ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

京都・西陣織の帯ブランド「渡文」の特徴や買取価格とは?

京都・西陣織の帯ブランド「渡文」の特徴や買取価格とは?
着物

当記事でよくある質問

  • Q
  • 渡文の帯を持っています。きれいな状態ですがいくらになりますか?

  • A
  • 着用可否や保管状態により買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 着物が好きな祖母から渡文の帯を譲り受けました。価値ってありますか?

  • A
  • バイセルでは渡文をはじめ西陣織の査定実績も多数ございますので、買取実績へお進みください。

その他、京都・西陣織の帯ブランド「渡文」の特徴や買取価格を詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

西陣織の帯には様々なブランドがあり、特徴や価格はブランドによってそれぞれ異なります。数ある西陣織ブランドの中でも、特に人気を博しているのが「渡文」の帯です。

千年の歴史を誇る渡文の帯は「帯で遊ぶ」といった楽しみ方を投げかけてくれます。上品でありながら遊び心も持ち合わせており、人気が高いことから買取での高額査定が期待できるものも少なくありません。今回は、渡文のブランドの特徴、買取価格について詳しく見ていきましょう。

渡文のブランド

渡文着物

渡文の創業者である渡辺文七は、明治15年京都府北桑田郡知井村に誕生しました。15歳の頃から西陣・山下槌之助機業店に丁稚奉公し、帯作りに励んだといわれています。明治39年には独立を果たし、渡邉文七機業店を設立しています。現在の渡文の原点です。

職人が手で織っていた時代に、いち早く力織機を取り入れ、当時の流行である黒繻子の帯を製織し財を成したと言われています。渡文の帯は、京都市の「織成舘(おりなすかん)」やANAクラウンプラザホテル京都、渡文株式会社東京オフィスにて取り扱いが行われています。織成舘では、帯の製織だけでなく、能衣装の復元も行われており、ここでも渡文の技術力の高さがうかがえます。

また、平成元年にオープンした織成館では、能衣装や全国の織物の展示、工場見学や手織体験なども行うことができます。

渡文の帯の特徴

渡文着物

京都の伝統技術の粋を集めた渡文の帯が人気を集めている理由はどこにあるのでしょうか。具体的な特徴について紹介します。

二部式帯の登場

着物は好きだけれど、ひとりで二重太鼓を結ぶことが難しいと感じる方は少なくありません。渡文は、伝統的な製作方法はそのままに、ひとりでも簡単に帯結びができる帯を開発しました。

「二部式」と呼ばれている帯は、結び部分と胴部分が分かれているため、各4パターンの組み合わせが楽しめます。伝統を重んじながらも、より気負いなく着こなしが楽しめるように積極的に新しい帯の研究開発に取り組んでいます。

豊富な種類

渡文の帯は、種類も大変豊富なため、好みや使用シーンに合わせて自由に選ぶことができます。例えば有職文様の格調高い形式美の意匠「名物裂(めいぶつぎれ)」をはじめ、真夏以外1年を通して使用できる手織りの逸品「波衣(なみごろも)」、1本糊という技法を用いて製作された、軽くてシワになりにくい「纐纈(こうけつ)ST」など、様々です。

一貫生産システム

渡文では、図案の意匠、織物の組織から織りの作業に至るまで、全て一貫した自社生産システムを取り入れています。西陣では外部デザイナーに依頼することが一般的である中、社内に意匠室を設けている珍しい会社です。こういった姿勢が、渡文オリジナルのデザインを生み出しているといえるでしょう。

渡文の帯は、どれくらいの価格で売れる?高く売るためには?

着物

都西陣織ブランドの中でも老舗と呼ばれている渡文の帯は、比較的高値が付きやすい傾向が見られます。中古市場では、渡文の帯の買取相場は状態の良いものであれば20,000円程度となっています。

ただし、高値での買取が多い渡文といいましても、保存状態によっては高値が期待できないことがあります。新品に近い状態であればあるほど価格は高くなる傾向にありますが、焼けやシミ、劣化などが目立つようであれば、価値が下がる覚悟が必要です。

しかし、買取相場は市場に出回ってる数やデザイン個別の人気の有無によっても、変動があります。想像以上に、高値での買取が行われることもありますので、いまお持ちの渡文の帯の買取価格が知りたい場合は、まずは査定を依頼することをおすすめします。

着物買取について詳しく知りたい方はこちら

渡文の帯を売るときは、バイセルに買取依頼をしよう!

査定員

帯の買取をしてくれるお店やサービスは多数ありますが、それらすべてが帯に対する専門知識を持ち合わせているとは言い切れません。正確、かつ豊富な知識を持ったプロでなければ、正確な価値判断は難しいものです。今、すでに使用する機会がなくなっているにせよ、大切な渡文の帯を売却するのであれば、しっかりと正確な査定を期待したいものですよね。

バイセルではお客様第一主義をモットーとし、商品知識・経験豊富な査定員が1点1点、大切な品物を査定しています。月間10,000件以上の査定を行っているため、査定技術自体も継承されています。

渡文の帯の買取実績も豊富にありますので、効果買取に対しても自信を持っています。不要になりました渡文の帯をお持ちの方は、バイセルにお任せください。


着物バナー
着物バナー
お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する