ロレックスの保管方法を徹底解説!気を付けるべき点やお手入れの仕方は?

2024.06.18

時計買取 コラム
ロレックスの保管方法を徹底解説!気を付けるべき点やお手入れの仕方は?

一生ものと言われるロレックスを手にしたのなら、保管方法に気を付けて、より綺麗な状態を保ちたいですよね。

ロレックスは耐久性・耐蝕性の高い腕時計ではありますが、保管方法に気を使うことで、さらに劣化を防ぐことができるでしょう。

ロレックスの保管方法と保管時に気を付けるべき点、お手入れの仕方を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

ロレックスの保管方法

ロレックスの保管方法

ロレックスは主に腕に装着することでゼンマイが巻かれる自動巻き式なので、しまっておくよりも毎日身に着けることが推奨されています。

ロレックスを頻繁に付けるという方は、深く考えずに取り出しやすい場所に置いているかもしれませんね。

正しく保管せずにいると、劣化を進めやすくしてしまっている恐れがあります。

ロレックスに適した保管方法を解説するので、毎日着ける方も保管しておく期間が長い方も参考にしてみてください。

専用ケースに入れる

ロレックスをしまう際には専用ケースに入れます。

新品購入時などに付いてくる専用箱が手元にないという場合は、時計保管ケースを用意しましょう。

ロレックスは、ケースに入れて保管することで、傷や変色、ホコリから守ることができます。

直射日光や湿気、磁気を避ける

ケースに入れたロレックスは、直射日光や湿気、磁気を避けて保管しましょう。

直射日光は時計の変色を進める恐れがあり、光を通さないロレックスの専用箱だとしても箱自体が日焼けすることもあります。

また、湿気がある場所に時計を置いておくと、ケースの中がくもったり内部パーツが錆びる恐れがあります。

さらに、磁気もロレックスをはじめとする腕時計の天敵です。

磁気を発するものの近くに置いておくと、時計の内部機構に影響を与え、遅れや進みの原因になります。

ロレックスは、パソコンやテレビ、スマートフォンなどに近づけて置いておかないようにしましょう。

ロレックスの保管時に気を付けるべき点

ロレックスの保管時に気を付けるべき点

ロレックスの保管時に気を付けるべき点として、基本的なことですが落ちたら傷ついてしまうので高い場所には置かないようにします。

また、防虫剤の成分が時計内のオイルの劣化を早める恐れがあるので、クローゼット内での保管もあまりおすすめできません。

さらに、自動で巻き上げてくれるワインディングマシーンの必要性については賛否がありますが、部品の消耗を早めてしまうことがあるので使用せずに保管するのが良いでしょう。

ロレックスのお手入れ

ロレックスのお手入れ

ロレックスの時計は、高度な技術と高品質な素材から作られているため、毎日のお手入れはあまり必要とされていません。

気が付いたときにマイクロファイバークロスで吹き上げる程度で良いでしょう。

また、防水性の高いロレックスは、ケースと金属製ブレスレットを洗うことができます。

こちらもまた気になったときに、中性洗剤を薄めた水と柔らかいブラシで優しく洗いましょう。

ロレックスでは頻繁なオーバーホールは必要なく、10年以内に受けることを推奨しています。

オーバーホールでは部品を完全に分解し、洗浄・点検を行います。

ロレックスの時計をより長く愛用したい人は、時期が来たらオーバーホールを受けましょう。