第18回オリンピック競技記念切手の価値は高い?現在の買取相場をご紹介

2024.06.07

切手買取 コラム
第18回オリンピック競技記念切手の価値は高い?現在の買取相場をご紹介

第18回オリンピック競技記念切手は、日本で初めてオリンピックが開催された1964年に発行された記念切手です。

当時のオリンピックブームもあり大注目を集めた記念切手ですが、現在その価値はいくらぐらいなのでしょうか。

本記事では、第18回オリンピック競技記念切手の概要や買取相場、買取に出す際のポイントやどこで売るのがお得かなど、買取に役立つ情報を詳しくご紹介いたします!

切手の買取保証実施中!

お問い合わせ・無料相談はこちら

0120-612-783

通話料無料・24時間365日受付中

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

第18回オリンピック競技記念切手とは?

第18回オリンピック競技記念切手とは?

第18回オリンピック競技記念切手は日本で初めてオリンピックが開催された1964年に発行されました。

発行された切手は小型シート、20枚綴りのシート、バラ切手、寄付金付き切手の合計4種類です。

小型シートは5種類の切手を1枚の厚紙にまとめたもので、切手の説明やオリンピックのロゴなどが入っています。

寄付金付き切手はオリンピックの準備と運営費を募る目的で額面に寄付金を上乗せしたものです。

また、第18回オリンピック競技記念切手の図案は「聖火台と競技人物」(額面5円)、「国立競技場」(額面10円)、「日本武道館」(額面30円)、「国立代々木競技場」(額面40円)、「駒沢体育館」(額面50円)の合計5種類あります。

発行当時は、日本で初めてのオリンピック開催ということでオリンピックブームが起こり、記念品として第18回オリンピック競技記念切手を求める人や切手コレクター達が郵便局に殺到しました。

寄付金付き切手は20種類も存在する

第18回オリンピック競技記念切手の寄付金付き切手は、1961年からオリンピック開催の1964年までに合計20種類発行されました。

第一次から第六次に分かれ発行された寄付金付き切手の絵柄は以下のとおりです。


・第一次…やり投げ、飛び込み、レスリング ・第二次…柔道、水球、平均台 ・第三次…バスケ、ボート、フェンシング ・第四次…バレー、ボクシング、ヨット ・第五次…自転車、馬術、ホッケー ・第六次…カヌー、サッカー、重量挙げ、近代五種

各切手の額面の横には「5+5円」などの寄付金額が「+」で記載されています。


また、東京2020のオリンピック開催時にも寄付金付き切手は発行されており、その際にも第18回オリンピック競技記念切手の寄付金付き切手は再度注目を集めました。

「寄付金付き切手」についてさらに詳しく知りたい方は以下もぜひご覧ください。

買取での第18回オリンピック競技記念切手の評価とは?

買取での第18回オリンピック競技記念切手の評価とは?

第18回オリンピック競技記念切手は発行枚数が非常に多いので、査定金額はそこまで高くはありません。

買取において多くの切手は状態や額面を基準にして査定金額が決まります。

日本で初めてオリンピックが開催されたことから記念切手に対する注目度は非常に高かった

ですが、大ブームを巻き起こしたとしても切手の状態が悪い、コレクター需要が見込めないなどの理由から査定金額に価値が反映されない可能性があります。

第18回オリンピック競技記念切手を買取に出す際のポイント

第18回オリンピック競技記念切手を買取に出す際のポイント

第18回オリンピック競技記念切手は査定金額が低くなりやすいです。

しかし、せっかく査定に出すのであれば少しでもお得に売りたいという気持ちはありますよね。

そこで、第18回オリンピック競技記念切手を査定に出す際のポイントをいくつかご説明します。

バラよりもシートで査定に出す

第18回オリンピック競技記念切手に限らず、切手はバラよりもシートの方が査定金額が高くなりやすい傾向にあります。

一枚でもシートから切り離してしまうとバラ切手扱いとなり、シートとして価値はなくなってしまいます。

第18回オリンピック競技記念切手のシートをお持ちなら切り離さず査定に出しましょう。

まとめ売りをする

第18回オリンピック競技記念切手を売却する際に、他の切手も持っていたらまとめて買取に出すようにしましょう。

枚数に応じて査定金額が高くなります。

バラ切手を何十枚も保管している場合は、袋に入れてまとめて査定に出しましょう。

査定士が見やすいようにと事前に額面ごとに分けなくてもOKです。

切手の状態を良くしておく

第18回オリンピック競技記念切手の査定金額は切手の状態によっても異なります。

切手は年月が経つにつれて劣化してしまうので、良好な状態で保管されているものは査定金額に反映してもらえる場合があります。

そのため、切手がシワにならないように専用のアルバムで保管したり、切手を手で触らないようにするなど対策をすると良いでしょう。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

第18回オリンピック競技記念切手はどこで売るのがお得?

第18回オリンピック競技記念切手はどこで売るのがお得?

第18回オリンピック競技記念切手はオークションサイトやフリマアプリ、切手買取業者で売却できます。

切手を売る場所は複数ありますが、どれを選んだらいいか迷いますよね。

売却方法によっては注意点もあります。

ここではそれぞれの方法をご紹介します。

オークションサイトやフリマアプリ

第18回オリンピック競技記念切手はオークションサイトやフリマアプリで売却できます。

どちらも自分で落札希望価格を決められ、出品から発送までの作業を自分で行います。

ただし、切手や金券類など現金に相当する商品の出品は禁止されています。

オークションサイトやフリマアプリを利用する際はサイトのルールをよく確認しておきましょう。


これらの切手は出品できない場合が多いです。

・未使用品

・単位が銭や圓(円)の切手

・外国切手

・キャラクター切手

・切手が貼られたアルバム


現行通貨である「円」が表記された切手は全て出品できません。

消印が押されている「使用済み切手」は、現金と同等の価値を持たなくなるため出品が許可されています。

未使用と使用済みの切手が混在したアルバムは出品できませんが、使用済み切手をまとめたアルバムなら出品可能です。

第18回オリンピック競技記念切手は未使用でどれだけ状態が良くても出品できないので、別の売却方法を選ぶことをおすすめします。

切手買取業者

切手買取業者ならオークションサイトやフリマアプリに出品できない、未使用の切手や現行通貨の「円」の切手も売却できます。

切手買取業者は切手に熟知した査定士が在籍しています。

状態、種類、中古市場での需要度などを考慮して査定金額を出すので、お持ちの第18回オリンピック競技記念切手に適切な価値をつけられます。

第18回オリンピック競技記念切手を納得して手放したいなら、切手買取業者に依頼するのがおすすめです。

第18回オリンピック競技記念切手を売るならバイセルにお任せください!

バイセルは第18回オリンピック競技記念切手をはじめ多数の切手買取実績があります。

切手の知識と買取実績が豊富な査定士が、お持ちの切手コレクションに適切な査定金額をご提示します。

同じ種類の切手であっても状態や売却するタイミングによって査定金額が異なります。

売却を検討している方は状態が悪くならないうちにバイセルの査定をご利用ください。