腕時計のベルト交換の値段はどのくらい?依頼先別の料金相場を解説

2024.01.18

時計買取 コラム
腕時計のベルト交換の値段はどのくらい?依頼先別の料金相場を解説

腕時計のベルトは、使っているうちにだんだん劣化してきます。

時計自体はまだまだ使えても、ベルト交換を検討している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ベルト交換の必要性やベルト交換が依頼できる場所、ベルト交換を依頼した際の料金の相場などについて詳しく解説します。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

腕時計のベルト交換の必要性

一般的に、腕時計のベルト交換は、破損や経年劣化をきっかけとして検討されます。

例えば、ベルトの表面に深い傷や色褪せが見られる場合などです。

また、革ベルトであれば、乾燥やひび割れが生じている場合も交換を考えたほうがよいでしょう。

ベルトが装着時に快適でない、しっかりとフィットしていない場合には、サイズ調整が必要かもしれません。

ベルトが緩んでしまったり、窮屈に感じられたりする場合も、新しいベルトを検討しましょう。

そのほか、気分を変えたいという理由でベルトを交換するのもおすすめです。

革から金属、あるいは金属から革など、異なる素材に変えてみたり、同じ素材でも異なる雰囲気のものに変えてみたりすることで、まるで新しい腕時計を購入したような気分になるかもしれません。

破損や経年劣化の場合には、素材と状態によってベルト交換が必要かどうかは変わってきます。

例えば、革ベルトの場合は部分修理ができません。

そのため、穴と長さの調整以外の目的であれば、基本的にベルトそのものを全交換しなければならないでしょう。

一方、金属ベルトの場合は部分修理ができるケースも多いため、必ず全交換になるわけではありません。

ただし、純正品の場合は全交換となるケースもあります。

腕時計のベルト交換はどこに依頼する?

 腕時計のベルト交換はどこに依頼する?

ここからは、ベルト交換はどこに依頼できるのか、各依頼先の特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説します。

自分で交換する

まず、どこにも依頼せずに自分で交換したい、という方も多いでしょう。

腕時計のベルトは、新しいベルトと専用工具を用意すれば、自分で交換できるモデルもあります。

そのほうがコストの節約になりますし、ベルトの選択肢が広がることも少なくありません。

しかし、ベルト交換に必要な専用工具の用意にはお金がかかります。

また、ベルトの交換手順や時計の構造についての基本的な知識も備えていなければなりません。

上手に作業しないと、交換の際にケースに傷がつく可能性もあるからです。

さらに、自分でベルトを交換することで時計の保証が無効になるおそれもあります。

これらのデメリットを考えると、自分でベルト交換するのは、あまりおすすめはできません。

家電量販店やホームセンターに依頼する

家電量販店やホームセンターにベルト交換を依頼する方法もあります。

カジュアルウォッチであれば、ベルト代+工賃で数百円~1,000円程度が一般的な相場です。

ただし、家電量販店やホームセンターでは、その店舗で購入した時計のみベルト交換を受け付けていることも多いため、あらかじめ確認しておきましょう。

また、家電量販店やホームセンターの修理は技術が劣るという意見もあります。

すべての家電量販店やホームセンターがそうではないとしても、そのようなリスクもあることは認識しておいたほうがよいでしょう。

心配な方は、修理専門店やメーカーなどに依頼するのが確実です。

なお、家電量販店やホームセンターのなかに修理専門店がテナントとして入っていることもあります。

このような店舗では、どこで購入した時計であっても修理を引き受けてくれるでしょう。

腕時計専門店に依頼する

腕時計専門店にもベルト修理を依頼できます。

腕時計専門店の修理担当者は、腕時計のメカニズムやベルトの交換に関する専門知識と経験を有しており、正確な作業や適切な部品の使用によって、時計の品質や機能を保てます。

価格は量販店とほぼ同じで、ベルト代+工賃で1,000円ほどです。

家電量販店やホームセンターで受け付けてもらえない場合は、こうした店を利用しましょう。

ただし、高級腕時計の場合は、通常価格よりも高くなることがあるので注意が必要です。

正規店やメーカーに依頼する

高級ブランド時計や希少性・価値の高い時計の場合、販売正規店やメーカーに依頼するのがおすすめです。

時計の外観や品質をブランドやメーカーが保証するレベルで、修理・交換してもらえるでしょう。

ただし、この場合は純正品への交換となるため、部品代だけで7~10万円+工賃2~3万円ほどかかる可能性があります。

時計の送付などの手間もかかります。

さらに、ブランドやメーカーの店舗が海外にしかない場合には、修理のために海外に輸送しなければなりません。

その分、時間と輸送料が別途かかります。

こうしたことから、最も安心できる方法ではありますが、その分、最もコストのかかる修理方法です。

腕時計におけるベルト交換頻度

 腕時計におけるベルト交換頻度

交換の一般的な目安は2~4年です。ただし、使用環境や頻度、メンテナンス状況によって状況は変わってくるでしょう。

革ベルトの交換の目安はいくつかの要素に基づいて判断できます。

まず挙げられるのは、ダメージや劣化です。

革ベルトは汗や皮脂の刺激に弱く、金属ベルトのように汚れても水洗いできません。

表面の傷やひび割れ、色褪せ、革の乾燥やひび割れが目立つ場合には、交換したほうがよいでしょう。

使用頻度と期間についても考えなければなりません。革ベルトの寿命は、使用頻度や期間にも関連しています。

日常的に使っている場合には、その分、ベルトの劣化が早まります。

メンテナンスを定期的にしているかどうかも重要なポイントです。

革ベルトは定期的なクリーニングや保湿が必要です。

メンテナンスを怠ると革の劣化が進み、ベルトの寿命が短くなる可能性があります。

金属ベルトは水洗いもできるため、革ベルトのように数年で交換しなければならないわけではありません。

ただし、使い方によっては数年で汚れが目立ってしまうこともあります。

特に、汗などがついたまま放置していると錆びてしまうこともあるので注意が必要です。

不要な腕時計はベルト交換せずに査定に出そう

身に付ける機会の少ない高級腕時計を持っている方は、ベルト交換をするより査定に出すのもよいでしょう。

そうすれば修理費用はかかりませんし、むしろ買取代金を受け取れます。

特に、高級ブランド時計や希少性・価値の高い時計の場合、比較的買取価格が高くなる傾向にあります。

修理費用の高さを考えると、得られる経済的メリットは大きなものです。

腕時計の買い取りをしてくれる店舗は多くあります。

そのなかから、経験豊富で信用のできる店を選ぶことで、適正価格での売却が可能です。

また、店舗によっては買い取ってもらえるブランドが限られていることもあるため、なるべく幅広い販売網を持っている店を選びましょう。

例えば、日本全国に店舗を持つバイセルでは、ベルトなどの状態が良くない時計の査定実績も豊富です。

また、バイセルの腕時計査定は、出張費や査定料といった買い取りにかかる各種手数料も無料です。

もちろん、買取価格に納得できない場合は、査定後にキャンセルしても問題ありません。

店舗に持ち込めばその場で査定、現金化も可能です。

使用頻度が低く革ベルトなどが劣化した時計がある場合は、早めにバイセルにご相談ください。

おわりに

腕時計のベルトは、革であれば2~4年程度で交換する必要があります。

金属ベルトでも、汚れや故障がある場合には交換しなければなりません。

ベルトの交換は自分でもできますが、リスクを考えると専門店などに修理を依頼するのがおすすめです。

また、修理ではなく査定に出すという方法もあります。

バイセルは豊富な買取実績があります。

適正価格で時計を売りたい方は、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。