ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

王将の株主優待券は売れる?買取相場や高く売るコツを解説

王将の株主優待券は売れる?買取相場や高く売るコツを解説

餃子で有名な王将フードサービスの株主優待券は、全国の「餃子の王将」での食事に使える便利な商品券となっています。

その王将フードサービスの株主優待券ですが、不要な場合には買取してもらえるものなのでしょうか。

王将フードサービスの株主優待券の買取相場、買取に際してのの注意点、買取業者の選び方、少しでも高く売るためのコツといった買取情報をご紹介します。

王将フードサービス株主優待券について

王将フードサービス株主優待券について

王将フードサービスの株主優待券は、王将フードサービスが運営する中華料理チェーン「餃子の王将」で使える優待券です。

毎年3月末時点と9月末時点で100株以上を持つ株主を対象に、株数に応じて優待券が送られます。

1枚あたりの額面は500円で、全国の「餃子の王将」店舗で現金と同様に使えます。

1度の会計で複数枚使用することが出来ますが、おつりは出ませんので注意が必要です。

とは言え1枚が500円と少額であり、日本国内の「餃子の王将」全店で使えることから、便利な株主優待券だと言えるでしょう。

王将の商品詰め合わせと交換することもできる

王将フードサービスの株主優待券の特徴として、店舗での使用のほかに、王将オリジナル商品の詰め合わせと交換できるというサービスがあります。

詰め合わせには「2,000円コース」「3,000円コース」「6,000円コース」「12,000円コース」の4種類があり、王将の店舗で人気のラーメンのパックや王将マジックパウダーなどの商品と交換することができます。

株主優待券が届く際に添えられている返信用封筒に各コース分の有効期限内の優待券を入れ、王将本社に送ることで商品を受け取れます。

王将フードサービスの株主優待券は期限が到着から約6ヵ月とやや短めです。

店舗での使用だけでは期限内に使いきれない、あるいは近くに店舗がないという場合には商品詰め合わせとの交換が得策かもしれません。

餃子の王将とは

王将フードサービスが運営する「餃子の王将」は、1967年に京都で創業した中華料理レストランチェーンです。

その名の通り餃子を売りにしており、「餃子1日100万個」というCMのキャッチフレーズは有名です。

2021年3月31日現在、餃子の王将は直営店・FC店あわせて全国に731店舗を持つ巨大チェーンとなっています。

また、近年は海外への事業展開も行っており、台湾に3店舗を持っています。

王将フードサービス株主優待券の買取相場

王将フードサービス株主優待券の買取相場

王将フードサービスの株主優待券ですが、買取に出した際の買取相場はどれくらいになるでしょうか。

王将フードサービスの株主優待券は500円分の商品券になっていることから、1枚あたりの買取価格は額面の500円をベースにして「その〇〇%」のように計算されることが多いです。

具体的な金額は買取業者によって、あるいは買取に出すタイミング(有効期限までの残り期間)によっても多少の差があるため一概には言えません。

大雑把な買取相場としては、王将フードサービスの株主優待券は「(額面の)500円を少し下回る程度」といったところでしょう。

お持ちの株主優待券が具体的に現在いくらで売れるかについては、買取業者に直接問い合わせてみるのがおすすめです。

金券バナー
金券バナー

王将フードサービス株主優待券を売る際の注意点

王将フードサービス株主優待券を売る際の注意点

王将フードサービスの株主優待券を売って現金化しようという際には、事前に知っておきたい3つの注意点があります。

・有効期限の残り期間によっては買取してもらえない場合がある
・折り目や汚れがひどいと買取金額が減額される場合がある
・ネットオークションやフリマアプリでは出品禁止の場合が多い


それぞれ詳しく見ていきましょう。

有効期限の残り期間によっては買取してもらえない場合がある

王将フードサービスの株主優待券には有効期限があります。

この有効期限までの残り期間が少ない場合、買取してもらえないケースがあるため注意が必要です。

買取業者は再販を目的として株主優待券の買取をしていますが、残り期間が少ない株主優待券は在庫として持っている間に有効期限が切れてしまうというリスクがあります。

そのため、各買取業者は期限が迫っている株主優待券の買取に慎重になるのです。

王将フードサービスの株主優待券の有効期限は、株主の手元に届く時期からおよそ半年間と短めになっていますから特に注意しましょう。

どれだけの残日数があれば買取してもらえるかは業者によって異なりますが、有効期限まで60日を切ると買取が難しい場合も多いようです。

お持ちの株主優待券が具体的にいつまで買い取ってもらえるかについては、買取業者へ個別に問い合わせるのが良いでしょう。

折り目や汚れがひどいと買取金額が減額される場合がある

株主優待券に折り目や汚れがある場合、商品券としての有効性には変わりはないのですが、買取に出す場合には買取金額が下がってしまう可能性があります。

買取業者は買い取った優待券を他のお客さんに販売するわけですから、あまり汚れたものは取り扱いにくいというのは正直なところとしてあるでしょう。

優待券の状態が特に良くない場合には、買取自体を断られてしまうかもしれません。

王将フードサービスの株主優待券をはじめ金券の売却を考えるならば、封筒などに入れてなるべく綺麗に保管するのがおすすめです。

ネットオークションやフリマアプリでは出品禁止の場合が多い

王将フードサービスの株主優待券に限らず、現金と同様に使うことができる金券については、ネットオークションやフリマアプリなどでは規約によって出品が禁止されていることが多いです。

