ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

切手の換金方法とは?不要な切手や未使用切手の返金や払い戻しはできる?

切手の換金方法とは?不要な切手や未使用切手の返金や払い戻しはできる?
未使用の切手は郵便局で買い取ってくれる?

未使用の切手が大量に余っていて、処分にお困りではないでしょうか?

未使用の切手は郵便局に出せば、他の額面の切手やハガキなどに交換をしてくれますし、買取業者に出せば換金してくれます。

そこでここでは、未使用の切手の処分方法について、郵便局で交換の方法や、買取業者を使っての切手の買取方法についてご紹介をします。

また、切手を買取に出す際の注意点についてもお伝えをしますので、切手の処分にお困りの方は参考にしていただければと思います。

未使用の切手は郵便局で買い取りや払い戻し・換金はできないが交換は可能!

郵便局では、未使用切手の払い戻し・換金はできませんが、手数料を払えば他の切手やはがきなどに交換してもらえます。

切手の交換例について、具体的に見ていきましょう。

はがきに交換

切手で交換できるはがきには、通常はがきのほか、絵入りはがきやインクジェット紙のはがき、くぼみ入りはがきなどがあります。

ただし、場合によっては、はがきへの交換ができません。

例えば、52円の切手で52円のはがき1枚に交換可能できますが、くじ引番号付き郵便はがきには交換できないため、ご注意ください。

切手をはがきに交換する場合は、はがき1枚につき現金で5円の手数料がかかります。

なお、往復はがきにも交換可能です、手数料は10円かかりますが、52円の切手2枚で往復はがき1枚に交換できます。

切手バナー
切手バナー

郵便書簡に交換

郵便書簡とは封筒兼用の便せんで、はがきの3倍ほど書くスペースがあるため、短めの手紙を送る際に適しています。

郵便書簡は1枚62円なので、例えば52円の切手1枚と10円の切手1枚などと交換が可能です。

切手を郵便書簡に交換する場合は、郵便書簡1枚につき10円の手数料が発生します。

特定封筒と交換

特定封筒とは、レターパック封筒やスマートレター封筒のことで、信書も送れる点が特徴です。

レターパック封筒とは、4キロ以内のものを、全国一律料金かつ追跡サービス付きで送れる封筒のことです。

郵送料金は以下のとおりです。

レターパック使用ケース代金
厚さ3センチまでで、郵便受けに投函してもらいたい場合360円
厚さ3センチ以上で、対面で配送してもらいたい場合510円

もう一つの特定封筒であるスマートレター封筒とは、A5サイズで、厚さ2センチ・1キロまでのものを全国一律料金で送れる封筒です。

例えば、360円のレターパックを切手と交換する場合は、52円の切手7枚が必要です。

切手をレターパックと交換する際には、お釣りがもらえないので、ご注意ください。

なお、切手を特定封筒に交換する場合は手数料が41円かかります。

切手を無料で交換できる場合

親戚の不幸などによって年賀切手を使わなくなった場合などは、年賀切手を通常切手や弔事用の切手に手数料無料で交換できます。

また、くじ引番号付き郵便はがき以外のはがきや郵便書簡、特定封筒にも手数料無料で交換可能です。

切手の換金方法の種類

切手の換金方法の種類

郵便局では、切手の交換には応じてもらえますが、買取はしてもらえません。

切手の買取サービスを実施しているのは、切手専門の買取業者・金券ショップです。

また、インターネット上でも切手の売買ができます。

ここからは、切手専門の買取業者、金券ショップ、ネット販売それぞれの概要と、メリット・デメリットを紹介していきます。

切手買取業者

切手買取業者の強みは、金券ショップと比較するとスタッフの査定技術が高い点です。

切手買取業者は、希少性の高い切手の買取を日頃から行なっているため、さまざまな種類の切手に触れ、価値を見極めています。

なぜ切手買取業者が希少性の高い切手を取り扱っているかというと、買取業者は切手の販売ルートを独自に持っているからです。

買い手である切手コレクターのなかには、希少性の高い切手を求める客層が存在します。

珍しい切手に限らず、価値を判断できない切手をお持ちの場合は、切手買取業者に査定してもらうとよいでしょう。

切手買取業者のメリット

切手買取業者であれば、切手に関しての知識・査定技術を持つ査定員が多く在籍しているため、希少性の高い切手の買取価格を適切に提示してくれるでしょう。

店頭持ち込みだけでなく、出張買取サービスを行なう業者も存在するため、店頭買取よりも買取の手間がかからないのもメリットといえます。

また、郵便局では切手の換金に手数料がかかりますが、買取業者であれば、手数料無料なので、査定額と同額の現金が手に入ります。

金券ショップでは、使用済み切手の買取は受け付けていませんが、プレミア切手のような価値の高い切手であれば、使用済みでも買い取ってもらえる可能性があります。

切手買取業者のデメリット

普通切手・記念切手など、額面ベースで買取がされることの多い切手に関しては、金券ショップよりも買取額が低くなることもある点は、デメリットといえるでしょう。

金券ショップ

金券ショップとは、商品券や乗車券を扱っているショップのことです。

おもに人通りの多い都市部をはじめ、駅の近くに多数の金券ショップが存在します。

お住まいの近くでも、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

金券ショップでは切手以外にも、商品券など金券類を全般的に扱っていて、買取や販売に対応しています。

気になる切手の換金率に関しては、業者によってさまざまですが、下記表に記載の換金率で取引されていることが多いので目安にしてください。

※ただし、切手の買取価格は変動する可能性もあります。

実際の換金率はその都度確認してください。

額面状態買取額
50円以上100面完全シート80%~
バラ・10面未満シート60%~
10円以上49円以下100面完全シート70%~
バラ・10面未満シート50%~
9円以下100面完全シート50%~
バラ・10面未満シート50%~

