ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

使用済み切手や消印のついた切手は買取できる?価値も併せて紹介!

使用済み切手や消印のついた切手は買取できる?価値も併せて紹介!
使用済み切手や消印のついた切手は買取できる?価値も併せて紹介!

当記事でよくある質問

  • Q
  • 使用済み切手を何枚か持っていますが、バイセルでは買い取ってくれるのでしょうか?

  • A
  • バイセルでは未使用品のみの買取対象となっております。未使用品の処分でお困りでしたらバイセルで現金化できますので、こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 書斎の引き出しからいらない使用済み切手が出てきました。価値ってありますか?

  • A
  • 使用済であってもコレクター人気があり価値が見込める切手もございます。バイセルはコレクター所有品など多数の切手買取実績がございますのでご覧ください。

その他、使用済み切手や消印のついた切手は買取できるかどうかを詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

親族から受け継いだなどの理由で、お手元に価値がわからない切手をお持ちでしょうか。

切手や消印の中には買取市場で需要が高いものがあり、使用済み切手でも種類によって買取に出すことができます。

売れる傾向にある切手や消印の種類をご紹介します。

切手を買い取っているおすすめの業者についても解説しますので、併せてご一読ください。

使用済み切手を買取してもらえるケースがある!

使用済み切手を買取してもらえるケースがある!

使用済み切手は、買取対象としている業者もありますが、そうでないところもあります。

例えば金券ショップでは、使用目的で金券を求める買い手が多いため、もう使えない使用済みの切手を売るのは難しいでしょう。

一方で、切手専門の買取業者では、使用済みとされる消印のついた切手でも売れるケースがあります。

なぜなら、切手専門の買取業者は、次の買い手であるコインコレクターへのアプローチが可能なためです。

使用済みの切手でも入手しづらいレアものなどであれば、コレクターからの需要が高まるので、買取対象とされます。

特に切手専門の買取業者であれば、切手の専門知識をもつ査定員が、豊富な買取経験と市場での需要を加味してお持ちの切手の価値を見極めてくれます。

切手専門の買取業者「バイセル」では、普通切手や記念切手など様々な切手をお買い取りさせていただいており、切手に関する豊富な買取実績をもっています。

「切手をたくさん持っているけれど、売れるかどうか分からない」とお悩みの方は、バイセルへご相談ください。

仕分けがされていない切手でも、丁寧に見させていただきます。

買取対象としている切手や買取実績など、詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

切手バナー
切手バナー

使用済み切手の定義は?需要ってあるの?

使用済み切手の定義は?需要ってあるの?

使用済み切手とは、消印が押されていて、郵便料金としては使用できない切手のことです。

反対に、消印が押されていない切手は、たとえ一度台紙や封筒などに貼ったものでも「使用済み」とはみなされません。

また、シート切手から切り取られたバラ切手も、消印がなければ未使用の切手となります。

基本的に買取市場で価値があるのは消印が押されていない未使用の切手ですが、使用済み切手でもコレクターにとって価値のある場合もあります。

例えば、プレミアものの「見返り美人」「月に雁」などの切手が挙げられます。

これらのような数十年以上前に作られた価値のある古い切手であれば、現在まで未使用品として残っているものが少なく収集が困難です。

また、特印や小型印など、押されている消印にも価値があるとされる場合があります。

価値のある消印や切手について詳しくは後述しますが、種類によっては使用済み切手であっても、需要が高いため買取してもらえます。

バイセルには、年間5,000点以上をお買い取りしている経験豊富な査定員が多数在籍しています。

切手の専門知識が豊富なため、切手の価値を正しく見極めてお買い取りさせていただきます。

使用済み切手と共に押入れから出てきた未使用品の切手があれば、バイセルの査定にお出しください。

シミや汚れがある状態が悪い切手でも、しっかり査定させていただきます。

切手を買取に出すのが初めてという方にも、丁寧に査定結果を解説しますので、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

消印にも価値がある!

消印にも価値がある!

切手の消印を見ると、その切手が「どの郵便局でいつ消印が押されたか」が分かります。

そのため押された消印は、切手の使われ方にこだわる切手コレクターにとって重要な意味をもちます。

特定の消印を収集しているコレクターから人気を集める種類には、主に以下のものがあります。

  • ・特殊通信日付印(特印)
  • ・小型記念日付印(小型印)
  • ・風景入通信日付印(風景印)
  • ・初日印
  • ・満月印

これらの中にお持ちの切手の消印が当てはまるものがあれば、使用済みでも買い取ってもらえる可能性があります。

それぞれの特徴について詳しく解説しますので、お持ちの切手の消印と照らし合わせてご覧ください。

特殊通信日付印(特印)

