パテックフィリップはなぜ高い? 高い3つの理由と人気モデル、おすすめの売り方を解説

2024.01.26

時計買取 コラム
パテックフィリップはなぜ高い? 高い3つの理由と人気モデル、おすすめの売り方を解説

パテックフィリップは、価格が世界的に高騰しているブランドです。

近年では、インターネット上などでも「パテックフィリップはなぜ高い?」という声が多く挙がるようになりました。

パテックフィリップは、新品価格300万円台のモデルでも非常に価値が高まった状態で取引されることも珍しくない ブランドです。

また、プレミア的価値のあるモデルは、世界的なオークションに出品されることも多く、なかには、10億円以上で落札された時計 もあります。

この記事では、パテックフィリップが高い理由、高価買取が期待できる人気モデル、パテックフィリップを高く売るための方法を解説します。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

パテックフィリップとは?

 パテックフィリップとは?

パテックフィリップは、アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックとフランソワ・チャペックによって、1839年にスイスのジュネーブで設立された企業です。

当初は、創業者の2人で営まれていた時計工房ですが、やがてフランソワ・チャペックが離れていくことになります。

それから、1844年に時計師のジャン・アドリアン・フィリップを迎えたことで、1851年に2人の名前をとった「パテック,フィリップ社」へと社名を改めます。

この2人が最初の腕時計を製作したのは、1868年のことです。

それまでの間は、複雑時計やリューズ巻き上げ式の懐中時計などを製作していました。

1881年以降になると、確固たる基礎の構築をしながら、高精度緩急調整機構や懐中時計用永久カレンダー機構、ダブル・クロノグラフ(スプリット秒針クロノグラフ)といったさまざまな特許技術を取得していきます。

また、特許取得のかたわら、デザイン性が高く美しい時計づくりにも力を入れたことで、パテックフィリップは、イタリアやイギリス、ハンガリーといった各国の王侯貴族に愛されるブランドへと成長を遂げることになりました。

なお、1970年代になると、量産可能なクォーツ式時計の誕生によって、スイスの腕時計業界全体が不振に陥ることになります。

しかし、パテックフィリップは、そんななかでも歩みを止めることなく、1976年には同社初のスポーツウォッチのノーチラス、 そして、1989年には、パテックフィリップの創業150年の節目に、複雑機構を搭載した懐中時計のキャリバー89を発表することになりました。

このように長い歴史のなかで意欲的に挑戦を続けるパテックフィリップの存在感は、現代でも高まり続けています。

パテックフィリップはなぜ高い?

 パテックフィリップはなぜ高い?

パテックフィリップが高級腕時計のなかで群を抜いて高い価値がある背景には、以下の特徴が影響していると考えられています。

世界三大ブランド

まず、パテックフィリップは、長い歴史のなかで積み上げられた高い技術力によって、ヴァシュロン・コンスタンタンとオーデマ・ピゲとともに世界の頂点に君臨する三大ブランドです。

時計ブランドの歴史を語るうえで欠かせない存在でもあることから、世界中の愛好家に注目されています。

マニファクチュールブランドならではの技術力

パテックフィリップは、複雑な機構なども自社生産するマニュファクチュール(自社生産)ブランドです。

現社長のティエリー・スターンは、公式サイトのなかで、「人の手、磨き抜かれた職人の技を大切にしています」や「人の手だけが常に、時計製作の限界に挑戦できるのです」と述べています。

