エルメス「エブリン」のサイズ比較!歴代モデルの特徴や人気カラーも紹介

エルメス「エブリン」のサイズ比較!歴代モデルの特徴や人気カラーも紹介

「エブリン」はバッグ中央に配されたH型のパンチングが特徴的な、エルメスを代表するショルダーバッグです。

サイズやカラー展開が豊富で、用途に合わせて色や大きさを選べるのが魅力の一つです。

しかし購入を検討する方のなかには「どのサイズを選べばいいか悩む」「サイズが多くて違いがわからない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、エブリンのサイズ比較や人気のカラーを解説します。

本記事を参考に、ぜひ自分に合うサイズやカラーのエブリンを探してみてください。

お品物の状態が悪くてもOK ブランド品 買取強化中!

バイセルでは、下記ブランド品の買取を強化しております。
使っていないブランドバッグやポーチ・財布などございましたら、ぜひご相談ください!

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

エルメス「エブリン」とは

エルメスのエブリンは、1978年に誕生したショルダーバッグです。

エブリンは、もともと馬のブラッシング用品を持ち運ぶために考案されました。

特徴的なH型のパンチングは通気口の役割をもっており、湿気を逃して道具を傷めないよう工夫されています。

Hのパンチングを内側にするのが本来の持ち方ですが、現在はデザインの一部としてパンチングを外側にする方が多いようです。

40年以上の歴史のなかで、エブリンでは2回のリニューアルが行なわれました。

機能的で洗練されたデザインはすべての型に共通するものですが、細かい特徴は年式によって異なります。

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

エルメス「エブリンⅠ(アン)」

1978年に誕生したエブリンⅠ(アン)は、U字型のような形のバッグ本体にショルダーベルトのみが付いたシンプルなモデルです。

バッグ内部に仕切りはなく内ポケットが1つ付いており、大きなものはバッグ本体へ、小物は内ポケットへ入れるといった仕分けが可能です。

エルメス「エブリンⅡ(ドゥ)」

2006年にリニューアルされたエブリンⅡ(ドゥ)ではエブリンⅠにあった内ポケットがなくなり、外側に大きなポケットが付けられました。

よく使うものは外側のポケットに入れるなど、より実用的なつくりになっているところがポイントです。

エルメス「エブリンⅢ(トロワ)」

2014年にリニューアルされたエブリンⅢ(トロワ)では、ついにショルダーベルトの調節ができるようになりました。

エブリンⅡまでは調節できなかったため、身長や体格によっては使いづらい部分もあったのです。

ショルダーベルトが調節できるようになり、肩がけや斜めがけなど使い方の幅が広がっただけでなく、男女問わず幅広い人に使いやすくなったといえるでしょう。

エルメス「エブリン」のサイズ比較

エブリンはこれまでに5つのサイズが発売されています。

それぞれのサイズを以下の比較表にまとめました。

なお、現行のエブリンⅢではPMおよびGMの2種類のサイズ展開となります。

高さ マチ
TPM(アマゾーヌ 16) 18cm 16cm 5cm
PM 30cm 29cm 10cm
MM 32cm 30cm 10cm
GM 32cm 33cm 10cm
TGM 38cm 41cm 8cm

以下から、各サイズの特徴を具体的に解説します。

TPM(アマゾーヌ 16)

