ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

レノマの時計を納得して買取に出す方法と注意点

レノマの時計を納得して買取に出す方法と注意点

オシャレが好きな人はモーリス・レノマを知っている人が多いでしょう。

日本でも大流行し、「あの頃にバッグを持っていた」という当時を懐かしむ声を耳にします。

モーリス・レノマは、一代でパリを代表するメンズブランドにまでのし上がり、衣類の他に時計も定番アイテムとして存在しています。

本記事ではレノマの時計を納得して買取に出す方法と注意点をご紹介します。

レノマはパリを代表する紳士ブランド

レノマはパリを代表する紳士ブランド

モーリス・レノマは1940年に生まれた、パリ在住のファッションブランドの創設者です。

仕立て屋である父親に影響を受けて10代から携わり、1963年に「WHITE HOUSE」を兄とパリ16区にオープンさせ、ジャケット・ジーンズを組み合わせた服でメジャーブランドとなりました。

時代のブームに乗り、モーリス・レノマは家具のデザインや紳士スーツ、食器、バッグの制作、さらには写真活動を始めます。

ダリ、ピカソ、ボブ・ディラン、イヴ・サンローランなどの顧客を抱え、世界中の著名人が足繁く通うブランドショップとしての地位を確立しました。

バブルの時期に日本でも一世風靡したレノマバッグ

1973年、伊藤忠商事などが国内展開をプロデュースして日本に進出し、パリやイタリヤのブランドを手掛けている山下隆生がレノマのクリエイティブディレクターに就任しました。

1980年代には日本国内でレノマバッグが大流行し、特にレノマ・シボのセカンドバッグはファッション業界御用達とされるほどのマストアイテムとして知られました。

さらに、業界人だけにとどまらず当時の若者がこぞってセカンドバッグを買い、ジャケットと合わせてオシャレを楽しんでいたようです。

ブランド創設50年を記念した時計コレクション「Maurice Renoma」

日本進出から25年以上続くロングセラーブランドにまで成長したモーリス・レノマは、2013年にレノマ創設50年を記念して新シグネチャーブランドとなる「Maurice Renoma」を始動させました。

ブランド初となる時計のコレクションは、全モデルに「Maurice Renoma」の名を刻印し、海外に先駆けて日本で発売されました。

時計のモデルはカンヌ、グラース、リモージユがあり、どれもモーリス・レノマの世界観を閉じ込めた知的な印象を抱く配色やデザインです。

その上、全モデルを50,000円以内で購入できる手の届きやすい価格帯が魅力です。

現在80歳のモーリス・レノマは、2020年に春夏コレクションを公開し、日本でコレクションのポップアップストアを展開するなど精力的に活動をしています。

レノマの買取相場

レノマの買取相場

レノマの時計は値段の高いモデルでも50,000円以内、安いモデルで20,000円以内で購入できます。

レノマは日本でブランド好きな人には知名度があり、今でも全国の量販店や時計専門店で販売されている息の長いブランドです。

しかし、中古市場では残念ながら全盛期よりもブランド価値が大きく下がってしまい、買取金額1,000円前後が多いようです。

もちろん、保存状態やモデルによってレノマの時計の査定金額は変わりますので、現在の価値を知りたい方は買取に出してみることをお勧めします。

レノマの時計を売るのに最適な買取店を選ぶには?

レノマの時計を売るのに最適な買取店を選ぶには?

「レノマはどこで売ってもサービスの質や査定金額は似たり寄ったりだろう」と思っている方はいらっしゃるかもしれません。

ですが、数ある買取店から良さそうな店舗を選ぶ方法を知っていれば、納得して手放せられる可能性が上がります。

ここでは、レノマの時計を売るのに最適な買取店の選び方をお伝えします。

時計の買取専門店を選ぶ

レノマの時計を売るなら、時計に熟知している買取店を選ぶことをおすすめします。

査定員は時計の保存状態、中古市場での需要があるか、同じブランドでもどの種類だと価値が高いのか、付属品の有無などを考慮して査定金額を提示してくれます。

また、時計は査定金額を決めるための細かい項目が多いです。

時計の買取専門店であれば、熟知している査定員が多数在籍いると言えるでしょう。

買取実績以外にも査定に出す前に安心できる情報が提示されている

買取店によってはウェブサイトに時計などの査定品目ごとに実績が掲載されています。

ただし、店舗によっては買取実績が豊富でも、品物と実績だけの情報が乏しいウェブサイトもあります。

納得して手放したいのであれば、「時計を少しでも高くなるポイント」や「査定できる品物の特徴」などを細かく解説しているウェブサイトを運営する店舗を選びましょう。

レノマの時計を売る時に必要な情報が過不足なく載っていたら安心できますよね。

買取方法が選べる

時計を多数扱っていて買取実績が豊富な店舗の中には、店舗だけの買取など買取方法が少ない場合があります。

そのため、時計の買取実績以外にも買取方法も選択肢に入れておきましょう。

以下の買取方法のどれか2つ、または全てそろっている店舗を選ぶと、自分の予定に合わせて売却しやすくなります。

・出張買取…自宅まで査定員が来て、その場で査定金額が受け取れる
・宅配買取…宅配キットがもらえて、業者に到着後最短で2~3日後に結果が出る
・持ち込み買取…店舗受付で渡せばすぐに売れる

ちなみに、どの買取方法も手数料無料で利用できる店舗が多いです。

買取方法が選べれば不要になったレノマの時計を売るハードルがぐんと減ります。

レノマの時計を売る際の注意点

レノマの時計を売る際の注意点

ここではレノマの時計を売る時の注意点を2つご紹介します。

査定に出す前に必ず注意点を抑えておきましょう。

破損やキズがあっても買取可能

ほとんどの時計を扱う買取店は、破損や傷があっても買取可能です。

時計が動かない、内部が壊れている、目立つ場所に傷があっても、レノマの時計として適切な価値をつけてくれます。

何年も前に買ったレノマの時計であれば、全体的に細かい傷がついているでしょう。

不要になったレノマの時計を自宅に置いたままにすると、ふとした時に新しい傷をつけてしまう恐れがあるので査定に出すことをおすすめします。

電池交換や修理はせずに査定へ

レノマの時計だけでなく大体の時計を売却するときは、電池交換や修理せずに査定に出して構いません。

レノマは時計の修理サービスを提供おらず、自分で修理屋に持っていくと数千円から数万円かかってしまう場合があります。

さらに、修理が終わるまで最短で数日から繁忙期だと数週間待つこともあって、出費と手間がかかってしまうのでそのまま査定に出してしまいましょう。

レノマの時計を少しでも高く売るためのコツ

レノマの時計を少しでも高く売るためのコツ

レノマの時計を売るにはちょっとした工夫が必要です。

ここでは、レノマの時計を少しでも高く売るためのコツをご紹介します。

付属品・保証書を忘れずに

レノマの時計を買ったときについてくる付属品や保証書を忘れずに査定に出しましょう。

時計本体と付属品がセットになっていると、中古市場で需要が上がるのであるに越したことはありません。

付属品がなくても買取可能ですが、ある方がより査定での評価が良くなります。

「もう使わないかな…」と思っているときが売り時

「もう古くなったし、レノマの時計の出番はないかな…」と思ったその時が一番の売り時です。

レノマの時計は気軽に使いやすいデザインですから、使用機会がなくなったら劣化しないうちに査定に出せば、少しでも高く売れる可能性を残せます。

また、レノマの時計の使用頻度が減ってきた方も、使わなくなったら査定に出すことを考えてみはいかがでしょうか。


まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。