いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

古着屋の着物買取は損をする?古い着物の処分方法は何が良い?

2023.11.21

着物買取 コラム
古着屋の着物買取は損をする?古い着物の処分方法は何が良い?

近年、国内外で中古着物の需要が高まっていることで、ひと昔前まで着物の買取を行っていなかった古着屋やリサイクルショップなども買取を行うようになりました。

そのため古い着物をただ処分するのではなく、買取に出そうと考える人も多くなっているのではないでしょうか。

しかし、適切な買取店を選んで着物を売らなければ、損をしてしまう事例もあります。

当コラムでは着物の買取で損をする理由について、また損しないためのおすすめ買取方法などをご紹介します。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

 

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

着物の買取方法は何がおすすめ?

古着屋やリサイクルショップで着物を売ると損をしてしまう?

着物の買取方法は、持ち込み買取の他にも宅配買取や出張買取という方法があります。

「近くに買取店があり、着物1枚を買取に出したい」という方には、持ち込み買取が気軽に利用できるので良いかもしれません。

しかし、一度に大量の着物を売りたい場合やそもそも近くに着物の持ち込み買取に対応しているお店がない場合は、宅配買取と出張買取の利用を検討した方が良いでしょう。

宅配買取について

宅配買取は買取業者から送られてきた宅配キット(段ボール・緩衝材等)に、査定を依頼したい着物を詰めて返送し、査定結果が出るまで待つといった買取方法です。

宅配でのやり取りなので、他人と会わずに自宅に居ながら利用できるのがメリットです。

また宅配キットは重さの制限がないため、段ボールに入るだけ着物を詰めることができます。

持ち込み買取だと現実的ではない「一度に大量の着物を売りたい」といった場合でも利用しやすいですね。

誰とも会わずに自宅にいながら査定を利用したい、対面だとキャンセルしづらい、という人にもおすすめの買取方法です。

出張買取について

出張買取は着物の専門知識をもつ査定士が、利用者の自宅を訪問し、その場で着物を査定・買取する方法です。

利用者は見てもらいたい着物をタンスやクローゼットから出しておくだけという最低限の準備で利用できるのがメリットです。

宅配買取は査定結果が出るまで時間がかかる場合もありますが、出張買取であればその場で査定結果が分かるため、価格に満足できれば即現金化してもらえます。

時間や手間をかけたくない人や、自宅に居ながら利用したい人、査定の様子も見たい人などにおすすめです。

古着屋やリサイクルショップで着物を売ると損をする?

「着物買取店」で着物を売却すると良い理由は?

古着屋・リサイクルショップなどでも着物を買い取ってもらえる店舗があります。

しかし、このような中古品買取店で着物を売ると損をしてしまうかもしれません。

なぜ損をしてしまうのか、その理由を説明していきます。

古着屋は買取相場が低めに設定されている?

着物の持ち込み対応をしている買取店は、テナント管理費や水道光熱費などの店舗運営費が毎月かかっています。

そのため、売上から店舗運営費を引いたうえで利益を確保しなければならないので、無店舗型に比べて買取価格が低く設定されている傾向にあります。

また買取店によっては、買い取った品物の再販経路が「店頭での販売」のみの場合も多いでしょう。

店頭で抱えられる在庫にも限度があるため、買取自体を断られてしまう場合や買取可能でも安価になってしまうケースが少なくないです。

重量で査定されてしまうことも

取り扱い品目の多い総合リサイクルショップでは、着物を単なる「衣類」として扱う店舗も少なくありません。

着物の重さを測り、重量のみで査定額を算出する重量査定を行っている場合が多々あります。

着物は著名な作家が仕立てたものや、有名な産地・ブランド品であれば価値が高いです。

しかし、重量査定の場合だとどんな着物であっても重さだけで価値を判断されてしまうので、非常に損してしまう事例もあります。

そのため大切な着物を売る際には、重量査定を行っているような買取店は避けることをおすすめします。

複数枚の着物の持ち込み買取は不便

「近くに中古品買取店があるからそこで着物を売ろうかな」とお考えの方もいるかと思います。

しかし、大量の着物の買取を検討している場合、たとえ近くにあったとしても着物を店舗へ持ち込むのは不向きと言えるでしょう。

サイズにもよりますが、着物1枚の重さは約1キロと言われています。

それを複数枚売るとなると、数キロ分の着物を中古品買取店に持っていかなければなりません。

仮に車を使ったとしても、車まで運ぶのも手間ですし、車に入れられる着物の量も制限されています。

また、家と店舗を往復することなどを考えれば、ガソリン代などもかかってくるので、手数料等がかからない宅配買取や出張買取よりも損してしまう可能性が高いです。

これらを踏まえたうえで一番おすすめしたい着物の売却方法は、着物のバイセルでの宅配買取や出張買取の利用です。