これらのサービスを通した取引で金券を転売し、不当な利益を得る行為を制限するためです。

そのため仕方がないことではあるのですが、王将フードサービスの株主優待券などの金券を純粋に買取してほしいという人も、ネットオークションやフリマアプリでは出品できないことが多いのです。

王将フードサービスの株主優待券を換金したい場合には、金券ショップやネット受付の買取業者を利用して売るのが良いでしょう。



王将フードサービス株主優待券はどこに売れば良い?

王将フードサービス株主優待券はどこに売れば良い?

王将フードサービスの株主優待券を買い取ってくれる業者には、形態で大きく分けると以下の2種類があります。

・金券ショップ
・ネット受付の買取業者


それぞれのメリット・デメリットをご紹介しますので、ご自身にはどちらが合うか選ぶ際のの参考にしてみてください。

金券ショップ

駅前などに多くみられる金券ショップは、王将フードサービスの株主優待券をはじめとした金券を売るには最もポピュラーな方法と言えるでしょう。

金券ショップでは売りたい金券を店頭に持ち込むとその場で換金してもらうことができ、基本的に予約なども必要ありません。

また、金券ショップは駅前などに多いことから何かのついでに利用することができる点も手軽です。

一方で、普段の行動範囲に金券ショップがないという人にとっては、わざわざ店頭に赴くのは面倒かもしれません。

王将フードサービスの株主優待券は1枚あたりの額面が500円ですから、枚数が多くなければ買取金額もそれほど大きくはなりません。

「わざわざ金券ショップに行く」という手間をかける価値があるかどうかは、判断の分かれるところでしょう。

また当然ながら、金券ショップは店舗の営業時間内にしか買取の受付を行っていません。

忙しい人にとっては時間に合わせるのが難しい場合もあるでしょう。

ネット受付の買取業者

買取業者の中には店舗だけでなく、インターネットや電話で受付を行ってサービスを展開しているような業者も多くあります。

このようなネット受付の大手買取業者には「出張買取」や「宅配買取」など、自宅にいながら王将フードサービスの株主優待券などの金券を売れる便利なサービスを提供しているところが多いです。

「出張買取」なら、買取業者の査定員が利用者の自宅まで来て査定・買取してくれます。

自宅にいながら査定から買取金額の支払いまで全てを終えることができるという、非常に手軽な買取方法です。

「宅配買取」なら、売りたい金券を買取業者に送付することで査定・買取してもらえます。

送るだけですから買取業者の営業時間に合わせる必要がなく、査定に立ち会う必要もないので忙しい人にとっても便利な買取方法です。

ネット受付の買取業者なら買取方法の選択肢も多く、多くの人にとって王将フードサービスの株主優待券を売りやすいのではないでしょうか。

王将フードサービス株主優待券を少しでも高く売るには

王将フードサービス株主優待券を少しでも高く売るには

せっかく王将フードサービスの株主優待券を買取に出すなら、なるべく高く売りたいですよね。

ここでは、王将フードサービスの株主優待券を少しでも高く売るためのちょっとしたコツのようなものを2点ご紹介します。

・使用期限の3ヶ月前までに売る
・複数の業者で相見積もりを取る

使用期限の3ヶ月前までに売る

王将フードサービスの株主優待券など外食で使える商品券は、有効期限が迫っていると買取価格が下がる、あるいは買取不可になるというような傾向があります。

具体的に残り何日になると買取価格下がるかは買取業者によって異なりますが、一般的には残り90日ごろから買取価格が下がるケースが発生し始めるようです。

特に王将フードサービスの株主優待券はそもそもの有効期限が半年ほどと短めですから、「そのうち売ろう」と思っているうちに買取価格が下がっていまうということも考えられます。

売ると決めたらなるべく早く買取に出してしまうのが得策でしょう。

複数の業者で相見積もりを取る

王将フードサービスの株主優待券の買取価格は、買取業者ごとに自社の在庫状況や再販ルートなどを加味して決定されます。

そのため、その時々の買取価格は業者によって異なる場合があります。

そこで、王将フードサービスの株主優待券を少しでも高く売るためには、複数の買取業者で査定を見比べてみることが有効です。

複数の業者で相見積もりをとり、最も高く売れるところに最終的な買取を依頼すると良いでしょう。

複数業者の査定を比べる際には、無料で出張査定を行っている業者を選ぶことで無駄な費用や手間を抑えることができます。

金券バナー
金券バナー


お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目