ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

丸帯買取

丸帯買取
 

丸帯とは?値段の相場や高値で買取される名品が多い理由を解説!

当記事でよくある質問

  • Q
  • 結婚式につけた丸帯が見つかりました。売ったらいくらになりますか?

  • A
  • 保存状態や帯の長さにより買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖母からアンティーク品の丸帯を譲り受けました。価値ってありますか?

  • A
  • きれいな状態で保管している丸帯は高値が見込めます。 バイセルでは丸帯をはじめ礼装用の帯の査定実績が多数ございます。着物買取ページへお進みください。

その他、丸帯の買取相場の傾向と価値の高い名品が多い理由を詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

丸帯とは

丸帯は帯の中でも礼装用に使われてきた長い歴史があります。

丸帯は全面に「有職(ゆうそく)文様」や「吉祥(きっしょう)文様」「鳳凰(ほうおう)」や「鶴」など、縁起が良くて格調高い柄が散りばめられているのが特徴です。

格調高い柄に加えて、4mもの長さがある丸帯は晴れの舞台でも格段に目立ちます。

昭和に入ってからは丸帯の代わりに長さが短くて軽い袋帯が使われるようになり、アンティークとして好まれるようになった丸帯は希少価値が高い代物です。

丸帯と袋帯の違いとは

丸帯と袋帯には大きく分けて、以下の4つの違いがあります。


・歴史の違い

・形の違い

・着用場面の違い

・価格の違い


それぞれの違いを確認してみましょう。

歴史の違い

江戸時代中期に誕生したのが丸帯です。さまざまな場面で着用され、華やかな刺繍や生地で価格や位がわかるようになっていました。

しかし、戦後物資が少ない中では装飾品が多く施される丸帯は廃れていき、丸帯に代わり誕生したのが袋帯です。

形の違い

丸帯は帯両面に刺繍や織りが施されていますが、袋帯は片面だけに作られています。

この違いが生まれた理由として、戦後の物資が少ない時期に、煌びやかな装飾を控えた袋帯が普及したことにあります。

着用場面の違い

丸帯も袋帯も今でも着物と一緒に使われていますが、着用場面は少し異なってきます。

装飾や刺繍が施されている丸帯は、婚礼衣装や舞妓衣装などに使用します。一方、袋帯はパーティーや入卒学式などフォーマルな場所にも着ていくことができます。

丸帯だった帯を2枚に分け、袋帯として使用すること多く、場面に合った着こなしが求められます。

価格の違い

華やかな装飾が特徴的な丸帯は価格の高いものが多く、袋帯が出回り始めた際には価格に大きな差がありました。

しかし、現在の価格は袋帯でも装飾や刺繍が入り高価な帯も出回っているため、帯によっては袋帯でも丸帯より高価なものが多く作られています。

丸帯は礼装用として着用されるフォーマルな帯

丸帯は最も格が高い帯であり、他の帯よりも華やかさや品の高さが格段に際立ちます。

昔は親が締めた丸帯を娘が結婚するときに受け継ぐ風習がありました。

今となっては着用や手入れに手間のかかる丸帯は袋帯にとって代われ、娘に結婚式で華やかな丸帯をつけて欲しいという親の願いは薄れています。

丸帯は格が高いため結婚式などにしか利用機会がなく、箪笥から出さなくなりやすいです。

そのため、使わなくなってしまった丸帯は買取に出した方が良いでしょう。

現在はアンティークとして人気の丸帯ですが、きれいな状態で残っている丸帯は珍しいです。

箪笥に眠っている丸帯の保存状態が悪くならないうちに、バイセルへ買取に出してみませんか。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。

気になる丸帯の買取相場と
逸品について

丸帯を買取に出す前に知っておきたい、買取相場と価値の高い名品をご紹介します。

丸帯の買取相場は全体的に数万円~数十万円と高い傾向にあり、ブランドや作家によっては買取相場よりも高くなる可能性が期待できるでしょう。

例えば、作家なら龍村平蔵菱屋善兵衛、メーカーなら川島織物、白綾苑大庭(はくりょうえんおおば)、博多織、西陣織などが挙げられます。

ただし、丸帯は保存状態、色、加工の仕方によっても買取相場が違います。

丸帯の買取価格がいくらかは、着物の専門買取業者に相談するのが確実です。

自宅に眠ったままの価値のわからない丸帯がありましたら一度相談してみると良いでしょう。

着物バナー
着物バナー

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。