ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

着物に合うメイクのコツと上品に仕上げるテクニック

着物に合うメイクのコツと上品に仕上げるテクニック
着物メイクのコツ

「着物に合うメイクって難しい」そんな風にお考えの方が多いようです。

普段の生活の中で着物ってそこまで着る機会もないから、と思うかもしれませんが、初詣や成人式、はたまた結婚式やお茶会、夏祭りなど・・・着物を着る機会というのは実は一年で何回もあります。

でも、別に年中着物を着るわけではないし、普通のメイクで良いのでは?と思うかもしれませんね。

メイクは普段のあなたのファッションの魅力を引き出す一つの方法。

ですから普段のメイクで着物を着用してしまうと、どうしても着物との釣り合いが取れなかったりするかもしれません。

着物を着用する時は着物に合うメイクを行うことで、魅力を損ねず上品さを演出することができます。

ここではそんな着物メイクのコツや上品に仕上げるテクニックを紹介します。

着物メイクで押さえるべきポイント3選

着物メイクを行う時は、まず下地となるうベースメイクをしっかり行っていきましょう。

着物を着る前ですから、どうしても普段と違うメイクなので違和感を感じるかもしれませんが、着物を着た時には違和感なく過ごせるでしょう。

下地作りでは普段よりも少し濃いめのファンデーションを使い立体感を出さないように注意してください。

以下、着物メイクで押さえるべきポイントをご紹介します。

お肌の下地作りはしっかりと

アイメイク

着物メイクで特に気をつけたいのがお肌の下地、いわゆるベースメイクに関してです。

普段使うファンデーションも肌色を抑えた白の映えるような、透明感を意識すると良いでしょう。

下地作りに注力することで、この後の着物メイクもやりやすくなります。

眉は「くっきり、はっきり」を目指そう!

眉はくっきり・はっきり

着物メイクの中で特に押さえておきたいのが眉で、普段のメイクのように立体的なメイクですと着物といまいちマッチしない印象になりがちです。

その代わり眉は「くっきり、はっきり」を意識して描くことで着物の似合う凛とした表情や雰囲気を出せるでしょう。

アイメイクと口紅をワンポイントで使う

アイメイク

上品な着物美人を目指すなら、アイメイクは強調しすぎないようにご注意を。

少し控えめなのでどうしても強調したいとお考えなら、アイシャドウは着物で使っている色味を入れると引き締め効果にも繋がります。

口紅は色味を明るめにしつつ、はっきりした印象を目指しましょう。

着物メイクは年齢ごとに大きく違う

年齢別着物メイク

着物メイクの基本はこれまでにお伝えした通りですが、着物メイクの基本を応用して各年代の着物メイクのコツをご紹介していきましょう。

年代によっても変わりますが、若い世代であれば上品さよりも可愛らしさを演出しつつ、年齢を重ねるごとに可愛らしさから上品さを演出していくと良いでしょう。

着物メイク:10代、20代編

明るい色味を使いすぎると重い印象になってしまうので少し押さえ気味で行うと良いでしょう。

ただしワンポイントで目元と口元は明るめでも問題はありません。

着物の色味も明るめのものが多いのでどうしても色を使いたい場合は目元と口元程度に納めると良いでしょう。

可愛らしさを意識しつつ大人っぽさも演出できます。

着物メイク:30代編

30代の着物メイクでまず知っておきたいこと、それは着用する着物の色です。

10代や20代で多くみられる明るめの着物は「独身女性」が着用しても良いとされる色合いです。

振袖が鮮やかなのはそういった理由もあり、年齢に沿った着物の選び方という点においては落ち着いた色合いの着物がベタ―でしょう。

その上でメイクに反映させるコツとしては、着物の色をワンポイントでメイクに取りいれましょう。アイメークで取りいれると良いです。

着物メイク:40代編

鮮やかな色合いよりも落ち着いた色合いが似合う年代ですから、着物メイクを重視するというよりも、「着用している着物が映えるようなメイク作り」を心がけていくと良いでしょう。

明るめの色を選んでしまうとメイクだけが着物と合わずに浮いた印象になってしまうので注意してください。

着物メイク:50代以降

50代の着物メイクのコツは使う色選びで、ローズやブラウン系の色をアイラインで使い上品さを演出しましょう。

メイクをする際に意識したいことは濃いめよりもブラシ等を使いふわっと付ける程度がベタ―です。こうすることでナチュラルな印象を演出できます。

着物メイクまとめ

着物メイクのポイント

着物メイクは普段のメイクとは違い、最初はなかなか慣れない部分も感じるかもしれません。

しかし着物メイクのコツやテクニックを覚えて活用することで着物の装いにさらに「上品さ」をプラスすることができるのです。

また、着物は汚れやすいので着物メイク行う前にはくれぐれも着物を着る前に行うことも忘れずに。着物メイクを取りいれて今まで以上に着物を楽しんでいきましょう!

着物バナー
着物バナー

着物買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。