いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

ロレックスのブレスレットの種類を徹底解説!売却方法の選び方も紹介

2024.02.07

時計買取 コラム
ロレックスのブレスレットの種類を徹底解説!売却方法の選び方も紹介

ロレックスのブレスレットには、いくつかの種類が存在します。それぞれによって価値が異なるため、売却する際にも査定額が変動しやすいでしょう。

しかし、ロレックスのブレスレットについて理解している方は少ないでしょう。

そこで本記事では、ロレックスのブレスレットの種類や特徴、高く売却する方法などを解説します。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

ロレックスブレスレットの種類と特徴

ロレックスブレスレットの種類と特徴

高級時計として有名なロレックス。

ロレックスのこだわりは時計本体だけでなくブレスレットにも現れています。

ブレスレットの種類も定番の「オイスターブレスレット」から、現在では販売終了している「リベットブレスレット」まで幅広くあります。

では一体、こだわりが詰まったロレックスのブレスレットにはどんな種類や特徴があるのでしょうか。

ブレスレットを変えるだけでガラッと時計の雰囲気が変わるため、自分にあったブレスレットをぜひ見つけてみてください。

以下で、定番からアンティークまで9種類紹介していきたいと思います。

オイスターブレスレット:ロレックスの代表モデル

1930年代後半に発表された「オイスターブレスレット」。

オイスターブレスレットはロレックスの初期から存在している種類でもあるため、多くの人々に長く愛されておりロレックスの定番ブレスレットとなっています。

見た目 デザインはシンプルなため幅広いモデルに対応
堅牢性 非常に堅牢なつくりのうえ、快適な装着感もあり人気の種類
装着感 3つの大きなコマが連なっていて(3連リンク)、1つのコマが大きいためカジュアルでスポーティーな印象のブレスレット
素材 ステンレスやプラチナ、ゴールドなど幅広く、さらに強度も非常に高いため中古品でも状態のよいものが多いのが特徴
採用モデル サブマリーナやデイトナ、エクスプローラーなどのモデルに採用

ジュビリーブレスレット:デイトジャスト専用に考案

1945年、デイトジャスト発売に合わせて発表された「ジュビリーブレスレット」。

オイスターブレスレットに並び、ロレックスファンにはなじみ深い種類です。

見た目 中央の3列が鏡面仕上げになっているため高級感があり、オイスターブレスレットよりドレッシーな印象のブレスレット
堅牢性 多少オイスターブレスレットに劣るものの、その分圧倒的に快適なつけ心地が魅力
装着感 金属製の5連リンクで構成されていて中央に細かいコマがあるため、柔軟に曲がり腕にフィットしやすい形状
素材 ステンレスとゴールドの組み合わせ
採用モデル デイトジャストに採用されているブレスレット

オイスターフレックスブレスレット:ロレックス初のラバー素材

2015年に、ヨットマスターに取り付けられるブレスレットとして登場した「オイスターフレックスブレスレット」。

見た目 初のラバー(ゴム素材)が取り入れられたブレスレット
堅牢性 金属製のブレスレットに劣らない耐久性
装着感 付け心地も抜群に良く、その実用性の高さから交換用ベルトとしても人気が高い種類
素材 ラバー
採用モデル ヨットマスターやデイトナに採用されているブレスレット

パールマスターブレスレット:ジュエリーのような美しさ

1992年発売のパールマスターシリーズ専用のブレスレットとして登場した「パールマスターブレスレット」。

見た目 丸みを帯びた柔らかいシルエット
堅牢性 金属製の5連リンクで構成
装着感 柔らかい
素材 イエローゴールド、エバーローズゴールド、ホワイトゴールド
採用モデル デイトジャストやデイデイトに採用されているブレスレット

フリップロックブレスレット:スポーツ好きな男性におすすめ

サブマリーナやヨットマスターなどスポーツモデル全般に採用されている「フリップロックブレスレット」。

見た目 オイスターブレスレットと類似
堅牢性 堅牢なつくり
装着感 クラスプが2重にロックできるため外れにくく運動時には最適
素材 ステンレススチールやイエローゴールド
採用モデル サブマリーナやヨットマスター、シードゥエラーなど防水機能に優れたモデル

