いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

はっぴいえんどの歴史や価値の高いレコードを紹介!

はっぴいえんどの歴史や価値の高いレコードを紹介!

はっぴいえんどは、ロックサウンドの先駆者的存在として語り継がれているバンドです。

当時は批判の声もあがりましたが、時代が流れて音楽の幅も広がった現在は、はっぴいえんどの数々の名曲が根強く支持されています。

この記事では、はっぴいえんどの魅力やおすすめのレコードを紹介します。

売却するときのポイントも解説しているため、レコードを手放したいと感じている方もぜひ参考にしてください。

レコードの買取に関するお知らせ

LP盤のみの買取となります。
状態やジャンルによっては、お値段が付かないものもございます。
内容により宅配査定・店舗査定をご案内する場合がございます。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

はっぴいえんどとは?

先述したように、はっぴいえんどは日本語によるロックサウンドの先駆者的存在として語り継がれているバンドです。

メンバーは細野晴臣、松本隆、大瀧詠一、鈴木茂の4人から構成されています。

はっぴいえんどは1969年に結成、1970年にアルバム『はっぴいえんど』でデビューを果たしたものの、わずか3年ほどで解散したバンドです。

当時はそれほど評価されておらず、むしろ異色の存在として扱われていましたが、時代の流れとともにロックシーンへ多大な影響を与えるようになりました。

解散後は、それぞれが別の道を歩んでいます。

2021年11月5日、6日に日本武道館で行なわれた、松本隆の作詞活動50周年記念コンサート『風街オデッセイ2021』では、すでに亡くなっている大瀧詠一以外の3人がはっぴいえんどとして36年ぶりの演奏を果たしています。

はっぴいえんどの魅力

はっぴいえんどの最大の魅力は、バッファロー・スプリングフィールドやモビー・グレープなどに影響を受けたロックのテイストと、日本語の歌詞を融合した音楽です。

今でこそさまざまなロックバンドが日本語で歌を歌っていますが、当時は「ロックのリズムに日本語が乗るわけがない!」という風潮がありました。

ロック=英語で歌うもの、と考える方も多く、日本語で歌うべきか英語で歌うべきかという論争が起こったほどです。

しかし、そんな状況でもはっぴいえんどは自分たちの音楽を貫きとおし、日本語ロックを確立させました。

解散した今も彼らの音楽に影響を受けたフォロワーは数多くいます。

またはっぴいえんどの魅力は、風景を想像させるような歌詞や洋楽テイストのメロディーだけでなく、大瀧詠一のウェットな歌声も関係しているといえるでしょう。

はっぴいえんどのおすすめレコード5選

 はっぴいえんどのおすすめレコード5選

はっぴいえんどがリリースしたレコードのなかで、おすすめのものは以下の5つです。

はっぴいえんど

デビューと同時に発売された最初のレコード『はっぴいえんど』は、ロック的なサウンドと日本語の歌詞を融合させた新しい音楽として大きな影響を与えたアルバムです。

ジャケットには「ゆでめん」と書かれた看板が描かれているため、"ゆでめん”と呼ばれることもあります。

「敵タナトスを想起せよ!」「12月の雨の日」のほか、「春よ来い」「かくれんぼ」といった名曲が収録されています。

風街ろまん

2作目のアルバムとなる『風街ろまん』は、日本語ロックの金字塔ともいわれています。

1作目よりもさらに洗練された印象を受けるこの作品は、はっぴいえんどの最高傑作との呼び声も高いです。

収録曲のなかでも特に有名なのが「風をあつめて」という作品で、2020年には有名俳優がカバーしたものがCMで使われていました。

。はっぴいえんどを知らなくても、この曲のメロディーに聞き覚えのある方は多いのではないでしょうか。

HAPPY END

『HAPPY END』は、3作目のアルバムでありラストアルバムでもあります。

ロサンゼルスでレコーディングされたこの作品をプロデュースしたのは、作曲家やプロデューサーとして活躍しているヴァン・ダイク・パークスです。

「風来坊」をはじめとして、「氷雨月のスケッチ」「さよならアメリカ さよならニッポン」などが収録されています。

ライブ!! はっぴいえんど

『ライブ!! はっぴいえんど』は、1973年9月21日に行なわれた解散記念コンサート「CITY -Last Time Around -」の模様を収録した、唯一のライブアルバムです。

