ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

干支金貨の買取ポイント 縁起物として人気がある理由とは

干支金貨の買取ポイント 縁起物として人気がある理由とは
干支金貨の買取ポイント 縁起物として人気がある理由とは

当記事でよくある質問

  • Q
  • 干支金貨などの古いお金をコレクションしています。売ったらいくらになりますか?

  • A
  • 保存状態やオンスなどにより買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 生前、祖父から干支金貨など大量の古銭を譲り受けました。価値ってありますか?

  • A
  • バイセルでは干支金貨をはじめ昔のお金の査定実績が多数ございます。古銭買取ページへお進みください。

その他、干支金貨の買取ポイントと起物として人気がある理由を詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

中国をはじめ、干支の文化がある国で人気のある干支金貨は、オーストラリアで発行されている地金型金貨の一つです。

投資目的で購入される地金型金貨ですが、縁起物とされる干支がデザインされているため、記念品としても非常に人気がある金貨です。

少し昔にオーストラリアを訪れた際に購入された覚えのある方は、一度その状態を確認してみてはどうでしょうか?

今回のコラムでは、干支金貨のデザインやサイズなどの詳細についてご紹介するとともに、買取の際に確認しておくべきポイントについてご紹介します。

オーストラリアで発行された干支金貨

オーストラリアで発行された干支金貨

「干支金貨」と聞くと、干支にゆかりがあるアジア圏の中国や日本で発行されているように考えてしまいがちと思いますが、実際には、オーストラリアのパースが発行元になっています。

干支金貨の歴史は浅く、1996年から発行が始まりました。

金貨には貨幣としての役割やコレクション要素などがありますが、干支金貨は「地金型金貨」として発行されています。

地金型金貨とは、金への投資用として発行される金貨のことで、価格も金の取引レートに影響します。

オーストラリアで干支にちなんだ金貨が発行された理由は、主に中国をターゲットとしたためです。

また、干支のデザインは日本や中国以外のアジア圏でも高い人気を誇っています。

刻印される図案はその年の干支に毎年変わるため、発行される年によっては人気に違いが出るのが特徴です。

ちなみに干支の図案は裏面にあり、表面にはエリザベス二世が彫られています。

エリザベス二世は金貨のデザインとして人気もありますし、オーストラリアはその昔ヨーロッパ領地でもありました。そういった理由から採用されたのかもしれません。

使われている金の純度も最高品位とされている24K(純度99.99%)のいわゆるフォーナインと呼ばれる品質です。

干支金貨のサイズ展開は地金型金貨の中でも多く9種類あり、下の図の通りとなっています。

oz(オンス)--10211/21/41/101/20
重量10kg1kg311g62.2g31.1g15.5g7.7g3.1g1.5g

※oz(オンス):貴金属や宝石の原石を測る際に用いられる重量の単位のことです。純金である干支金貨の場合は1ozあたり31.1gです。

一番軽いものは1.5gで、最も大きいサイズになると10kgの代物も存在しています。

金を日本で換金する場合はグラム単位で価格が決まるので、10kgとなるとその価格は相当になることが想像できます。

中国の干支がモチーフとなったデザイン

中国の干支がモチーフとなったデザイン

干支金貨は主なターゲットを中国にしていることもあり、中国の干支が図案のモチーフとなっています。

日本でも年末年始になると何かと話題になる干支ですが、中国と日本ではどのような違いがあるのでしょうか?

干支金貨のデザインとともにご説明いたします。

干支金貨のデザイン

干支金貨のデザイン

オーストラリアで発行される干支金貨は1996年から発行が始まり、裏面にはその年の干支が刻印されているため、なかには記念硬貨として購入する人もいます。

また中国では、干支は縁起の良いものとされて、干支の中でも金色の「亥(ブタ)」は金運に恵まれる象徴とされていて人気があります。

そのため、亥が刻印された金貨は特に人気があることが想像できることでしょう。

縁起物として人気がある干支金貨は、裏面にその年の干支が刻印をされていて、その他には干支の名前や発行年数、純金を示す「99.99%」の数字が入っています。

干支は12年で一巡しますので、2020年で三巡目に入りますが、同じ干支でも発行年数によってそのデザインは異なります。

例えば、1998年と2010年の干支が虎だった年に発行されたデザインでは、1998年は虎の全身がデザインされていますが、2010年では虎の顔を正面から捉えたデザインとなっています。

中国と日本の干支の違い

上の文章で干支の「亥」をブタとご説明をしましたが、実は中国と日本では干支のモデルとなっている動物に、一種類だけ違う動物が存在します。

それが「亥」です。

その理由は、干支が中国から日本に伝わったされる4世紀から5世紀は、仏教の伝来により肉食が嫌われていて、ブタを家畜として飼う文化がなかったためです。

ブタの姿の似ていたイノシシの方が、当時の日本人にとっては身近な存在であったため、日本の「亥」はブタからイノシシに変わりました。

オーストラリアで発行される干支金貨は中国向けに発行されているため、「亥」年の金貨のデザインもブタとなっています。

干支金貨の買取ポイント

干支金貨の買取ポイント

記念として購入されることが多いオーストラリアの干支金貨は、「地金型金貨」であるため、買取の価格は金の取引レートに大きく影響します。

最も純度が高いとされている24K(24金)の品位を持つ干支金貨は、金の中で最も高値で買取がされる部類に入ります。

干支金貨の買取を検討されている場合は、金の取引レートを確認して買取のタイミングを見極めましょう。

また買取の際は、干支金貨を購入したときに付属している鑑定書も用意しておきましょう。

その理由は、人気のある金貨の場合は模造品や偽物などが流通している可能性があるためです。

金貨が本物であることを証明してくれる鑑定書があれば、査定額も上がる可能性があります。

他の買取ポイントとして、金貨は表面に傷がついてしまうと査定額に影響する可能性があるので扱いには注意しましょう。

例えば、普段から金貨は付属品のクリアケースなどに保存をしておき、査定に出す際もクリアケースと一緒に買取依頼をしましょう。

ケースによって傷が付くことを防いでくれますし、付属品のケースで査定評価が上がるかもしれません。

まとめ

まとめ

干支は中国だけではなく、日本やその他のアジア圏でも縁起の良いものとされているため、干支金貨は地金型金貨の中でも人気のある金貨と言えるでしょう。

金への投資目的である地金型金貨は、たとえ購入から時間が経ったとしても価値が大幅に下がることはありません。

金の買取方法には貴金属店やオークションなどが存在しますが、貴金属店は主にジュエリーを扱っていますし、オークションではいつ買手が決まるかわかりません。

お持ちの干支金貨が今どのくらいの価値があるのかを確認する意味でも、まずは金貨の買取を専門に行っている買取業者に査定依頼をお願いしてみてはどうでしょうか?


   古銭バナー
古銭バナー

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。