いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

金を売るときどんな業者を選んだらよい?売るタイミングや必要書類についても解説

金を売るときどんな業者を選んだらよい?売るタイミングや必要書類についても解説

安定した資産として、市場経済の悪化などあらゆるリスクへの備えとしても人気が高く、売却によってある程度のまとまったお金が得られるのが金です。

金の売却は、買い取りをしている業者に依頼するのが一般的ですが、売る際にどのような業者を選んだらよいのでしょうか。

この記事では、業者選びのポイントや、金を売るタイミング、売却時に必要な書類について解説します。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

【金を売る】業者選びのポイント

金を売る際にまずやらなくてはならないのが、金を買い取ってくれる業者探しです。

業者は大きく分けて以下の4つがあります。

  • ・金の専門業者
  • ・銀行
  • ・証券会社
  • ・買取業者・質屋

それぞれの特徴やメリット・デメリットについてみていきましょう。

金の専門業者

金の専門業者は、その名のとおり、専門的に金の取り扱いを行なっている業者です。

一般的に、金地金以外の貴金属販売および買取サービスを提供している業者も含まれます。

自社製品を比較的高く買い取ってくれる傾向があるのがメリットである一方で、自社以外の金製品の買い取りをしていなかったり、他社製は買取価格が安くなったりする傾向があります。

金のアクセサリーを売る場合、宝石部分は受け付けていない、ブランド価値を評価してくれないといった業者が少なくないのもデメリットといえるでしょう。

銀行

銀行では、純金積立や投資信託として金を取り扱っているところが多いですが、金を売ることもできます。

一般的に、買い取りを受け付けているのは基本的に金の延べ棒で、それ以外は売却できないことが多く、手数料が高く設定されています。

証券会社

銀行と同様、証券会社でも純金積立や投資信託として金を取り扱っています。

ただし、一般的に証券会社では、現物の金の延べ棒などの買い取りは受け付けていません。

買取業者・質屋

貴金属買取を受け付けている買取業者や質屋にも売ることができます。

店舗数が多い業者では、近隣の買取店舗を見つけやすく、店舗買取だけでなく出張や宅配などのサービスがある業者なら、わざわざ店舗に出向くことなく金が売却できます。

金を売るときの手数料は?

金を売るときの手数料は?

金は買い取ってくれる業者の店頭に持ち込んだり、出張や宅配の買い取り依頼をしたりすれば売却することができますが、その際手数料が必要になることがあります。

この手数料は業者によって異なるのが特徴です。

なかには、手数料なしの業者もあります。

手数料は業者によって異なる

一般的に金の買い手である業者は、金の相場からいくらか手数料を差し引き、買取価格を設定して経費を担保しながら買い取っています。

この手数料は、業者によって設定料率が異なるのが金売買の特徴です。

なるべく手数料率を低く設定している業者を選んだほうが、より金の相場に近い価格で買い取ってもらえます。

手数料なしの業者もある

手数料を設定している業者が多い一方で、手数料なしで買い取りを実施している業者もあります。

手数料を設定している業者より、より高く買い取ってくれる業者もあるのでチェックしてみましょう。

なお、バイセルでは出張料・査定料・送料・振込手数料などが無料になるサービスを用意しています。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

金を売るならいつがベスト?

金の売却を考えた際に気になるのが、金の売り時ではないでしょうか。

できればベストのタイミングで売りたいですよね。

金の相場は日々変化しており、この売り時の見極めが重要です。

金の売却時に覚えておきたいポイントは以下の5つです。

  • ・高いときに売る
  • ・金相場をチェックする
  • ・為替相場をチェックする
  • ・長期保有も検討してみる
  • ・業者によって価格が異なる場合があるので売り先をよく選ぶ

それぞれみていきましょう。

高いときに売る

金は売買で儲けを得るために所有するのが一般的ですが、そのための鉄則は、できる限り安い時期に購入し、高い時期に売却することです。

金の相場は毎日動いており、多くの方が金を求める状況になった際、相場が上昇する傾向があります。

投資家にも人気の金は安定した資産として知られていますが、その投資家の多くが金を求めるのは、経済が失速してあらゆるリスクが高まっているときです。

反対に、経済が安定して成長に向かう時期は、金ではなくその他の投資対象に人気が集まるといわれています。

そのため、金相場はもちろん、金相場に関係する世界情勢も確認し、金が高くなるタイミングを把握するようにしましょう。

金相場をチェックする

前述のとおり、金の売り時の見極めに欠かせないのが、金相場のチェックです。

日々変化する金の相場を確認しながら、できるだけ金が高い時期に売るようにしましょう。

為替相場をチェックする

金相場の確認と同時に確認しておきたいのは、為替相場のチェックです。

日本では円を使って取引されている金ですが、世界では米ドルで取引されるのが一般的です。

そのため、円からドル、反対にドルから円へと換算する際、ドル円の為替相場の影響を受けます。

一般的に、円安の時期に金の価格がアップするので、必然的に金の買取価格も上昇します。

世界的に金相場の価格が同じだとしても、ドル円の為替相場の状況により、日本の金の価格は大きく変わってきます。

為替相場は短期間で変化しやすいので、売り時の見極めには必ず円安かどうかを確認するようにしましょう。

長期保有も検討してみる

金を保有するメリットは、あらゆるリスクに対して備えられることです。

このメリットを考え、金の長期保有の検討も一つの手です。

昨今、リスクヘッジを目的に、投資資産の10%程度を金でまわす方も増えています。

売り時の見極めと同時に、長期間にわたって金を保有することを考えてみてもよいでしょう。

業者によって価格が異なる場合があるので売り先をよく選ぶ

金の買取価格は、業者によって異なる場合があります。

前述のとおり、業者は金の買い取りをする際、手数料の名目でいくらか差し引き、買取価格を設定しています。

業者によってこの手数料が変わってくるため、必然的に買取価格も異なってくるのが特徴です。

まとめ

金を高く売るためには、なるべく高く金を買い取ってくれる業者を選んだり、売り時を見極めたりするなどする必要があります。

買い取り業者はさまざまありますが、手数料の関係で買い取り価格が変動する場合も多く、なるべく手数料のない業者を選ぶとよいでしょう。

また、金の価格は日々変動し、ドルから円への変換も行なう必要があるため、そのあたりのチェックも欠かせません。

もっと調べてから売ればよかったというような後悔をしないように、適切な業者とタイミングを選び、できる限り高い価格で金を買い取ってもらうようにしましょう。