このような職人の手による高い技術力は、世界三大複雑機構の永久カレンダーなどを作るうえでも欠かせないものになっています。

希少性の高さ

パテックフィリップは、自社の時計を「コレクターに追い求められるユニークで稀少な創作品」としています。

そのため、いずれのモデルも職人の手による数十個~数百個の少量生産品です。

注目度が高い一方で市場での流通量が少ないことも、価格が高騰しやすい要因であると考えられます。

最高品質の厳選素材

パテックフィリップでは、多くのモデルで、金やプラチナなどの貴金属やダイヤモンドなどの高級素材を使っています。

近年では、貴金属の価値が高騰していることから、このような材質を使ったパテックフィリップの時計も高くなっていると考えられます。

永久修理が可能

パテックフィリップでは、創設年である1839年以降に製作されたすべてのモデルにおいて、アフターサービス・修理・修復を保証しています。

また、高い計時精度や造形美、技術レベルなどを検証するために、厳格な認定基準に基づくパテックフィリップ・シールを創設しているところも、大きな特徴です。

パテックフィリップで高価買取が期待できる人気モデル

日本の中古市場でも注目されるパテックフィリップ時計には、以下のようなモデルがあります。

ノーチラス

1976年の誕生から、カジュアル・エレガンスを体現し続けるモデルです。

丸みを帯びた8角形のベゼル、水平エンボスの文字盤、船の舷窓からインスピレーションを得たケースといったデザイン面の特徴があります。

アクアノート

ノーチラスからインスピレーションを受けて創作された8角形のケースと、コンテンポラリーかつフレッシュで独自性に溢れたデザインが印象的なシリーズです。

ハイテクコンポジット素材のトロピカルバンドから、1997年発売当初は大きく話題になったモデルです。

コンプリケーション

世界7大複雑機構のうち、2つを搭載したモデルのことです。

パテックフィリップのコンプリケーションモデルには、自社が特許を取得した永久カレンダー+ミニット・リピーターが搭載されている場合があり、高価買取が期待できます。

グランドコンプリケーション

パテックフィリップにおける時計製作の頂点に位置するモデルです。

芸術と技術における究極のチャレンジをし続けるシリーズで、なかでも、1989年発売のグランドコンプリケーションのキャリバー89は、世界で最も複雑な時計としての地位を保持し続けています。

カラトラバ

純粋な造形美を通じて、伝統的気品を漂わせるモデルです。

パテックフィリップの公式サイトでは、究極のエレガンスを誇る時計として紹介されています。

パテックフィリップを高く売るために実践したいこと

パテックフィリップは、世界的に見ても高額査定につながりやすいブランドです。

パテックフィリップを売却する際、1円でも高い価値を付けるには以下のポイントが大切です。

不要ならできるだけ早く売る

高級腕時計は、身に付けるだけで傷や汚れが付いたり、内部の潤滑油が劣化したりして動作に支障が出たりするものです。

そのため、不要な高級腕時計が自宅にある場合、状態が良いうちに早めに売却することをおすすめします。

付属品も一緒に査定に出す

購入時に付いてきた以下のような付属品は、すべてパテックフィリップの本体と一緒に査定に出しましょう。

  1. 外箱
  2. 保存袋
  3. 保証書
  4. 説明書
  5. ギャランティカード
  6. ブレスレットのコマ など

中古市場で時計を売るときにこれらの付属品を付けることを考えると、外箱や保存袋などの状態が良いほうが査定アップする可能性があります。

パテックフィリップに詳しい買取店に相談する

腕時計は、何でも買い取りできるリサイクルショップなどでも売却可能です。

ただし、パテックフィリップのような超高級腕時計を売却するなら、このブランドの価値がわかる買取店に相談することをおすすめします。

高級腕時計に詳しい専門店であれば、自慢のパテックフィリップの魅力やこだわりポイントなども伝えやすいでしょう。

パテックフィリップを売却するならバイセルにお任せください

パテックフィリップの買取査定を希望される方は、多くの高級腕時計を取り扱うバイセルにご相談ください。

バイセルでは、パテックフィリップなどに詳しい査定士が以下の3つの方法で買取査定を行なっています。

店頭買取

店頭に時計を直接持ち込んでいただく買取方法です。

バイセルの店頭買取は、予約不要で好きなときに利用できます。

提示金額に納得できた方には、その場でお支払い可能です。

出張買取

お客様のご自宅に査定士が出張するサービスです。離島を除く日本全国に対応しています。

パテックフィリップのような超高級腕時計を自宅から持ち出すことが不安の方や、自宅近くに時計買取店がない方におすすめです。

宅配買取

時間を気にせず、自分のタイミングで査定に出したい方におすすめのサービスです。

バイセルでは、無料の宅配キットもご用意しています。

そのため、基本は、宅配キットに腕時計を詰めて発送するだけで査定可能です。送料や査定料などの各種手数料は無料となります。

おわりに

今回は、「パテックフィリップはなぜ高い?」の疑問にお答えする形で、このブランドの特徴やおすすめモデルなどを紹介しました。

流通量が少ないパテックフィリップの腕時計は、中古市場でも大注目の商品です。

パテックフィリップを高値で売りたい方は、ぜひともバイセルにご相談ください。

バイセルでは、パテックフィリップなどの高級腕時計の価値に詳しい査定士が、買取査定を行なっています。