トリドールブレスレット:ゴールド使用の溢れる高級感

デイトジャスト専用に考案されたブレスレットである「トリドールブレスレット」。

見た目 最高級モデルのデイトジャストにふさわしい3種類のゴールドが使用された高級感のある仕様
堅牢性 3種類のゴールドで構成された3連リンクが特徴
装着感 エレガントで高級感溢れる印象のブレスレット
素材 素材は外側にホワイトゴールド、内側にホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドを使用
採用モデル デイトジャスト

ダミエールブレスレット:ロレックスのドレスウォッチ

チェリーニ専用に考案されたブレスレットである「ダミエールブレスレット」。

見た目 ドレスウォッチに特化した時計
堅牢性 耐久性に強い
装着感 しなやかな装着感
素材 イエローゴールド
採用モデル チェリーニ

リベットブレスレット:ヴィンテージファンからの根強い人気

ロレックスの古いモデルで採用されていた「リベットブレスレット」。

見た目 横からみるとリベットが見えるデザインになっているのが特徴
堅牢性 耐久性が高い
装着感 軽くて付け心地が良い
素材 ステンレス
採用モデル 昔のサブマリーナ

ロレックスのブレスレットの交換方法と費用

ロレックスのブレスレットの交換方法と費用

ロレックスのブレスレットの交換をするにはどのような方法があるのでしょうか。

また、その際にかかる費用はどのくらいなのでしょうか。

主に3つの方法があるので、以下で説明していきます。

  1. 自身で外して交換する
  2. 腕時計修理店に依頼する
  3. ロレックスの正規店に持ち込む

自身で外して交換する

ロレックスのブレスレットの交換は自身で行うことが出来ます。

100円均一でも売っている「バネ棒外し」という道具を用いて行います。

初めてでやり方が分からない方も、インターネットなどで「時計ベルト交換」などと調べるとやり方が出てくるのでその手順に沿って行いましょう。

自身で交換するため道具以外の費用がかからず費用を抑えることができるのがメリットです。

一方で、素人が行うと金属部分に傷をつけてしまう可能性があるため不安な方はプロに任せるのが安心でしょう。

メリット デメリット
すぐに交換できる 壊す可能性がある
コスパが良い プロに頼むと費用が高くなる
道具をそろえる必要がある

外す手順

外す手順は以下の通りです。

  • 1.リューズを上にして置く
  • 2.差し込み口の確認
  • 3.差し込み工具を挿入
  • 4.ベルトを外す
  • 5.ラグとストラップの好き枚工具を差し込む
  • 6.ベルトを外す

用意するモノは以下の通りです。

  1. バネ棒外し
  2. ピンセット
  3. 交換用の新しいベルト

外す際の注意点

ベルトを取り外したり、工具を使ったりする際に強く当ててしまうと、時計が傷つくかもしれません。

外す際は、慎重かつ丁寧におこないましょう。

腕時計修理店に依頼する

腕時計修理店に依頼する方法もあります。

腕時計修理店では修理だけでなく、ブレスレット交換も行っているところが多いです。

ロレックスなどの高級時計のブレスレット交換は傷がつかないようプロに任せるのが安心でしょう。

費用の相場は数千円〜高くても数万円ほどのようです。

時計のブランドやブレスレットの種類によっても費用は変わることがあるので、詳しくは最寄りの腕時計修理店などに問合せてみて下さい。

メリット デメリット
安心できる 費用が高くなる
工具を揃える必要がない
その場で質問ができる

ロレックスの正規店に持ち込む

ロレックスの時計を購入した正規店に持ち込むのも一つの方法です。

費用の相場はブレスレットの種類にもよりますが、数万円〜と比較的高くなってしまう可能性があります。

ただ正規店のため、他に依頼するよりも安心感があるのがメリットです。

「信頼できるところにお願いしたい」と思っているのであれば正規店に持ち込むことをおすすめします。

メリット デメリット
詳しい専門的なアドバイスを受けられる 手間がかかる
信頼できる 費用が高くなる

身につけなくなったロレックスのブレスレットの活用法

身につけなくなったロレックスのブレスレットの活用法

ブレスレットの交換をするにあたって、もともと付けていたブレスレットが残ってしまうと思います。

この交換時に残ってしまったブレスレットは一体どうすればいいのでしょうか。

主に2つの方法があるので、以下で説明していきます。

  1. コレクションとしてそのまま保管しておく
  2. 時計販売店に売却する

コレクションとしてそのまま保管しておく

人は時間が経つにつれ、好みのデザインが変化する可能性があります。

そのためブレスレットの交換理由が破損ではない場合は、好みのデザインが変わった際に元のブレスレットに戻せるように、コレクションとしてそのまま保管しておくのもいいでしょう。

