いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

掛け軸にはどんな種類があるの?掛け軸の選び方と図柄の意味まとめ

掛け軸にはどんな種類があるの?掛け軸の選び方と図柄の意味まとめ

床の間に掛け軸を飾りたいけれど、難しくて何を基準に選べば良いか分からないという方は多いと思います。

掛け軸は好きな図柄を掛けて楽しんだり、華やかな雰囲気でお客様をおもてなしするという意味では絵画と同じです。

ただし、飾る目的や場所によって種類や形式、絵柄が異なる場合があります。

本記事では掛け軸を飾りたい人のためにあると便利な基本的な知識をご紹介します。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

掛け軸とは

掛け軸とは

掛け軸は、その昔中国から日本に伝わってきました。

当時は飾って楽しむものではなく、掛けて拝むものとして使用されていました。

昔の掛け軸は仏様が描かれたものが多かったのですが、次第に季節の花や鳥を描いた美しい水墨画などの掛け軸が人気となり、今では季節を表し部屋を彩るための装飾品として親しまれるようになりました。

掛け軸には、部屋のコンセプトや飾った人のポリシーなどが込められており、お客様をおもてなしするという意味を込めて客間を装飾しています。

掛け軸の部位の名前

掛け軸には様々な部位があります。

仕立て方(表装)によって、構成されている部位が異なります。

これから掛け軸を飾るにあたり、最低限知っておくと購入に役立つことでしょう。



軸紐

軸紐(じくひも)とは、掛軸を引っかけたるための紐。紐を床柱側に寄せて引っかけます。



本紙

本紙は、掛け軸本体の書画が書かれている紙のことです。

本紙の形が縦長なら「竪物」、横長なら「横物」と呼ばれています。

なお、掛け軸に用いる素材は絹、絖(ぬめ)、紙があります。



天地

天地(てんち)とは中廻し(ちゅうまわし)の裂地(きれじ)のさらに、上下に付いている裂地の部分です。

上側を「天」、下側を「地」と言います。



耳は、掛軸の側面の余白です。

裂地のほつれを防いだり掛け軸の強度を保つために存在します。



中廻(ちゅうまわし)

