ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

極太の糸が織りなす「用の美」!伊兵衛織の価値について

極太の糸が織りなす「用の美」!伊兵衛織の価値について
 着物買取伊兵衛織

当記事でよくある質問

  • Q
  • 何年も着ていない伊兵衛織の紬着物を持っています。売ったらいくらになりますか?

  • A
  • 保存状態や種類により買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 母が愛用していた伊兵衛織の紬を譲り受けました。価値ってありますか?

  • A
  • バイセルでは伊兵衛織をはじめ有名産地の織物の査定実績が多数ございます。着物買取ページへお進みください。

その他、極太の糸が織りなす「用の美」!伊兵衛織の価値を詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

熟練の職人によってつくられてきた伊兵衛織はこだわりのある糸、染色、柄が魅力でファンの多い絹織物です。

使うほどに味わいが増す「用の美」を感じられ、生産されなくなった今でも買取店では需要が高い紬といえます。

ここでは、伊兵衛織の特徴や魅力についてまとめています。

伊兵衛織とは?

伊兵衛織とは、静岡県浜松市旧家高林家でつくられていた紬です。

高林家当主の屋号から「伊兵衛織」と名付けられました。先代伊兵衛は柳宗悦と一緒に民芸運動を進めた人でもあります。

そのため、日本民芸館はもともと高林家の敷地内にありました。

また、先代伊兵衛は茶人や文化人との接点も多く和時計コレクターとしても知られています。

多方面にわたる交友関係は、伊兵衛織の美しさに大きく影響していると考えられるでしょう。

伊兵衛織の根底にあるのは、茶道や民芸からくる「用の美」なのです。

使うほどに味わいが深くなり、その変化を楽しむことができる紬。

他の着物の1.5倍ほどの重さがありながら、ごわつかずしっとりとした肌触りで多くのコレクターに支持される要因になっています。

伊兵衛織の特徴

伊兵衛織は「玉繭」を使って、手作業で紡ぎ合糸します。

「玉繭」とは2匹の蚕が一つの繭を作ったため出荷できないもので、通常の絹糸より4倍ほど太くなるものです。

この糸が職人の手によって、さまざまな色に染められていきます。

優美な色やシックな色、互いに調和する色など魅力的な紬を作る、大事な作業です。

その特徴的な糸を使い、遠州木綿を織る際に使用された手織機で織られていきます。

そのようにして作られる伊兵衛織は、同じく浜松の名産で平松實が生み出した絹織物「ざざんざ織」の流れを汲んでいるといわれています。

手織りされた独特の風合いと、個性的ともいえる色使いは非常に人気です。

こだわりのある紬つくりの徹底があったからこそ、シワが残りにくく、冬でも暖かで一年中単衣で着られるという機能性が備わっています。

使うごとに、着物が身体の動きに寄り添ってくれる価値ある紬といえるでしょう。

着物の保管方法

伊兵衛織に限らず、大事な着物を良い状態のまま保管するには湿気対策が重要です。

着物を着た後は1時間程度の日陰干しが必要になります。

タンスにしまう際には時々引き出しをあけ風を通し、タンスにこもった湿気をとってあげましょう。

和紙や布を着物の間に挟んでおけば、湿気によるダメージ軽減にもつながります。

また、除湿器などを使って着物を収納している部屋の除湿を行うのも効果的です。

伊兵衛織の買取について

現代、伊兵衛織は職人の高齢化や材料である「玉繭」が入手できなくなったことから生産されていません。

もし自宅に、使用していない伊兵衛織の反物や着物があれば買取に出されるのがおすすめです。

一点ずつ丁寧に作られてきたものだからこそ、伊兵衛織を求める方も多く高値が付く場合もあるでしょう。

また、着物を良い状態で保管するのは、難しいという面もあります。

状態の良し悪しは買取額に大きくかかわってきますので、できるだけ早めに買取店などに出されるほうが良いです。

出張買取のサービスであれば、着物の量が多くても自宅で無料査定してもらえるので手間がかかりません。


着物バナー
着物バナー

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。