レターパックの書き損じは切手に交換可能?現金に換える方法もご紹介!

2024.06.07

切手買取 コラム
レターパックの書き損じは切手に交換可能?現金に換える方法もご紹介!

レターパックは郵便局の窓口のほか、コンビニなどで購入できるため、ちょっとした品物を送る際にとても便利です。

しかし、手軽に買えるがゆえに、以前まとめ買いした使っていないレターパックが残ってしまっている方も多いようです。

本コラムでは、レターパックの書き損じを切手やはがきに交換する方法をご紹介します。

また、交換する際の注意点や、レターパックを交換ではなく現金に換える方法などもご紹介します!

レターパックの交換や処分を考えている方はぜひ参考にしてみて下さい!

切手の買取保証実施中!

お問い合わせ・無料相談はこちら

0120-612-783

通話料無料・24時間365日受付中

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

レターパックは手数料を払えば切手やはがきに交換可能!

レターパックは手数料を払えば切手やはがきに交換可能!

レターパックは郵便局の窓口で普通切手やはがきに交換できます。

郵便局には未使用の切手やはがきなどを、別の切手やはがきに交換できる「有償交換サービス」があり、レターパックもその対象です。

交換手数料はレターパック1枚あたり42円かかります。(※)

同じ金額で切手をレターパックに交換もできます。

書き損じのレターパックも交換可能なので、住所を間違えて書いてしまっても捨てないようにしましょう。

ただし、切手でレターパックの購入はできません。

※参考:郵便局‐日本郵政

レターパックを郵便局で交換する際の注意点

レターパックを郵便局で交換する際の注意点

レターパックから交換できるのは普通切手のみです。

特殊切手(記念切手・グリーティング切手・年賀切手・寄付金付き切手・お年玉付き年賀郵便切手・ふるさと切手・フレーム切手)とくじ引き番号郵便はがき(年賀はがき・かもめ~る)には交換できません。

また、レターパックの交換は郵便局の窓口でのみ行っており、レターパックが販売されているコンビニなどでの交換はできません。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

不要なレターパックを現金に換える方法

不要なレターパックを現金に換える方法

レターパックは郵便局で切手などに交換してもらえますが現金に交換はできません。

「使う機会がないので処分したいけど、切手やはがきに交換しても使わなそう」と思っている方は多いと思います。

不要なレターパックは買取業者に売却できます。

買取業者はレターパック以外にもはがき、切手、封筒、レターセットなどの郵便商品の査定も扱っています。

郵送で何かを送る機会がないとレターパックの使い道がなくなってしまいますよね。

自宅に溜まっていたら買取業者の査定に出してみましょう。

不要なレターパックや切手を整理するならバイセルへ!

不要なレターパックや切手を整理するならバイセルへ!

使うことのないレターパックは思い切って処分したいですよね。

バイセルでは切手をはじめとした金券類やレターパックの買取を積極的に行っています。

バイセルでは出張宅配持ち込み買取の3つから、ご都合に合わせて選べます。

レターパック以外にも切手のコレクションを売りたい場合は出張買取がおすすめです。

自宅にいたまま申し込みと査定が完了します。

自宅に人を招くのに抵抗がある方は宅配買取を選ぶといいでしょう。

査定の申し込みをしたら自宅に宅配キットをお届けするので、それにレターパックを入れて送付し、数日待てば査定金額が指定口座に振り込まれます。

持ち込み買取はバイセルの店舗で売る方法です。

不要なレターパックが数枚程度なら、外出のついでに店舗で売ることができます。

買取に出すことに関心をお持ちになったらぜひバイセルをご利用ください。