掛け軸の本紙と一文字を囲む上下の部分を中廻し(ちゅうまわし)といいます。

中廻しは掛け軸全体の印象を大きく左右する部分でもあり、四季に合わせた色合いや作品のイメージに合わせた柄を選びます。



一文字

一文字は、掛け軸の本紙の上と下に貼ってある幅の狭い裂(きれ)のことです。

本紙との取り合わせで最も重要な部分であり、金襴が多く使われています。

上の一文字は下の倍の幅があります。



風帯

風帯(ふうたい)は、掛け軸の天の部分に下げた帯のことです。

中国では「払燕」と呼ばれており、帯の動きで燕を追い払い掛け軸を汚れから守る役割をしていました。



鐶(かん)は、掛け軸を掛けるための掛緒をとめる金具です。

丸く曲げた釘先を輪にして止めた「江戸鐶」と、曲げた釘をそのまま伸ばして二本にした「足摺鐶」の二種類があります。



啄木

啄木(たくぼく)とは、掛け軸の上部に打ち付けられた環に結び付けられている掛緒と、掛け軸をしまう時に使う紐のことを巻緒のことです。

掛緒と巻緒に使われている糸の色はまだら模様になっており、この模様がキツツキのついた跡に似ていることから、啄木と呼ばれるようになりました。



軸は、軸木の左右についている円形の部分をいいます。軸には象牙や陶器、水晶、竹などの素材が用いられます。



軸棒

軸棒(じくぼう)とは掛け軸の一番下についている棒で、掛け軸を巻いたときに芯となる部分です。

掛け軸に仕立てられた状態では、天地の裂地と裏の和紙とで巻き込まれいて見えないようになっています。



軸先

軸先(じくさき)とは、軸棒の先に付いている取っ手です。

掛け軸を収納する際には、軸先を持って巻きます。

軸先ではない部分を持って巻いてしまうと、他の部位に力が加わってしまい、掛け軸を消耗させてしまいます。

掛け軸の形式

掛け軸の形

掛け軸には「表装(ひょうそう)」と呼ばれる、掛け軸の種類ごとに相応しい額縁のようなものが存在します。

表装は屏風、巻物、画帖などにも使われ、作品の題材や本紙の大きさによって変えます。

掛け軸の表装には、日本独自に作られた「大和表装」と中国から伝来した「文人表装」があります。

ここでは表装の種類を簡単にご紹介します。

大和表装

大和表装には真、行、草の三つで構成され、掛け軸の形式で一番多く使われています。

真は「楷書」、行は「行書」、草は「草書」を表しており、「真」に行くほど格が高くなります。



真は、仏画や礼拝用の書画に最も使用されている形式で、希少な作品などにもこの表装形式が使用されます。

大和表装の中で最も格式の高い表装形態といわれており、真の中でも「真の真」、「真の行」、「真の草」の三種類があります。

また、真は、一文字と一文字回しの有無で格式が変わります。

真の真には、一文字廻しに筋廻しが二重に施されており、そこから一文字回しをなくしたものが真の行、真の草となります。



行は、大和表装の中で一般的な表装です。

「三段表装」とも呼ばれ、花鳥画や山水画などの仏具以外ならどんな作品にも使用できます。

また、「行の真」が最も格式が高く、行の行、行の草と格式が変わります。

行の真は神社や神宮に使用されることが多く、行の草はあまり見かけることがありません。



草は、通称「茶掛け」と呼ばれる表装で、茶道の席で茶人や禅僧が書いた書や画に用いられます。

柱が非常に狭いことが特徴です。

過美を避けるため一文字が本紙を廻る形式はなく、「草の行」と「草の草」の二種類のみです。




文人表装

文人表装は、中国王朝時代に流行した表装形式です。

江戸時代には多くの文人画風の絵画が描かれていたため、それに伴って文人表装も流行しました。

書と絵の両方に用いられますが、漢文や漢詩、南画などには「丸表装」と「明朝表装」で仕立てられます。

丸表装とは、同じ裂地を全体にぐるりと廻したものです。最もポピュラーな様式で、比較的安価で手に入ります。

明朝表装も一緒で、同じ烈地で全体をぐるっと廻し、「明朝」という細い縁で両サイドを囲ったものです。

掛け軸の種類

掛け軸の種類➀床掛け

掛け軸は、どこに飾るのかによって選ぶ種類が異なります。

掛け軸には床掛け用と仏壇用があり、絵柄とサイズなどに特徴があります。

また、床の間用と仏壇用どちらにも、紐で引っかける固定型とテーブルなどに置ける置き型があります。

部屋のインテリアにも馴染むようにモダンな仏壇もあるので、伝統的な固定型の掛け軸ではなく、アクリルガラスで守られた置き型の掛け軸を選ぶ人も増えているようです。

ここでは部屋に合わせた掛け軸を選ぶ際に知っておきたい、掛け軸の種類と特徴をご紹介します。

床掛け用

床の間に掛ける掛け軸のことを、「床掛け」といいます。

掛け軸のサイズは、床の間のサイズに合わせて選ぶのが一般的です。

最も標準的なサイズは「尺五」といわれるサイズで、横幅が54.5cm、縦が190cmあります。

それよりも少し幅が小さいものが「尺三」、広いものを「尺八」を言われています。

掛け軸の幅は、床の間の横幅の3分の1だと美しいと言われていますので、ご自宅の床の間のサイズに合わせて決めましょう。

季節の掛け軸

●春「桃・梅・桜・鶯」

春物を掛ける時期は、1月〜4月が目安です。

最も早く咲く梅は、鶯とセットで描かれていることが多く、華やかな春の訪れを待ちわびるような図柄です。

また、日本の代表的な春の花である桜や、3月の桃の節句に合わせた桃の図柄も春らしく人気があります。



●夏「朝顔、紫陽花、川蝉、金魚、滝や清流」

夏物を掛ける時期は、4月〜8月のお盆前までが目安です。

涼しさを表現する花や鳥を中心に、青を基調として描かれているものが多いです。

川蝉は、大願成就の願いが込められた図柄で、夏の縁起物として人気があります。

また、浴衣の図柄によく利用される朝顔や金魚も、涼しげで夏らしい印象です。



●秋「栗、柿、紅葉、落ち葉、秋桜」

秋物を掛ける時期は、8月のお盆過ぎから11月までが目安です。

秋は朱色に染まる紅葉や山景色が好まれており、日本らしい美しさが1年を通して人気が高いです。

また、晩秋の風物詩として人気が高い掛け軸は、柿と小鳥の図柄です。

日本の一年で最も美しいと言われる秋の景色を掛け軸を通して楽しんでください。



●冬「水仙、椿、牡丹、菊、南天、紅白梅」

冬物を掛ける時期は、12月から2月の立春までが目安です。

南天は厄除けの意味もあり、人気の高い図柄です。

日本の厳しい冬でも見事に花を咲かせる梅は、大願成就につながると言われており縁起のいい図柄です。



年中掛けられる掛け軸

●縁起物(猛虎・龍など)

家内安全や魔除けの意味を持つ虎や、出世の意味を持つ龍など、縁起の良いものとして選ばれている図柄をモチーフにした掛け軸は、季節に関係なく年中掛けておけます。



●彩色山水

最小限の色で美しい風景画が描かれている掛け軸です。

四季を選ばず年中掛けておけます。



茶室で好まれる掛け軸

茶室に掛ける掛け軸で人気が高いのは「書」の掛け軸です。

茶室において、掛け軸は、主人が客人をもてなす気持ちを表現したものです。

掛け軸に書かれた言葉は、茶席では非常に重要な意味があります。

一期一会、日々是々、不動心などの文字があります。

仏壇用

仏壇用の掛け軸には、仏像を祀る役割があります。

仏壇の中央に御本尊と、その両脇に「脇掛け」という掛け軸の3本を安置します。

御本尊とは仏教系の各寺院や信徒の仏壇などで重要視される信仰対象です。

宗派には曹洞宗(そうとうしゅう)、天台宗(てんだい)、真言宗(しんごん)、日蓮宗、浄土宗、浄土真宗本願寺派などがあります。

また、仏壇に祀る御本尊は、仏像か掛け軸かのどちらでも構いません。

御本尊の対象が仏像の場合、その両脇に祀る祖師像を「脇侍(わきじ)」と呼びます。

御本尊と両脇掛の組み合わせも宗派ごとに異なるので、自分の宗派がどこなのかを確認しておきましょう。

仏壇用の掛け軸は、仏像と同じ役割を持っているので、祀る前には開眼供養を、処分の際には閉眼供養をしましょう。

まとめ

掛け軸は、掛ける場所と内容によって様々な表装があります。

ただし、お茶の席だけは特別なルールがあり、決まった表装形式の掛け軸が使用されるため注意が必要です。

仏具として使用される掛け軸も格式の高いものが多く、信仰によって表装形式が様々です。

そのため、お茶の席や仏具を使用する際には、あらかじめ下調べをし、シチュエーションにあった掛け軸を掛けるようにしましょう。