ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

カラーダイヤの種類で価値は大きく変わる

カラーダイヤの種類で価値は大きく変わる
カラーダイヤの種類で価値は大きく変わる

本来であればダイヤモンドは無色透明であるほど珍重されますが、最近ではカラーダイヤも人気を集めています。

どんな色でも良い訳ではなく、鮮やかで美しい色合いのものが好まれます。希少な色で発色が鮮やかなほど価値があるとされています。

価値があるのは無色透明なダイヤ

価値があるのは無色透明なダイヤ

ダイヤモンドの等級を決める4Cの1つにカラーがあります。全くの無色のダイヤモンドを最高評価のDカラーとしてEFGと続きZまで等級が分かれています。

Gくらいから「ほぼ無色」とされ、徐々に黄色みが濃くなります。Zでは薄い黄色や茶色です。カラーグレードは基準となるマスターストーンを用いて評価されます。

このように、ダイヤモンドは本来無色透明なものほど価値があるとされています。実際には、ほとんどのダイヤモンドに色味があるということの裏返しでもあります。

自然が生み出す美しい色合い

自然が生み出す美しい色合い

最近では無色透明なダイヤモンドだけでなく、様々な色合いのダイヤモンドが出回るようになり、今までのものでは飽き足らない愛好家たちがコレクションするようになり、その価値が再評価されています。

カラーダイヤは正確にはファンシーカラー(変わり色)・ダイヤモンドと言います。普通ダイヤモンドは無色や青白色で価値が高いとされています。

黄色や茶色がかるとその価値は下がります。しかし、カラーダイヤの場合は鮮やかな色調を持つほど希少で価値が高いとされます。

カラーダイヤが生まれる訳

カラーダイヤが生まれる訳

同じダイヤモンドでも全く異なる色となるのはどういった仕組みなのでしょうか。

色ごとにその理由は違ってきますが、窒素や水素、ホウ素などが混入することである特定の波長を吸収してしまうことがあります。

また、結晶の構造の欠陥によって特定の色だけが表出したり、自然放射線にあたったりすることで結晶構造に狂いが生じ出る色もあります。

カラーダイヤを購入する際に気を付けたいのが天然のものかどうかということです。

ダイヤモンドは放射線で人工的に色を付けることは難しくありません。それだけに天然を証明する鑑別書が付いているものを選びましょう。

色によって価値が違うカラーダイヤ

色によって価値が違うカラーダイヤ

世に出回っている多くのダイヤは無色透明に近い色合いに見えますが、実はやや黄色みがかっており濁りも見られます。

今回紹介しているカラーダイヤにおいては具体的にどんな色があるのでしょう。

レッド、ピンク、ブルー、グリーン、パープル、オレンジ、グレーなどその種類は豊富で、その価値は色によって変わります。

一番珍しいのはレッドとグリーンで、色が暗く適度な彩度を持つカラーダイヤは非常に希少です。

次いでオレンジ、パープル、ピンク、ブルー、バイオレットとなっています。

ちなみにイエロー、ブラウン、ブラックはその石の色の出方によりますが、特にブラックは人工的につくられた石が多いので価値は低いです。

希少で美しいブルーやグリーンのダイヤは大変高価でなかなか購入する機会に恵まれないかもしれませんが、ピンクダイヤなどは小さくても存在感があります。

普通のダイヤモンドに飽きた人にはおすすめです。鑑定書が付くようなダイヤモンドとカラーダイヤは別物として考えると気軽にジュエリーを楽しむことができます。

カラーダイヤは売ったらいくらになる?カラーダイヤの驚きの価値

カラーダイヤは売ったらいくらになる?カラーダイヤの驚きの価値

流通しているダイヤの中でカラーダイヤに該当するダイヤはとても稀少なため、買取に出した際の価格はおおよそ2~3倍という高値になります。

過去に最も高値がついたカラーダイヤですと、海外のオークションで60カラットに近いダイヤで約80億という驚きの値段が付いたという事例もあるほど。

そして、カラーダイヤの多くは一見ダイヤ以外のジュエリー(色のついた宝石)に見えることもあり見分けがつきません。

イヤの価値を知るには鑑定を行っている専門店へ持ち込むか、ダイヤの買取店でも価値を見極めてくれますのでカラーダイヤをお持ちの方は利用してみるのも一つではないでしょうか。

宝石バナー
宝石バナー
お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

宝石の種類

買取対象品目