ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

寄付金付き切手とは

寄付金付き切手とは
切手買取寄付金

当記事でよくある質問

  • Q
  • 切手の額面に「20+5」と記された切手が出てきました。いくらになりますか?

  • A
  • 「寄付金切手」という種類の切手で中古市場でも人気があります。売却のご検討でしたらこちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 亡くなった祖父の切手コレクションの中に寄付金付き切手がありました。価値ってありますか?

  • A
  • 寄付金付き切手は中古市場でも人気があります。 バイセルでは寄付金付き切手をはじめ切手の査定実績が多数ございます。切手買取ページへお進みください。

その他、寄付金付について詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

寄付金付き切手をご存知でしょうか。

切手を購入すると、額面の一部を寄付する切手のことです。

意外と知らない方も多いかもしれない寄付金付き切手について、寄付の仕組みや実際にどのような切手があるのかなどをご紹介します。

寄付金付き切手の仕組み

額面のところに+〇円のような表示がある切手があります。

このような切手は寄付金付き切手と呼ばれ、+の後の〇の金額が寄付金として使われます。

例えば、額面が80円+10円の場合、10円分が寄付金となります。

この場合、10円分は郵便料金としては使えず、この切手を90円で購入した時点で10円分の寄付を行ったことになるのです。

ですから、この切手が不要になって金券ショップなどで買い取ってもらう際には、たとえ90円で購入した切手だとしても80円分の額面として扱われるのです。

寄付金切手はどのようなものがあるか

日本で最初の寄付金付き切手は、1937年に国内各地に飛行場を整備するための基金への募金を目的に発行されました。

その時のデザインは、北アルプス上空を飛行するダグラスDC-2型輸送機を描いたものでした。

第二次世界大戦中には、1942年に軍事資金集めのために発行。

戦後には、社会事業共同募金のためや1964年の東京オリンピック、日本万国博覧会といった国家の事業などのために寄付金付き切手が発行されました。

東京オリンピックの寄付金付き切手は、3年間で6回にもわたって発行されました。

オリンピックの20の競技が描かれ、5円の額面に対して寄付金が5円でした。

1995年の阪神淡路大震災の時には、災害復興を目的に発行されました。

最近では、2011年、東日本大震災の被災者救助を目的に80円の額面、20円の寄付金付き切手が発行されました。

また、毎年発行される年賀はがきと年賀切手には、寄付金付きのものがあります。

はがきは絵入りで57円、内5円が寄付金です。切手はお年玉付で55円、85円の2種類あり、内3円が寄付金です。

この寄付金に関しては、毎年、秋に官報に寄付金を受ける団体の公募要項が発表されます。

申請できるのは、社会福祉や青少年育成、地球環境保全、文化財保護、スポーツ振興などの活動をしている非営団体です。

寄付金付き切手の海外での発行

世界で最初の寄付金付き切手は、1890年にオーストラリアで発行されました。

ヴィクトリア女王の在位60周年記念事業で、結核患者のための療養所と病院の建設資金を集めることが目的でした。

この切手は当時では珍しかった多色印刷で、額面の12倍で販売されました。

20世紀になると、ヨーロッパ諸国では国家事業や慈善事業など、様々な資金集めのために発行されました。

特にドイツ、フランス、スイス、ベネルックス三国などでは、今でも寄付金付き切手が数多く発行されています。

それ以外の主な国では、ヨーロッパとは対照的に、アメリカ、イギリス、中国、オーストラリアなどでの発行は限られています。

アメリカでは、2002年、アメリカ同時多発テロ被害者救済を目的に「合衆国の英雄2001年」と題した寄付基金付き切手が発行されています。

この切手は、特定郵便料金を使用できることを永久に保障した「無額面切手」でした。

寄付金付き切手の評価は?

寄付金切手は特殊切手に分類されます。

特殊となっているので買取りなどにおいて評価が高い印象を受けるかもしれませんが、扱いは普通の切手と同様です。

ですから、高い価値だと評価されるのは寄付金付き切手だから高い評価を受けるのではなく、普通の切手と同様に希少価値のある切手だと認められる場合です。

1937年の日本初の寄付金付き切手は、2銭、3銭、4銭の3種類でいずれも2銭の寄付金でしたが、切手ブームが起きるかなり以前の発行で希少価値が認められています。

もし、切手ブームが起きる以前に発行された寄付金付き切手が手元にあれば、希少価値が付きます。

買取りにおいても高額な査定になる事が多いので、一度査定を受けてみるとよいかもしれません。

今は、無料で自宅に来て査定をしてくれる出張買取業者も多いので、いくつかの買取業者をチェックしてみてはいかがでしょうか。


切手バナー
切手バナー

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。