金券ショップのメリット

金券ショップの販路は、切手コレクターではなく、実際に切手を利用する会社などが多いようです。

そのため、実用性としての価値がある普通切手・記念切手の買取を好む傾向にあります。

普通切手・記念切手といった切手の換金率は、通常額面を下回りますが、金券ショップであれば、小さな割引額での買取が期待できます。

金券ショップのデメリット

金券ショップのデメリットは、希少性の高い切手への買取価格が安くなりやすい点です。

金券ショップの多くが切手以外の商品も扱っているため、店舗によっては切手に詳しい査定員が在籍していないことがあります。

その場合、希少性が高い切手であっても、価値を理解できず、安値での買取を提案してくる可能性があるでしょう。

切手ブーム以前の1950代前半に発行された切手などは、額面以上の買取額になる可能性があります。

しかしながら、査定員に切手に対しての知識・査定技術がないと、その価値を見極めることは難しいといえます。

ネットでの取引

オークションやフリマサイトなど、インターネットを介して個人的な取引を行なうことも可能です。

ネット売買のメリット

切手の取引はインターネットでも活発に行なわれており、コレクターは掘り出し物がないか日々チェックしています。

コレクション性の高い切手であれば、即座に買い手が見つかるのが、ネット販売のメリットです。

在宅で売買ができるので、不要不急の外出も避けられます。

また、ネットオークションは金券ショップへの売却などと比べると、入札競争により、高値がつく可能性がある点もメリットの一つです。

フリマアプリの場合では、出品作業が簡単でやりとりも活発なため、比較的短期間で取引成立まで進められます。

ネット売買のデメリット

オークションのデメリットは、入札競争が起こらなかった場合、高値での取引にならない可能性があることです。

切手の価値を理解している入札者が多数いれば良いのですが、閲覧者が思うように伸びない場合、期待していた価格まで値段が上がらないこともあるでしょう。

フリマアプリに関しては、値引き交渉が発生し、設定した値段より安値で売ってしまうケースも考えられます。

その他のデメリットは、システム手数料や取引送料といった費用がかかる点です。

手数料などを入れると、最終的にあまり利益が上がらないケースもあるため、ご注意ください。

切手の買取額を下げないためのポイント

切手の買取額を下げないためのポイント

切手の買取を検討している場合、買取を依頼する業者以外にも注意する点があります。

なるべく持っている切手の買取額を下げたくないと考えている人は、以下のポイントを押さえることで、切手の価値を下げずに買取することができるでしょう。

それぞれの詳細についてご紹介します。

無料査定の買取業者に依頼する

切手の買取業者によっては、サービス利用料がかかる場合があるため、事前に各業者のホームページや相談窓口から問い合わせ、確認することが大切です。

お持ちの切手の買取価格を把握する目的でも、切手買取業者の無料査定サービスを利用することをおすすめします。

切手バナー
切手バナー

バラの切手は事前に仕分けしておく

多種類の切手を持っている方は、買取に出す前に持っているバラ切手を整理しておくことをおすすめします。

持っている切手を事前に整理しておくことで、切手の額面の総額を把握しておけるため、実際の買取額との差額も容易にわかります。

