いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-542-668

クイーンのレコード買取価格はいくら?高価買取してもらうためのポイントも解説!

2022.03.16

レコード買取
クイーンのレコード買取価格はいくら?高価買取してもらうためのポイントも解説!

クイーンは、イギリス・ロンドン出身の4人組ロックバンドです。

日本でも絶大な人気があるため、名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

クイーンはロック界の大御所に位置付けられており、音楽作品の総売上は1億枚以上ともいわれています。

そこで今回は、クイーンのレコードの買取価格や、高額買取につながるポイントについて詳しく解説します。

「家の倉庫にクイーンのレコードが眠っている」「クイーンのレコードを手放したい」と考えている人は、ぜひ参考にしてください。

クイーンはどのようなグループ?

 クイーンはどのようなグループ?

ロンドン出身のクイーンは、どのように始まったバンドなのでしょうか。

ここでは、クイーンのデビューから現在までの足跡を紹介します。

クイーンの始まりは「スマイル」から

ロック界に多大な影響を与えたクイーンですが、ドラマーのロジャー・テイラーとギタリストのブライアン・メイの2人が結成した「スマイル」というバンドが始まりでした。

スマイルは一度デビューを果たしましたが、すぐに解散してしまいます。

その後、ヴォーカルのフレディ・マーキュリーとベーシストのジョン・ディーコンを加え、バンド名を「クイーン」に改名し、1973年に再度デビューを果たします。

1975年クイーンの黄金期

1975年に4作目として発表された「オペラ座の夜」では、待望の全英1位を記録しました。

その後はヒット曲を連発し、世界のロック界の頂点へと駆け上がっていきます。

1975年から10年の間に来日した回数は6回と、親日家の顔も垣間見られるクイーン。

当時の日本にクイーンブームが巻き起こっていたのは、いうまでもありません。

1991年ヴォーカルのフレディ・マーキュリー死去

ヴォーカルのフレディ・マーキュリーは、1991年にHIVによる免疫不全が原因で死去しました。

その後もバンド活動は続き、2012年からはギターのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーの2人に、新たなヴォーカルとしてアダム・ランバートが参加しています。

そして、「クイーン+アダム・ランバート」としてパフォーマンスを行なっています。

クイーンの代表的な曲

 クイーンの代表的な曲

ここでは、クイーンの代表曲 を紹介します。日本人にも馴染み深い名曲を集めてみました。

ボヘミアン・ラプソディ

1975年に発売。4作目のアルバム「オペラ座の夜」に収録され、全英シングルチャートで9週にわたって1位を獲得した、クイーンのなかでも代表的な楽曲です。

ウィ・ウィル・ロック・ユー

格闘技界やコマーシャルでも使用されることが多い、独特のリズムを持った楽曲です。

1度耳にすると忘れられない曲調から、クイーンファンに限らず、世界中の人の心をつかんで離さない名曲だといえるでしょう。

キラー・クイーン

デビュー翌年の1974年にリリースされた楽曲です。

イギリスのチャートでは2位、そしてアメリカのチャートで12位を記録し、クイーンの名を世界に轟かせたとされる曲の一つです。

ボーン・トゥ・ラヴ・ユー

1985年に発表された楽曲で、日本ではアルコール飲料や食品など、多くのテレビコマーシャルで流されました。

クイーンをあまり知らない人でも、1度は聞いたことがあるメロディーではないでしょうか。

愛にすべてを

1976年にリリースしたアルバム「華麗なるレース」に収録されている曲です。

2018年に公開された映画「ボヘミアン・ラプソディ」のなかでも使用されており、映画ファンからも高い評判を得ています。

ドント・ストップ・ミー・ナウ

1978年にリリースされ、全英シングルチャートで9位を記録した、爽快感のあるメロディーが印象的な一曲です。

リリース当初は伸び悩んだ時期もありましたが、コマーシャルや映画で使用されることが増えると徐々に人気が出始めます。

2018年の全英ロック&メタルシングルチャートでは1位を獲得し、クイーンの代表楽曲といわれるまでになりました

クイーンのレコード買取相場

クイーンのレコードの買取相場は数百円~数万円程度 と、楽曲によって開きがあります。

安価だと感じる方もいるかもしれませんが、複数枚まとめて売りに出すと高値がつく可能性はあるでしょう。

また、シリアルナンバー入りや限定品の場合、その希少価値から価格が上がるかもしれません。

日本盤では帯が付いていると多少価値が高くなる ため、売却前に確認しておくとよいでしょう。

買取価格を左右するポイント

それでは、レコードの買取価格はどのように決まるのでしょうか。

ここでは、買取価格を左右するポイントについて解説します。

保存状態が良いもの

レコード本体は、見た目・盤面のキズ・針飛びなどの状態が買取価格に反映されます。

そして、ジャケットでチェックされるポイントは、折れ・汚れ・黄ばみ・カビなどの有無です。

保存環境に気を遣うことはもちろん、査定に出す前にクリーニングすることも重要だといえるでしょう。

付属品がそろっているもの

買取価格のアップには、付属品がそろっていることも欠かせません。

特に、そのレコードにしか付いていない特典や帯がきれいな状態で付属されていると、査定価格が大きく上がりやすくなります。

なかでも国内盤レコードの場合は、帯の有無が査定価格に大きな影響をおよぼします。

帯があるレコードであれば、高額買取も期待できるでしょう。

クイーンのレコードをより高価買取してもらうなら専門店で

クイーンのレコードを高額で買い取ってもらうためには、レコードの知識が豊富で、しっかりと査定ができる買取専門店の利用がおすすめです。

専門店はプロが査定するため、レコードの価値を公正に判断してくれます。

より高値での買い取りを期待できるでしょう。

オークションサイトなどでの出品も一つの方法ですが、自分で価格設定ができる反面、売れるまでに時間がかかりやすいのが難点です。

適正価格が把握できないまま出品することで、本来の価値よりも安い値段で売ってしまうという懸念もあります。

また、出品からトラブル対応まで、すべての業務を自分で行なわなければなりません。

上記のようなデメリットを避けるためにも、レコードの売却は専門店に任せることをおすすめします。

複数枚のレコードを所有している場合は、なるべくまとめて査定に出しましょう。

おわりに

クイーンは、現在でも人気があるロックバンドです。

世界中には多くのレコードが流通しているため、プレミア価格での買い取りは難しいかもしれません。

しかしながら、根強い人気があるバンドのため、レコードの需要があるのも事実です。

状態が良く、人気の楽曲レコードであれば高値がつく可能性もあるでしょう。

今回紹介したポイントを踏まえて買取店を探してみてください。

一般的なリサイクルショップでは、レコードの買い取りを実施していない場合もあるため、専門店を利用するのが確実です。

「近くにレコード専門店がない」という場合には、発送システムを採用している宅配買取サービスなどの利用も視野に入れてみると良いかもしれません。