TPMはエブリンのなかで最も小ぶりで、高さ18cm×幅16cm×マチ5cmとなっています。

スマートフォンや財布、リップ、キーケースなど必要最低限の荷物が入るサイズで、近所への外出や旅行のサブバッグとしても活用できます。

マチが5cmなので容量は少なめですが、身軽に過ごしたい方にうれしいサイズといえるでしょう。

「ミニエブリン」とも呼ばれる小さなサイズ感のTPMは、フェミニンやカジュアルなどさまざまなコーディネートに合わせやすく、人気・希少性ともに高くなっています。

PM

PMは高さ30cm×幅29cm×マチ10cmで、普段使いに便利なサイズです。

スマートフォンや財布はもちろん、B5サイズや500mlのペットボトルも入ります。

大きすぎず小さすぎないサイズは女性が持ってもちょうどよく、実用面・ファッション面ともに使いやすいサイズといえるでしょう。

MM

MMは高さ32cm×幅30cm×マチ10cmで、PMとほぼ同じサイズです。

MMの方が高さ2cm、幅が1cm大きいものの、ひと目見るだけで区別するのは難しいでしょう。

こちらもPMと同じく普段使いに便利なサイズです。

GM

GMは高さ32cm×幅33cm×マチ10cmで、A4サイズも収納できます。

スマートフォンやペットボトル、雑誌など大きい荷物も十分に入るため、荷物が多い方にとっては便利なサイズといえます。

大きめサイズなので男性でも使いやすいものの、人によっては身幅に対してバッグが大きく扱いづらいと感じるかもしれません。

サイズ感が心配な方は、購入前に手持ちのバッグと比較してみてください。

TGM

TGMはエブリンシリーズで最も大きく、サイズは高さ38cm×幅41cm×マチ8cmです。

13インチ程度のノートパソコンも入るサイズで、荷物が多く収納力を求める方には便利なバッグといえるでしょう。

こちらも個人差はありますが、身幅に対してバッグが大きいと感じられる可能性があるため、購入前にサイズ感を確認することをおすすめします。

エルメス「エブリン」の人気カラー5選

 エルメス「エブリン」の人気カラー5選

エブリンは多彩なカラーバリエーションも魅力のひとつです。

ここでは、エブリンのなかでも人気の高い5色を紹介します。

エトゥープ

エトゥープは上品でやわらかい印象のグレージュカラーです。

グレーとブラウンの中間のような色合いはコーディネートに合わせやすく、オンオフ問わずさまざまなシーンで活用できるでしょう。

「黒や茶以外で使いやすい色が欲しい」「とにかく使いやすいカラーがいい」という方におすすめです。

ノワール

定番色のノワール(黒)は年齢や性別を問わずに使いやすく、初めてエブリンを購入する方にもおすすめです。

汚れが目立ちづらい点も魅力で、ビジネスやフォーマルのシーンにも重宝します。

オレンジ

エルメスのブランドカラーであるオレンジは、ビビッドな色合いながらも上品な印象で、派手になりすぎません。

定番色以外やエルメスらしい色を選びたい方に人気です。

ブルージーン

ブルージーンは、ほどよく色落ちしたデニムのようなブルーが魅力のカラーです。

カジュアルな印象の色合いはエルメスの代表的なブルーカラーとして人気ですが、現在は廃盤となっており、中古市場でしか流通していません。

ブルージーンカラーのエブリンをお探しの方は、中古で探してみましょう。

ベトン

ベトンは白に近いライトグレーのようなカラーです。

似ているカラーとして「クレ」もありますが、クレはアイボリー寄り、ベトンは薄いグレー寄りの色合いです。

フランス語で「コンクリート」を意味するベトンカラーは、上品で軽やかな印象を与えてくれるでしょう。

不要な「エブリン」は買取査定に出そう

 不要な「エブリン」は買取査定に出そう

上品なデザインと実用性が魅力のエブリンは中古市場でも人気が高く、高値で買い取りしてもらえる可能性があります。

自宅で使っていないエブリンがある方は、買取査定に出すことも検討してみてはいかがでしょうか。

査定に出す際のポイントは以下のとおりです。

  1. 箱などの付属品も一緒に査定してもらう
  2. 状態が良いうちに査定してもらう
  3. 知識や実績が豊富な買取店に相談する

ブランドバッグは、状態が良いほど高値での買い取りが期待できます。

自宅で長い間保管していると、経年劣化により変色やひび割れを起こしてしまうため、できるだけ状態が良いうちに買取依頼を検討しましょう。

また、コレクション目的で購入する方もいるため、箱などの付属品がそろっていると評価が上がる可能性があります。

査定してもらう際には、知識や実績が豊富な買取店に相談しましょう。

バイセルはエブリンの買取実績が豊富にあり、査定ポイントも細かいため査定価格に差が出ることも期待できます。

査定は無料ですので、どのような状態でもぜひ一度ご相談ください。

バイセルでは持ち込み買取も受付中!店舗一覧を確認する

おわりに

 

今回はエブリンのサイズや人気のカラーについて紹介しました。

エブリンはサイズによって用途や使い勝手が異なります。

素材やカラーバリエーションも豊富なため、目的や好みに合ったエブリンを探してみてください。

バイセルでは、状態が良くないバッグも無料で査定いたします。

ご自宅で使っていないエブリンをお持ちの方は、ぜひバイセルへの買取査定をご検討ください。