1972年12月にはすでに解散発表をしていましたが、その後の活動や関わりのあるアーティストを紹介する目的もあり、コンサートが開催されました。

本アルバムには、共演者であるココナツ・バンクや西岡恭蔵などの演奏も含まれています。

CITY

『CITY』は、これまでにリリースしたアルバム『はっぴいえんど』『風街ろまん』『HAPPY END』のなかから選ばれた名曲がそろっています。

未発表のテイクやライブ音源も収録された、まさにはっぴいえんどのベストアルバムです。

矢吹申彦が手がけたアートワークも話題になりました。

はっぴいえんどのレコードを売却する際のポイント

 はっぴいえんどのレコードを売却する際のポイント

はっぴいえんどのレコードの売却を考えている方は、以下の3つのポイントを必ず押さえておきましょう。

同じタイトルでも、レコードの保存状態や希少度によって買取金額は変わります。

保存状態の良し悪し

基本的にレコードは、保存状態の良し悪しで買取金額が大きく左右されます。

直射日光が当たらない、かつ通気性の良い場所で立てて保管しましょう。

直射日光が当たるとレコードが変色するおそれがあり、湿度が高いとカビが発生するおそれがあります。

重ねて置いていたり、ななめに立てかけていたりするとレコードが歪む場合があるため、注意してください。

レコードに付いている付属品の有無

レコードの付属品である帯や歌詞カード、盤を保護するための袋などがあるかを確認しておきましょう。

これらが残っていると、価値が高まりやすい傾向にあります。

特に、レコードに付いている帯は日本独自の文化です。海外で販売されているレコードには付いていないため、査定時に一緒に渡すことで買取金額アップが期待できます。

見本盤やサンプル盤では価値が高くなる

「見本盤」とは、販売前に宣伝用としてメディアに配られるレコードを指します。

一般ユーザーが簡単に入手できるものではなく流通量も少ないため、価値が高いとされています。

「サンプル盤」や「プロモ盤」と呼ばれることもあります。

自宅にあるレコードが見本盤かわからない場合は、盤面をよく観察してみましょう。

白黒印刷のラベルが貼られていたり、「サンプル」「見本」のような文字が印刷されていたりするものは、見本盤の可能性があります。

はっぴいえんどのレコードをお持ちの方はバイセルにお任せください

はっぴいえんどのレコードをお持ちの方のなかで「もう聴かないから置き場所に困っている」「処分してしまいたい」とお考えの方は、バイセルの利用をおすすめします。

バイセルでは、経験豊富な査定士が丁寧にレコードを査定します。

3つの買取方法があるので、自分に合った方法を選ぶとよいでしょう。

店頭買取

店頭買取は事前予約なしでもOKで、その日の予定に合わせて利用できます。

バイセルの店舗は駅から徒歩圏内に位置しているのも、利用しやすいポイントです。

プライバシー保護の観点から個室で対応するため、周囲を気にせずじっくりご相談いただけます。

出張買取

出張買取は、査定士がお客様の自宅へ伺って査定・買い取る方法です。

離島を除いた日本全国に出張してもらえるため、レコードの量が多い、もしくは店舗へ出向くのが面倒な方に向いています。

無理な買い取りを提案することはないため、買取金額に納得できない場合は断っていただいても問題ありません。

宅配買取

宅配買取は、申込後に送られてくる宅配キットにレコードを詰めて送るだけの方法です。

日中になかなか時間が取れない場合は、宅配買取を利用するとスムーズに査定が進みます。

レコードは非常にデリケートなため、梱包時は緩衝材を使って隙間ができないよう気を付けましょう。

おわりに

はっぴいえんどは、約3年という短い活動期間ではあったものの、洋楽のテイストと日本語の歌詞を融合した音楽を創りあげました。彼らの音楽は、今もなお高い評価を得ています。

レコードをお持ちの方は少しでも長く聞けるよう、丁寧に保管しましょう。高温多湿な場所での保管は禁物です。

もしレコードの売却をお考えなら、買取実績が豊富なバイセルを利用してみてはいかがでしょうか。

24時間365日、無料でご相談・お問い合わせを受け付けています。