現在電話が繋がりにくい状態になっております。繋がりにくい場合は「0120-425-824」におかけください。

ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. 定期的なPCR検査を実施しております。
  8. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  9. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  10. 社内外での会食の禁止を徹底しております。

【たった1枚でかなり高額な金額も夢じゃない!】超プレミア価値のあるエラー切手!

【たった1枚でかなり高額な金額も夢じゃない!】超プレミア価値のあるエラー切手!
超プレミア価値のあるエラー切手

当記事でよくある質問

  • Q
  • 切手コレクションの中にエラー切手がいくつかありました。査定に出すといくらになりますか?

  • A
  • 目打ちや逆刷りなどエラーの種類などにより買取価格が変わります。一度拝見いたしますので、こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父からもらった切手のコレクションに海外の切手が大量にありました。価値ってありますか?

  • A
  • 毛沢東切手、赤猿切手などの中国切手は、コレクター需要が高くてプレミア価値があります。バイセルでは国内外の切手の査定実績が多数ございますので、切手買取ページをご覧ください。

その他、プレミア価値のあるエラー切手について詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

エラー切手はいわゆる「印刷ミス」した切手で、通常は発行時に除外される部類のものなので流通することはありませんが、何かしらの理由で世に出回ってしまったという珍品です。

日本をはじめ世界中で発行されている切手の印刷技術やチェック機能は昔とは比べ物にならない程進歩しました。

そのため滅多にお目にかかることはないエラー切手ですが、過去の歴史を辿ってみるとエラー切手はたびたび登場し、世間を賑わせてきました。

ここではそんなエラー切手の数々をご紹介します。

世の中にある様々なエラー切手の種類

エラー切手といっても、それぞれいろいろなエラーパターンがあります。

例えば逆さまに印刷された、色間違いで印刷された、目打ち(いわゆる切手にある切り取り線)がずれているなど、様々なパターンがあります。

これまでに発見されたエラー切手の中でも特に有名なエラー切手を見てみましょう。

目打ちにエラーのある切手

郵便創始75年15銭
戦後初期に発行された「郵便創始75年15銭」。余分な目打ちがついている。

切手の周りをギザギザで囲んだミシン目のような切り取り線を「目打ち」と呼びます。

使いやすさと利用促進を目的に目打ちをつけるようになった時代の切手には、目打ちの付け忘れやズレてしまった切手が多発していたようです。

日本には2つのエラー切手が有名です。

  • ・「第一次昭和30銭厳島神社切手」の無目打エラー
  • ・戦後初期の「郵便創始75年15銭」のエラー

海外には目打ちがずれている以下の切手が有名です。

  • ・アメリカの「アイゼンハワー切手」
  • ・アメリカの星条旗と最高裁20セント切手

用紙を本来の方向とは逆に刷ってしまった逆刷り切手

Inverted
通称「逆さまジェニー」と呼ばれる有名なエラー切手。2005年のオークションで未使用の4枚が270万ドルで落札された。(※1)

切手を印刷する際、専用紙を印刷機へ定められた方向とは逆にセットしてしまったために図案が逆転してしまった切手です。

高額なエラー切手として特に有名なのは「逆さまジェニー(Inverted Jenny)」(写真)と呼ばれる、1918年にアメリカで発行された24セント切手があります。

「カーティス・ジェニー」という複葉機が、印刷ミスにより上下逆さまにされてしまいました。現在約100枚存在(※2)しています。さらにこのエラー切手は、2005年にロバート・A・シーゲルのオークションで4枚綴りのものが270万ドル(当時の価格で約3億1000万円)で落札されました。(※3)

ちなみに通常の「カーティス・ジェニー」の切手はアメリカ初の航空便切手です。 やはり昔の、しかも現存数の少ないエラー切手はかなりの高額が付くようですね。


※1~3 引用元:Inverted Jenny(英語版ウィキペディア)

孫文の肖像画の逆刷りエラー

「逆さまジェニー」の他にも有名な逆刷りエラー切手は存在します。

中華民国で1941年に発行された切手で、辛亥革命の指導者である孫文の肖像画が誤って上下逆さまに印刷された珍品です。

2012年に香港でオークションに出品され、なんと552万香港ドル(約5600万円)で落札されました。(※4)

この落札額は中華民国の切手としては史上最高額ということで、当時香港だけでなく日本でも報道され話題になりました。


※4 引用元:孫文の切手2枚、5600万円で落札

日本の竜文切手の逆刷りエラー

日本においても、明治4年に発行された「竜文切手500文」の場合、周りの模様に対して“500文”の文字が逆さまに印刷された「竜文切手500文」(Augarten)が当時40枚印刷され、そのうち1枚だけ現存していることが判明しています。

これってエラーかも?見つけたら今すぐバイセルへお問合せ下さい!

バイセルは切手をお持ちのお客様を対象に全国を対象に古い切手など多数取り扱っております。

ご利用いただくお客様はリピーター様を始め切手コレクター様からも多数ご利用いただいており、価値の不明な切手がございましたらまずはお問合せ下さい。

お電話1本で切手に詳しい査定員がご自宅まで無料で訪問、その場でしっかり価値を見極めさせていただきます!

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

プレミア切手が多いのは中国切手!

赤猿切手、毛沢東切手、大パンダ切手、牡丹シリーズ切手などの中国切手にはプレミア価値と認知されています。

発行枚数が限られているため、1枚でもお持ちでしたら高額で買い取られる可能性が高いです。

目打ちや逆刷り切手よりも、こちらの方が自宅の切手アルバムに紛れていそうですよね。

以下のリンクには、赤猿切手とプレミア価値のある中国切手をご紹介しておりますのでご覧ください。

切手バナー
切手バナー
お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する