特殊通信日付印(とくしゅつうしんにっぷいん)は、万博や国民体育大会などの国家的記念行事のときだけに使われる大型の記念印を指します。

直径はおよそ36ミリで、赤茶色のインクで押印されます。

特印は、ふみの日などに、その記念日に関係するイラスト入りの印が押されます。

また、切手趣味週間などの記念切手の発行日に、その切手にちなんだイラスト入りのものが押されることもあります。

小型記念通信日付印(小型印)

小型記念通信日付印(こがたきねんつうしんにっぷいん)は、特印を使うほど大きな行事でない時に使われる記念印です。

直径は33ミリほどで、特印と同様に赤茶色のインクで押印されます。

小型印は、具体的に地域の記念行事や施設の開設記念などで使用されます。

具体的には、全国切手展が行われる期間などに、小型印が押されています。

風景入通信日付印(風景印)

風景入通信日付印(ふうけいいりつうしんにっぷいん)とは、観光など訪問の記念となるように、その土地の名所などを描いた特別の日付印のことです。

直径36ミリ以内で、特印と同様に赤茶色のインクで押印されます。

例えば、渋谷郵便局であれば、ハチ公などが描かれた風景印が押されます。

初日用通信日付印(初日印)

初日用通信日付印(しょにちようつうしんにっぷいん)は、切手やハガキの発行日に押される日付印です。

鳩のマークが描かれていることから「ハト印」とも呼ばれます。

ハト印には、和文ハト印、欧文ハト印、機械ハト印などがありますが、中でも発行される切手やハガキにちなんだ絵柄が描かれている絵入りハト印がコレクターに人気です。

満月印

満月印(まんげついん)は切手の中央に綺麗な丸い形で押され、文字がはっきりと読める消印です。

その名の通り切手に納められた丸い消印の形が、夜空の満月のようであることから満月印と呼ばれています。

切手の中に収まらず、はみ出している消印は準満月印と呼ばれています。

郵便局での記念押印(台紙等に貼られた切手に押印する郵便局のサービス)では、コレクション用に満月印を指定する人もいるほど、価値が高い消印です。

大量の切手は出張買取サービスで売るとラク!

大量の切手は出張買取サービスで売るとラク!

不要となった切手をお持ちの方は、切手専門の買取業者が行う出張買取サービスの利用がおすすめです。

出張買取とは、査定員が利用者の自宅まで行き、その場で査定するサービスです。

自宅にいながら査定を受けられ、且つ査定額に満足できればその場で現金化してくれるところもあるため、非常に便利に利用できます。

特に「住まいの近くに買取店がないから、切手を売るためにわざわざ遠出するのも面倒」という方や、「売りたい切手が多数あるため、持ち運ぶのが大変」という方に適している買取方法でしょう。

年間お問い合わせ件数27万件いただいている切手専門の買取業者「バイセル」では、出張買取を行っております。

日本全国を出張対象としており、経験豊富な査定員を各所に配置しています。

切手を売りたいけど「持ち込み買取」「宅配買取」は面倒だと考える方は、バイセルの出張査定で家にいながら気楽に買取に出してみませんか?

