治から昭和にかけて普及されていた旧百円札ですが、現在でも現行紙幣として使うことができます。およそ120年経った現代では、どれくらいの価値があるのでしょうか。発行数は少ないため、もしかすると予想以上の値がつくかもしれません。 以下では、額面以上の買い取りを狙うことが可能になるパターンを紹介します。

未使用かつ綺麗な状態であること

一度も使用されていない状態であれば、コレクター価値も上がるため額面以上での買い取りも可能になるかもしれません。旧百円札で未使用の状態はかなり希少性が高いので、高値がつく可能性があります。

現存数と取引数

旧百円札の現存数は非常に少なく、それに比例して取引数も非常に少なくなっています。基本的に市場流通はしていないので、ご自宅に眠っているケースや収集家の方が保存しているもの程度しかない状態です。 もし、引っ越しや家の整理をしているときなどで、旧百円札が出てきたら一度査定に出してみるのもよいでしょう。

エラープリント

旧百円札に多いとされているエラープリントは、印刷ズレや数字ズレ、耳つきがある状態のお札を指します。エラープリントの度合いが、大きければ大きいほど高値がつきやすくなります。

紙幣番号の組み合わせと配列

紙幣番号がゾロ目であったり、数字部分が1番の紙幣はプレミアがつきやすくなります。また、キリ番や数字が階段のように綺麗に並んでいる場合も紙幣価値が上がる可能性が高いです。

古銭買取における旧千円札の買い取りはどれくらいの価値がある?

古銭買取旧千円札

B号券の聖徳太子、C号券の伊藤博文、D号券の夏目漱石を絵柄とした旧千円札は、現在も使用できる有効券となっています。

枚数も多いため一部例外を除き基本的には額面を下回る買取価格になってしまうのが現状です。

以下では額面以上の買い取りを狙うことが可能になる「例外パターン」を紹介します。

未使用かつ綺麗な状態であること

一度も使用されていない状態であればコレクター価値も上がるため額面以上での買取も可能になるかもしれません。

発行番号が若い番号であること

前期に発行された千円札に価値があると言われ、前期と後期かの見分け方としては番号や紙の色により判別可能です。

アルファベット1桁であること

発行番号と同様に前期に発行された千円札に価値があると言われ、前期と後期かの見分け方としては番号や紙の色により判別可能です。

記番号に使用されたインクが黒色であること

記番号に使用されたインクは前期と後期で異なり、黒のインクが使用されているのは前期になります。

珍番号であること

「A123456B」のようにアルファベットが1桁のものや数字が並んでいるもの、「CD888888E」のようにゾロ目になっているものなどが挙げられます。

サンドイッチ番号であること

「B○○○○○○B」のように、最初のアルファベット1桁と最後のアルファベットが同じであったり、「811118」のように、6桁の数字の両端が同じ数字で、挟まれた4桁の数字が同じだったりをコレクターの間ではサンドイッチと呼びます。

エラープリント

印刷がずれている、裏面にも表の絵柄が印刷されている、上下が逆さまにプリントされているなど、印刷ミスがある状態を指します。エラープリントの度合いが、大きければ大きいほど高値がつくのが特徴です。

   古銭バナー
古銭バナー

旧百円札や旧千円札を買い取りに出す際のポイント

手元に旧百円札や旧千円札があり買い取りに出す場合、注意しなければいけない点があります。買取価格を少しでも上げる方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

汚れがあってもクリーニングをしない

旧紙幣を集めているコレクターには、紙幣の古さに価値を感じている方が多いため、あえて綺麗にせずそのままで出すことがプラス査定を導くポイントになります。

紙幣に汚れなどが残っていることで、価値は上がっていくこともあります。また、下手にクリーニングを行なったため、紙幣の状態を悪くしてしまう可能性もあります。そのため買取店には、紙幣をクリーニングせずにそのまま査定してもらうようにしましょう。

鑑定書も査定時に持ち込む

鑑定書とは、専門家の鑑定によって出た結果を記したものです。あらかじめ鑑定専門の方に鑑定されていることを証明できていれば、高値で買い取ってもらいやすくなります。

鑑定書をお持ちの方は、買い取りを希望する紙幣と一緒に買取店へ持参しましょう。

まとめ

B号券の聖徳太子、C号券の伊藤博文、D号券の夏目漱石を絵柄とした旧千円札は、そのまま使用でき、大量に発行されていますので、千円以上の価値を見込むのは難しい旧千円です。

しかし、そのなかでも、通し番号が珍しい「珍番号」の旧千円札やエラープリントになっている旧千円札は、価値を上げることが可能です。

美品で未使用ならばさらに価値が上がるかもしれません。

使わずにとってある旧千円札があるならば、番号や絵柄など隅々まで確認してみるのもよいかもしれません。

思わぬ拾い物があるのではないでしょうか。

   古銭バナー
古銭バナー

古銭買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する