高級時計を修理する方法!3つの依頼先のメリット・デメリットと費用相場などを解説

2024.01.26

時計買取 コラム
高級時計を修理する方法!3つの依頼先のメリット・デメリットと費用相場などを解説

いわゆる「高級時計」と呼ばれるブランド時計や高い技術で作られた時計の愛用者のなかには、時計が故障したらどこに修理を頼むべきかわからない方もいるでしょう。

もしくは、現在使用している時計が不調で、修理依頼先を探している方もいるかもしれません。

高級時計の修理は、家電量販店や修理専門店、正規店やメーカーに依頼するのがおすすめです。

今回は、高級時計の修理方法として3つの依頼先を紹介するとともに、それぞれのメリットやデメリット、費用相場を解説します。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

家電量販店で高級時計の修理をするメリット・デメリットと費用相場

 家電量販店で高級時計の修理をするメリット・デメリットと費用相場

高級時計の修理は、高級時計売り場や修理カウンターがある家電量販店で依頼できます。

修理カウンターは、家電量販店だけでなくホームセンター内に設置されている場合もあるでしょう。

店舗によっては、プロの技術者が常駐し修理に対応しているケースも少なくありません。

ここでは、家電量販店に修理を依頼するメリットやデメリット、費用相場を紹介します。

メリット

家電量販店での時計修理は、気軽に相談しやすい点がメリットといえます。

「時計の修理を頼みたいけれど専門店が近くにない」、「専門店はハードルが高いイメージがある」という方は、まず家電量販店に相談してみるとよいでしょう。

また、家電量販店での修理は、メーカーでの修理に比べて低料金である点もメリットといえます。

修理費用がポイントとして加算される場合もあるため、お得に修理したい方にとっては大きな利点でしょう。

さらに、依頼から修理完了までが早い傾向にあるため、費用を抑えたい方だけでなく、すぐに時計を修理したい方にもおすすめです。

デメリット

家電量販店に依頼するデメリットは、時計のブランド次第では修理ができず、ほかの修理業者やメーカーへの外注となる可能性がある点です。

外注の場合、店舗によっては高額な仲介料が上乗せされるケースもあるため注意しましょう。

また、家電量販店に限らず、純正部品が用意できずに社外部品を用いた修理になるケースもあります。

なお、購入した店舗やメーカー以外の家電量販店で修理を依頼した場合は、保証期間内であっても、メーカー保証が受けられない可能性があるため注意してください。

費用相場

家電量販店では、電池交換やバンドの調節程度であれば、高級時計であっても1,000~2,000円ほどの工賃で修理に対応してくれるでしょう。

ただし、分解修理が必要な場合は外注となり、前述した仲介料の影響から、20万円を超えるような見積もりになる場合もあるため注意が必要です。

時計修理専門店で高級時計の修理をするメリット・デメリットと費用相場

 時計修理専門店で高級時計の修理をするメリット・デメリットと費用相場

「時計修理専門店」には、街の時計屋さんをはじめ、インターネット・電話を通じて郵送修理を引き受けている専門店などが該当します。

多くの店舗では、国家資格である「時計修理技能士」の保有者や、元メーカー技術者などが修理に対応しているため、安心して修理を依頼できるでしょう。

ここでは、時計修理専門店に修理を依頼するメリットやデメリット、費用相場を紹介します。

メリット

時計修理専門店に修理を依頼すると、経験豊富な有資格者が対応してくれる点が大きなメリットです。

「大切な時計を預けるのであれば専門的な知識・技術を持つ人に任せたい」と考えている人にとっては、特に安心できる要素といえるでしょう。

時計修理専門店は、メーカー修理よりも低料金での修理が可能なため、家電量販店と同じく費用を抑えたい方にとっておすすめの選択肢となります。

また、修理内容によって異なるものの、依頼から納品までの期間が短い点もメリットの一つです。

デメリット

時計修理専門店へ依頼するデメリットは、仲介料がかかる点を除き、家電量販店に依頼する場合のデメリットとほぼ同様です。

時計のメーカーやブランドによって受付不可になったり、社外部品での対応となったりするケースが多いため注意しましょう。

