ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

【切手コラム】寄付金付ってなに?

寄付金付ってなに?

当記事でよくある質問

  • Q
  • 切手の額面部分に「50+3」と記された切手が出てきました。これはどんな切手ですか?

  • A
  • 「寄付金切手」という種類の切手で中古市場でも人気があります。ご売却を検討でしたらこちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父の切手コレクションの中に寄付金付き切手がありました。価値ってありますか?

  • A
  • バイセルでは寄付金付き切手をはじめ切手の査定実績が多数ございます。切手買取ページをご覧ください。

その他、寄付金付について詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

特殊切手に分類される寄付金付切手。

それぞれに付随する特殊性などから、買取りにおいて寄付金付切手は高く評価されるかと言いますと、これは普通の切手と基本的に変わりません。

寄付金付切手というのはどのような切手の事を言うのでしょうか。

寄付金付切手の価値

郵便切手全般に言えることとして、切手ブームが起きる以前に発行されたものであれば、普通切手であってもプレミアムによって高額な査定になる事も多く、これは寄付金付切手においても同様の事が言えます。

ただし、それは寄付金付だから高くなるわけではなく、あくまでも希少価値が高いと言う意味での高評価なのです。

普通の切手であれば、額面の表示があるだけですが、寄付金付切手は『+●円』という風に数字が記載されているのが特徴です。同様の物を、寄付金付年賀はがきで見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。

寄付金付切手の特徴

例えば、郵便局で「50円+10円」と記載されている切手を購入するとします。

単純に60円を支払って購入することになるのですが、郵便切手として利用出来る額面は50円であり、60円分の切手としては使用する事が出来ません。

差額にあたる10円が寄付金として、非営利団体などが利用する金額になります。

この10円は切手を購入した時点で寄付を行っているということになります。

寄付金付切手を買うと寄付になる

つまり、仮にその寄付金付切手が不要になったお客様が、金券などの取扱専門店やショップに買取りを依頼する場合でも、既に寄付は完結していますので、記載された寄付金分の金額に、買い取り市場では価値が付随しません。

そのため、一般的な記念切手や特殊切手と同じ形で切手買取りの評価が行われるのです。

日本で始めて発行された寄付金付切手というのは、1937年6月1日に発行されたもので、3種類が発行されています。

寄付金付切手は切手買い取り業者で人気

いずれの切手にも寄付金が付いているわけですが、1937年の時代は1銭~10銭などの切手が多くあり、この時の寄付金は2銭となっています。

この時代に発行された切手は切手ブーム以前の物であることから、額面が「銭」であっても、バラであれシートであれ、買取り業者から見れば高い評価をつけるに値する品なのです。


切手バナー
切手バナー

査定対象となる切手の種類

バイセルでは普通切手をはじめ、以下の切手の査定を行っております。
もし切手の処分方法にお困りでしたら、是非ともバイセルまでご相談ください。

切手買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。