査定員側としても、切手が整理されていると査定しやすくなるため、大量に切手があっても短時間で査定を済ませることができるでしょう。

保存状態に気を付ける

切手の買取において、切手の保存状態は重要です。

未使用でシミや変色、破れのない切手は、買取価格が下がりづらいといわれています。

切手の裏面に付いている糊(のり)落ちの有無でも買取価格に影響するので、たとえ裏面だからといっても、軽く見てはいけません。

ここからは、保存状態のチェックポイントについて、詳しく解説します。

シミや汚れの有無

切手をシートや袋に入れずに保管していると、色落ちしたり、汚れたり、湿気で劣化したりすることがあります。

シミや汚れがあることで査定額が下がるケースがあるため、ご注意ください。

特にプレミア切手を保管する場合は、他の切手と重ならないようストックブックを使い、扱うときには手で直接触らずピンセットを使いましょう。

ストックブックに保存をすることで、直射日光による色落ちの発生を防ぐことができます。

さらに、手で直接触れないことで、皮脂によるシミの発生も軽減可能です。

湿気はシミが発生する大きな原因となるため、なるべく湿気の少ない風通しの良いところで切手を保存しておきましょう。

糊(のり)落ちの有無

切手の裏面についている糊の粘着力が落ちていると、状態が悪いと判定され、買取額が下がる可能性が高まります。

一度はがきや手紙に貼ったものを、郵便で使わずに剥がしたり、封筒から切り取ったりした切手も、同様に糊落ちとして扱われるため、ご注意ください。

買取専門業者へ売る際には、糊のついた未使用の状態のものを売ることを心がけましょう。

ヒンジ跡の有無

ヒンジとは、ストックブックなどに切手を保管する際、切手を固定するために裏に貼りつけるテープのことです。

このヒンジを使っていると切手にヒンジ跡が残るため、価値が下がる可能性があります。

もちろん、ヒンジ自体やヒンジ跡が付いている切手でも、価値のある切手であれば査定をしてもらえます。

したがって、無理な補修はせずに、そのままの状態で査定に出すのが賢明です。

無理に補修すると切手が破損し、かえって切手の価値が下がってしまう可能性もあります。

まとめて売ると買取額が上がることも!?

切手は発行年が古いものでも額面通りの金額で使えるため、買い手が見つかりやすいメリットがあります。

また、消費税の改正によって郵送料が変更されたことで、端数を補う少額切手のニーズも高まっています。

金券ショップでは、額面よりも安い価格で販売されているおり、郵送料を節約したい人への売れ筋商品と考えているお店もあります。

切手がよく売れるお店では、仕入れ感覚で買取を強化している場合があるので、まとめて売ることで買取額のアップが期待できるでしょう。

シート切手やバラ切手がご自宅にある場合は、バイセルへの持ち込みがおすすめです。

1シート単位で保管している場合は、まとめての売却をご検討ください。

1枚ずつ切り離された「バラ切手」よりも需要が高く、高額で買取ができる可能性があります。

コレクション性やプレミア性が認められるのは、古い年代に発行された切手が中心です。

しかし、切手シートの状態で買い取りを依頼する場合、耳付き切手や印刷年のわかる切手のほうが、コレクターの注目を集めやすいでしょう。

換金前に要確認!プレミア切手なら高価買取の可能性も!?