        

時計買取店に売却する

ロレックスは有名な高級腕時計ブランドのため、ブレスレット単体でも需要があり中古市場でも高値が見込めます。

そのため、交換して残った古いブレスレットを時計買取店で売却し、新しいブレスレットの購入費用にあてるのがおすすめです。

ロレックスのブレスレットを高く売却する方法

ロレックスのブレスレットを高く売却する方法は、以下のとおりです。

  1. 買取前にコマ数や素材をチェックする
  2. 付属品を揃える
  3. 売るタイミングを見極める

買取前にコマ数や素材をチェックする

ロレックスのブレスレットを高く売るためには「コマ数」と「素材」が重要になってきます。

ロレックスのブレスレットのコマ数は基本的に13コマが多いですが、モデルによっては12コマだったり14コマのものもあります。

コマが全て揃っているかどうかで査定額は大きく変わります。

長い間使用していた時計の場合、付けていた本人も気付かないあいだにコマの一部が取れてしまっているなんてこともあるため、査定に持っていく前にお持ちの時計のコマ数を確認しておきましょう。

また、ブレスレットの素材も査定額に大きく影響します。

現在金相場高騰の影響などもあり、イエローゴールドなどゴールド素材のブレスレットは、ステンレス素材のものに比べて査定額は高くなりやすいでしょう。

付属品をすべて揃える

ロレックスのブレスレットを高く売却するには、付属品をすべて揃えることが不可欠です。

付属品には純正の箱・保証書・取扱説明書などが含まれます。

これらが揃っていると、商品の信頼性が向上し、買取価格もアップします。

とくにロレックスは高級時計であり、細部にまでこだわりが求められるはずです。

ブレスレットが純正であり、全ての付属品が整っていることで、買取業者は商品の品質や真正性を確認しやすくなります。

売るタイミングを見極める

タイミングを見極める理由は、流通量や為替市場の状況によって価格が変動するからです。

以下では、ロレックスの売るタイミングを見極めるポイントは解説します。

円安になったタイミング

円安傾向では、外国からの需要が高まり、買取価格が上昇する可能性があります。

為替相場の変動を把握し、円安が予測される時期に販売することで、より高い利益に期待できるはずです。

同時に、ブレスレットの付属品も注意深く揃えましょう。

純正の箱、保証書、取扱説明書が整っていることで、買取業者は商品の信頼性を高く評価し、買取価格にプラスの影響を与えます。

円安と付属品の整備は相まって、最適な売却タイミングでの取引をサポートします。

イベントシーズンやボーナスのタイミング

イベントシーズンやボーナス時期は人々の購買力が増し、需要が高まるため、買取価格が上昇する可能性があります。

タイミングを見極め、需要がピークに達する時期にブレスレットを売却することで、より有利な条件で取引が可能となります。

景気が上向きのタイミング

景気が好調な時期には高所得者層の購買力が増し、高級品への需要が高まります。

ただし、傾向として好景気のときや株価が高くなっているときに売ると高く買い取ってもらいやすくなります。

景気が上向きの時期に売却し、需要が高まる恩恵を受けることで、より有利な条件でブレスレットを買い取ってもらえるでしょう。

ロレックスのブレスレットを買取してもらうならバイセルへ

ロレックスのブレスレットの売却をお考えであれば、時計に詳しいバイセルに査定を依頼するのがおすすめです。

バイセルでは時計本体だけでなく、時計のコマなど部品の買取も積極的に行っています。

時計の専門知識を持った査定士がしっかりと査定し、金額をご提示させていただくので売却をお考えの方はぜひバイセルにお任せください。