また、店舗によって技術力に差があるケースも少なくありません。

時計修理専門店での修理や社外部品の使用による修理は、メーカー保証や追加の修理保証が受けられない可能性があります。

ただし、店舗によっては独自の修理保証サービスを展開している場合があるため、修理店を選ぶ際はチェックするとよいでしょう。

費用相場

時計修理専門店での修理費用は、時計メーカーや不具合・故障の内容、依頼する店舗によって異なります。

時計の部品をすべて分解し、洗浄や修復を行なうオーバーホールの場合、2万5,000円~7万円ほどでできることが多いようです。

事前に詳細な費用が知りたい場合は、修理依頼を検討している店舗に相談し修理の見積もりを出してもらうとよいでしょう。

正規店やメーカーで高級時計の修理をするメリット・デメリットと相場費用

「高級時計の品質を維持したい」と考えるのであれば、正規店やメーカーでの修理が最もおすすめです。

家電量販店や時計修理専門店での修理との大きな違いは、「不具合や故障部分の修理」よりも「品質の保持」を目的としている点です。

修理だけでなく、品質に影響する部品の交換も同時に行なえるため、品質保持や信頼性に関しては優秀であるといえるでしょう。

ここでは、正規店やメーカーに修理を依頼するメリットやデメリット、費用相場を紹介します。

メリット

正規店やメーカーで修理をするメリットは、純正部品を用いた質の高い対応をしてもらえる点にあります。

また、現在発生している不具合や故障の修理だけでなく、新たな故障につながる可能性のある部品交換にも対応している点も、正規店やメーカーならではの利点でしょう。

さらなるメリットとして、正規店やメーカーでの修理ではメーカー保証を受けられる点も挙げられます。

加えて、メーカーや購入店舗によって異なるものの、「オーバーホール後の○年以内は無償修理」など追加の保証がつくケースもあります。

デメリット

正規店やメーカーに修理を依頼するデメリットは、料金が比較的高額になりやすい点でしょう。

正規店やメーカーは時計の販売価格を基準に修理費用を算出するため、販売価格が高いモデルの高級時計ほど修理費用が高くなるのです。

併せて、修理完了までの期間が長くなる傾向がある点にも注意しましょう。

納期はおよそ2週間~1ヵ月ほどが目安ですが、海外メーカーの高級時計の場合は修理内容によって最長で半年ほどかかる可能性があります。

これは、海外メーカーで製造された時計の場合、製造工場がある国でなければ修理が難しいケースがあるためです。

修理費用の予算が限られている場合や、できるだけ早く修理したい場合は注意しましょう。

費用相場

正規店やメーカーで修理する場合の費用相場は、時計メーカーによって異なります。

例えば、高級時計メーカーの一つであるロレックスの場合は、オーバーホールでおよそ4万5,000円~11万円以上かかると考えておきましょう。

また、「世界三大時計ブランド」と名高いパテックフィリップやヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマピゲといったメーカーの費用相場は、より高額となります。

同ブランドでも、モデルによって費用の変動があるものの、なかにはオーバーホールのみで20万円を超えるケースもゼロではありません。

おわりに

高級時計の修理は、時計を購入した正規店やメーカー、家電量販店や時計修理専門店など幅広い選択肢があります。

そのため、それぞれの特徴やメリット・デメリットをしっかり把握して依頼先を決めることが大切です。

「不具合が解消されればいい」「時計の品質を維持したい」「費用をできるだけ抑えたい」など、時計修理に求めるものは人それぞれでしょう。

修理方法を比較する際には、自身の希望が叶えられそうかどうかも加味して検討するのがおすすめです。

不具合が見られる高級時計を所持しているものの、使っていないなどの理由で修理すべきか悩んでいるなら、買取査定の依頼も検討してみましょう。

バイセルなら、手数料無料で査定が可能なうえ、時計の知識を豊富に持つ査定士が大切な時計の価値をしっかり見極めます。

傷や欠けのある時計でも査定可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。