通常の切手とは異なり、高価買取が期待できる「プレミア切手」をご存知でしょうか。

プレミア切手とは、希少性が高く、額面以上の金額で買い取りされている切手を指します。

日本では1960~70年代に切手のコレクションブームが起こり、その期間に発行された切手のなかには、今では入手困難なプレミア切手がいくつか存在します。

代表的なものとしては、「見返り美人切手」「毛沢東切手」「月に雁切手」などが挙げられ、保存状態が良ければ高額買取になることも。

一般的に、発行枚数が少なく、現在出回っている量が少ない切手であるほど、高額買取が期待できます。

切手によっては、災害や戦争によって消失したことが理由で、希少価値が高まっているものも存在します。

不要な切手でもプレミア切手の可能性があるので、大事に保管しておき、プレミア切手かどうか一度確認してみてください。

プレミア切手に関しては、別記事である「プレミア切手の買取相場は?種類ごとに価

値を徹底解説!」にて詳しく解説してあるので、ぜひご覧ください。

買取専門業者は使用済みの切手も買い取ってくれる?!

買取専門業者は使用済みの切手も買い取ってくれる?!

前提として、金券ショップでは使用済みの消印が付いた切手は買い取ってくれません。

ですが、買取業者の場合、プレミア切手などの価値のある切手であれば使用済みでも買い取ってもらえる可能性があります。

希少性のあるプレミア切手を持っている場合は、使用済みであっても諦めずに査定に出してみることをおすすめします。

ここからは、そんな使用済み切手の価値を決めるポイントと対処方法について解説していきます。
※参考記事:使用済み切手や消印のついた切手も買取可能!?高く買取ってもらうには?

紙から剥がしてあるかどうか

封筒やはがきから事前に切手を剥がしておいたほうが、買取業者の手間が省け、切手そのものを鑑定する時間が増えます。

このひと手間で、査定額に差が生じることもあります。

切手を封筒やはがきから剥がす際は、「水剥がし」という方法が有効です。

水剥がしの方法については、次にご紹介します。

水剥がしの方法

1、切手周辺を切り取ります(切手を切らないように、数ミリ余白を残しておく)。

2、洗面器などにぬるま湯を張り、切手表面がぬるま湯に完全に浸からないように注意をしながら、切手を浮かべましょう。切手表面が長時間水に触れてしまうと、シミができたり、消印が消えてしまったりする可能性があります。

3、10~30分ほどぬるま湯に浮かべたら、ピンセットで切手を封筒(はがき)から剥がします。切手の裏面は濡れているので、破れないように注意しながら行なってください。剥がしにくいと感じた場合は無理に剥がさずに、さらにぬるま湯に浮かべて様子を見ましょう。

4、剥がした切手の裏面を水で流し、裏糊を取り除きます。

5、切手の裏面を水で流したあとは、タオルなどの吸水性が高いもので、切手の水気を取り除いてください。

6、ある程度水気がとれたら、切手を紙の上に並べて、生乾きの状態になるまで陰干しをします。部屋の湿度などにもよりますが、1時間程度が目安です。

7.、生乾きになったところで、辞書や電話帳などの厚みのある本に挟み込みましょう。2~3時間程度で、シワのないまっすぐな状態の切手になります。

消印の入っている切手は買取不可の可能性が非常に高い

使用済みで消印のある切手は、買取できない可能性が高くなります。

しかし、消印の付いている切手であっても消印の種類や、消印の残り方によっては買取に応じてもらえるケースもあります。

例えば、消印が切手の中央に押されていて、局・支店名・日付・時間帯などの情報が読める状態は「満月印」と呼ばれ、人気の高い消印の一つです。

他にも、見返り美人などのプレミア切手の初日印が押されていた消印付きの切手は、未使用の切手よりも高額になる場合があります。

使用済み切手であっても、条件次第では価値がつくため、使用済み切手だからといって販売を諦めず、まずは買取専門業者に相談してみましょう。

未使用の切手は郵便局で買い取ってくれる?その他の方法は?:まとめ

未使用の切手は郵便局で買い取ってくれる?その他の方法は?:まとめ

本記事では、切手の換金方法についてご紹介してきました。

もし「とにかく切手の価値を知りたい」とお考えの場合は、切手買取業者の無料査定サービスを利用してみましょう。

しかし、買取業者によって切手を評価するポイントが異なるため、買取価格に違いが生じることがあります。

そのため、少しでも損をしたくないと考えているなら、複数の買取業者の無料査定を利用して、買取価格を比較することをおすすめします。

こんなコラムも読まれています

査定対象となる切手の種類

バイセルでは普通切手をはじめ、以下の切手の査定を行っております。
もし切手の処分方法にお困りでしたら、是非ともバイセルまでご相談ください。

切手買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。