ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

5銭や5銭札の古銭買取の価値や気になる希少性は?

5銭や5銭札の古銭買取の価値や気になる希少性は?
古銭買取5銭

当記事でよくある質問

  • Q
  • 5銭硬貨や5銭札を持っています。いくらになりますか?

  • A
  • 保存状態により買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父から5銭硬貨を譲り受けました。価値ってありますか?

  • A
  • バイセルでは5銭硬貨をはじめ古銭や古い紙幣の査定実績が多数ございます。古銭買取ページをご覧ください。

その他、5銭や5銭札の価値と希少性について詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

5銭や5銭札と呼ばれる、現在の日本では既に流通していない古いお金があります。

古銭に興味をお持ちの方なら一度は見たことがある5銭ですが、価値ある古いお金ならば買取に出すのも良い方法かもしれませんね。

ここではそんな5銭や5銭札の古銭買取の価値や希少性についてみていきましょう。

5銭貨幣の価値

古銭の世界において5銭はコレクターの多くが持っている古銭の一つです。

そして、流通しなくなった今でも、「5銭硬貨や5銭札を見つけたけれどこれは価値あるの?」という声が聞かれます。

5銭には「5銭硬貨」と「5銭紙幣」という2種類に分類され、素材や図案の異なる5銭が多数存在しています。

これは近代日本での流通してきた年数が長いこともあり、これだけ発行されてきたのです。

それでは5銭にはどんな種類があるのか見ていきましょう。

5銭硬貨の種類と古銭買取の価値

5銭硬貨(5銭貨幣)は6種類の硬貨が発行されています。

買取価値に関しては状態での値段の幅が特に強い傾向がみられ、詳しい鑑定が必要となります。各種類の特徴を見ていきましょう。

5銭銀貨

5銭銀貨は「旭日竜5銭銀貨」「旭日大字5銭銀貨」「竜5銭銀貨」が発行されていいます。

5銭銀貨の発行年数は明治3年から明治13年までとなっており、発行枚数が少なく古銭買取での価値は高いです。

また、明治13年の竜5銭銀貨は発行数がわずか79枚という幻の銀貨です。

5銭白銅貨

5銭白銅貨は「菊5銭白銅貨」「稲5銭白銅貨」「大型5銭白銅貨」「小型5銭白銅貨」があり、明治22年から昭和7年まで発行されていました。

菊5銭白銅貨は簡単な図案であったために偽造が相次いだという5銭で図案が変更されました。

その後登場した大型5銭白銅貨と小型5銭白銅貨では硬貨の中心に穴が開けられました。

5銭ニッケル貨

昭和8年になると素材が白銅からニッケルに変更になった「5銭ニッケル貨」が登場します。

形状は同じく穴銭で昭和12年まで発行されました。

5銭アルミ青銅貨

昭和13年にはアルミと青銅が混合となった素材の貨幣が登場します。昭和15年まで発行されました。

5銭アルミ貨

戦争で硬貨の素材が不足したことを受け、アルミ素材の5銭が登場しました。昭和18年まで発行となっています。

5銭錫貨

「穴アキ5銭錫貨」「鳩5銭錫貨」という2種類が発行され、昭和19年から昭和21年の発行期間です。

これまで5銭には「大日本」と刻印されていましたが鳩5銭になり初めて「日本政府」の文字が登場しました。

希少価値の高い5銭をお持ちでしたらバイセルが高く買います

発行数が少ないことに加えて現存で古銭市場に出回っている5銭の状態がいずれも少ないため、綺麗な状態であれば高値の可能性も見込めます。

バイセルは全国を対象に古銭の豊富な買取実績を持っていますので、お電話1本で経験豊富な査定員が無料出張査定にお伺いいたします!

5銭を売りたい・5銭の価値を知りたいなどご用命の際は今すぐバイセルへご相談ください!

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。
   古銭バナー
古銭バナー

5銭札の種類と古銭買取の価値

5銭札(紙幣)は「い号券」「A号券」の2種類が発行されています。

買取価格に関しては5銭硬貨よりは下回る買取価値となっており、加えて劣悪な素材が使われていることもあり紙幣の状態があまりよくないものが多いです。

い5銭券

通称「楠公」と呼ばれ、図案に楠木正成という鎌倉時代に活躍した武将が馬に乗った勇ましい姿が描かれています。昭和19年から発行開始となりました。

A5銭券

通称「梅花」と呼ばれ、左側に漢字で「五銭」右側に梅の花が大きく描かれています。

昭和23年から発行され、戦後に登場したこの紙幣はい5銭券と印象が異なり、寸法も小さくなっています。

気になる5銭の希少性は?

5銭銀貨に該当する「旭日竜5銭銀貨」「稲5銭白銅貨」が5銭の中でトップクラスの希少価値があります。

それ以外の5銭硬貨ですと状態の良いものであれば、という買取業者の方が好まれる傾向が強いようです。

5銭や5銭札の古銭買取の価値や希少性:まとめ

古銭買取で高額買取される5銭の種類と買取価格には幅があります。

しかしながら初期に発行された5銭は流通期間も短いので、もし自宅に眠っている5銭が初期に発行されたものであるならば、あなたの予想を裏切る高値が実現するかもしれませんね。

鑑定には高い知識が必要とされますので、5銭をみつけたらまずは古銭買取を実施している専門店へ相談してみましょう。

   古銭バナー
古銭バナー

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。