バイセルなら、多数ある切手でも1枚1枚丁寧に査定します。

以下のページでは、バイセルの出張買取の流れや安心してお使いいただける理由、よくある質問についてご紹介しておりますので、詳しく知りたい方は是非ともご覧ください。

出張買取バナー
出張買取バナー

高額買取してもらえる可能性の高い使用済み切手

高額買取してもらえる可能性の高い使用済み切手

消印が押されていたとしても、切手買取市場で価値が高いとされる切手があります。

高額買取してもらえる可能性の高い使用済み切手の種類を、いくつかご紹介します。

該当の切手をお持ちであれば買取対象となり、高く売れる可能性もあるので一度査定に出してみると良いでしょう。

赤猿

赤猿切手は、有名なプレミア中国切手のひとつで、赤い背景に猿の全身が描かれています。

発行当時の1980年は文化大革命の時代で、欧米文化を排除しており、切手収集もそのうちの1つとされていました。

そのため、赤猿切手も収集目的での購入が禁止されていました。

さらには外国への切手の輸出が不可能だったことも相まって、多くの人の手に行きわたることがなく、赤猿切手は大変希少価値が高くなっています。

赤猿切手を売るタイミングや買取事例について、もっと詳しく知りたいという方は以下のコラムをご覧ください。

オオパンダ

オオパンダ切手もプレミア中国切手のひとつで、水墨画のパンダが図柄となっています。

1963年発行の1次(特59)に3種と、1973年発行の2次(革14)に3種発行されており、すべて合わせると6種類です。

オオパンダ切手は、切手収集が禁止されていた文化大革命期に発行されたというのと、発行枚数が少なかったことから希少性が高いです。

特に6種類すべてがそろっていると、バラバラに売るよりも1枚あたりの買取額がより高い買取額になる傾向にあります。

オオパンダ切手の特徴や人気の理由について、もっと詳しく知りたいという方は以下のコラムをご覧ください。

毛主席詩詞

毛沢東関連の切手も、プレミア中国切手のひとつです。

毛沢東は、革命指導者でありつつ詩人でもあり、モチーフとなった切手の種類が多数作られました。

中でも詩詞を書く姿や、詩詞そのものが図柄になった毛主席詩詞切手が人気です。

1967年の文化革命時代に、第1次、第2次、第3次と3回に分けて発行されており、全部で14種類あります。

「オオパンダ切手」同様、1セットそろっている方が単品に比べて特に買取額が高くなりやすく、数十万円で買い取ってもらえることもあります。

詩詞切手以外の代表的な毛沢東切手の種類や買取相場について、気になる方は以下のコラムをご覧ください。

見返り美人

見返り美人切手は、日本の切手趣味週間シリーズ第2弾として、1948年に5枚綴りで発行された切手です。

浮世絵師・菱川師宣が描いた作品「見返り美人図」が図案となっています。

見返り美人切手は、高いデザイン性と浮世絵が描かれた最初の切手であることが切手コレクターから高い評価を得て、プレミア価値がつきました。

人気を受けてその後1991年と1996年に2度も再発行されました。

しかし、150万枚しか発行されていない1948年発行の見返り美人切手が最も希少価値が高いとして、買取額も高い傾向にあります。

見返り美人切手の特徴や高く売るコツ、買取に出すおすすめのタイミングについて、もっと詳しく知りたいという方は以下のコラムをご覧ください。

月に雁

月に雁切手は、見返り美人切手の好評を受けて翌年の1949年に切手趣味週間シリーズの第3弾として5枚綴りで発行された切手です。

浮世絵師・歌川広重が描いた作品「月に雁」が図案となっています。

月に雁切手の発行枚数は200万枚で、見返り美人切手よりは多いですが、その他の切手趣味週間シリーズの発行枚数よりも少なく、希少価値が見込まれます。

月に雁切手は見返り美人切手に並ぶ人気を誇り、切手買取市場でも需要が高く、高額買取が期待できます。

月に雁切手も人気を受けて1996年に復刻版が2000万枚発行されましたが、発行枚数が少ない分、1949年発行の月に雁切手の方が価値が高いです。

月に雁切手の特徴や買取に出すおすすめのタイミング、買取方法について、もっと詳しく知りたいという方は以下のコラムをご覧ください。

ウェル・センター

ウェル・センターとは、切手の印刷が綺麗に真ん中に配置され、余白のバランスが等しくとれているような状態を指します。

反対に、切手の印刷がずれてしまっている状態をオフ・センターと呼びます。

切手買取市場では、オフ・センターよりウェル・センターの切手の方が価値が高いとされ、買取額が高い傾向にあります。

製造技術が発達した現代ではウェル・センターが一般的ですが、戦前・戦後あたりの製造技術ではオフ・センターがよく見られていたようです。

そのため、戦前・戦後に作られたウェル・センターの切手は、特に買取額が期待できるでしょう。

価値がある使用済み切手を高く売るコツ

価値がある使用済み切手を高く売るコツ

使用済みの切手は種類によって価値が見込まれ、高額買取されることがあります。

せっかく価値のある切手を買取に出すなら、少しでも高く売りたいですよね。

価値がある使用済み切手を高く売るためのコツを、大きく分けて2点ご紹介しますので、ポイントを押さえて買取に望むことをおすすめします。

封筒やハガキから剥がしておく

切手を封筒やハガキ、台紙などに貼り付けたままという場合は、査定前に剥がしておきましょう。

ほとんどのコレクターは切手単体でコレクションしておきたいと考えるため、切手を剥がす手間が省けて、買取額が上がりやすいです。

切手を封筒やハガキから剥がす際には、「水剥がし」がおすすめです。

水剥がしの具体的な方法は、まず切手の周りの余白を数ミリ残して切り取ります。

次に洗面器などに貼った綺麗なぬるま湯に、切手を10分程浮かべます。

丁寧に切手を剥がし、最後は綺麗なタオルや吸い取り紙などで水分を完全に取り除きましょう。

ピンセットで扱い、ストックブックに保管する

切手は、色落ち・汚れなどが見られないような綺麗な状態ほど、買取額が高くなる傾向にあります。

そのため、状態を維持しておくために、取り扱い方や保管方法に気を付けることが大事です。

切手を取り扱う際は、手の皮脂が切手に付着すると汚れの原因となるため、素手ではなく専用のピンセットを使いましょう。

また、切手はシワ・汚れを防ぐためにストックブックに保管しましょう。

さらに、カビを避けるために、乾燥剤などを使って湿気対策が必要です。

以下のページでは、より綺麗に切手を保管する方法や、代用品で手軽に保管する方法をご紹介しています。

気になる方は、是非とも併せてご覧ください。

切手バナー
切手バナー
お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

切手の種類

買取対象品目