ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

プレミア価値の高い10円切手とは

プレミア価値の高い10円切手とは
プレミア価値の高い10円切手とは

当記事でよくある質問

  • Q
  • 切手コレクションの中に昔の10円切手がありました。いくらになりますか?

  • A
  • 保存状態や種類により買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父からもらった切手コレクションの中に今とは違うデザインの10円切手がありました。価値ってありますか?

  • A
  • 恐らくは菊切手と呼ばれる菊の紋章がプリントされた切手で、綺麗な状態であれば価値も見込めます。 バイセルでは大正から昭和時代に発行された10円切手の査定実績が多数ございます。切手買取ページへお進みください。

その他、プレミア価値の高い10円切手を詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

10円切手は、切手コレクターにも注目されており、買取市場でも需要があります。コレクション価値の高い10円切手とはどのようなものなのでしょうか。

プレミア価値の高い10円切手の種類と、保管時のコツをご紹介します。

プレミア価値の高い10円切手とは

プレミア価値の高い10円切手とは

様々な金額・デザインが目を楽しませてくれる切手ですが、買取において高い価値を付けられる切手の条件として、現存している枚数が少ないことが挙げられます。

古い切手が家に残っている方は、一度買取査定に出してみると思いもよらぬ価格になるかもしれません。

10円切手の中でも価値が高いと言われる種類をいくつかご紹介します。

第1次新昭和切手 梅花

新昭和切手は、1946年より第1~3次まで発売された普通切手です。

戦後ということもあり、絵画や風景など平和的な図案で作られました。

第1次の新昭和切手は、目打(周りのギザギザ)がなく、中央上部に菊の紋章・全体に梅花が描かれています。

約2か月後には新しい切手が発行されたので、希少価値が高いです。

昭和すかしなし切手 らでん模様

昭和すかしなし切手は、1951年に発行された普通切手です。

これまで普通切手には偽造防止の目的で透かしを入れていましたが、1950年11月より印刷用紙が切り替わり、透かしのない用紙に印刷されるようになりました。

図案は従来の新昭和切手から変わらず、らでん模様でした。

菊切手

菊切手は、1899年に発行された菊の紋章が大きくデザインされた切手です。

約20種類ほど存在しますが、神功皇后がプリントされているものが、より価値があるとされています。

田沢切手 旧大正毛紙

切手図案の公募が初めてされ、当時の逓信省技官・田沢昌言氏のデザインが採用されたのが、田沢切手です。

田沢切手はいくつか種類がありますが、1914年発行の旧大正毛紙が最も買取額が期待できるとされています。

新高額切手

新高額切手は、1924年に発行され、神功皇后が図案となっています。

新高額切手には、大正毛紙と昭和白紙の2種類があり、昭和白紙の方が買取相場が高めの傾向にあります。

どちらも透かしが入っており、買取額が期待できる切手と言われます。

切手を保管するときのコツ

プレミア価値の高い10円切手とは

すぐに使わない切手やコレクションしておきたい切手などがあれば、保存状態に気を配ることが大切です。

切手の素材は紙なので気づかないうちにノリが溶け、くっついたり破れたりして使い物にならなくなってしまった、というトラブルがつきものです。

保管の際は湿気や水気を避け、通気性の良い場所で保管することがポイントです。

直射日光や高い気温でも変質・変色してしまうため、なるべく涼しい暗所に置くようにしましょう。

いずれ使用する予定があれば、簡易的な袋やファイルでの保存がお手軽です。

コレクションとして楽しみたい場合は、切手専用ファイルに収めると、保存も鑑賞もしやすいというメリットがあります。


まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。