ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

スコッチウイスキーを高く売るポイントとは?買取業者の選び方もご紹介

スコッチウイスキーを高く売るポイントとは?買取業者の選び方もご紹介
スコッチ買取の特徴と高く売るコツ

スコットランドでつくられる「スコッチ」は、世界中で愛されるウイスキーの一種です。

麦芽を乾燥させる際に用いる泥炭(ピート)のスモーキーな香りが特徴で、有名な銘柄は日本でも高額買取されることも少なくありません。

こちらの記事では、スコッチの買取相場や高く売るためのコツ、買取店の選び方を中心にご紹介します。

未開封であれば品質を保てるスコッチですから、栓を開けていないものを持っている方は、以下の内容を参考に売却も検討してみてはいかがでしょうか。

スコッチの買取相場

スコッチの買取相場

日本では「世界5大ウイスキー」に数えられているスコッチは、数あるウイスキーの中でも高値になりやすいお酒です。

ちなみに、世界5大ウイスキーとしてほかに、アイリッシュ・アメリカン・カナディアン・ジャパニーズが挙げられます。

ウイスキーの価値は、原酒の熟成期間や製法などによって大きく変わってきます。

もちろんスコッチにも同様の傾向がみられ、安価なものは数百円〜数千円で買取されていますが、熟成期間が長いものなら十数万円になるものもあります。

また出荷本数が限られているプレミア品ともなれば、100万円を超える可能性もあります。

プレミアのスコッチは希少性が高いうえに、ウイスキー愛飲者がこぞって買い求めるため、価格も一気に跳ね上がるためです。

以下では有名銘柄の買取相場をご紹介していますので、所有しているスコッチの買取前の参考にしてください。

銘柄買取相場
ジョニー・ウォーカー数百円〜数万円
スプリングバンク数千円〜数万円
ダルモア数千円〜数万円
マッカラン数千円〜数百万円
ボウモア数千円〜数万円
ザ・グレンリベット数百円〜数千円

同じ銘柄のスコッチでも、熟成期間の異なる原酒を使った幅広い香味・価格帯のお酒を展開しているため、買取相場も大きな幅があります。

上記の買取相場は参考程度に留めて、まずは査定に出すのが手っ取り早い方法です。

スモーキーな味わいが特徴のスコッチ

スモーキーな味わいが特徴のスコッチ

イギリス北部にあるスコットランドで製造されているスコッチは、ほかのウイスキーよりも強いスモーキーな香味が特徴です。

ちなみにスコットランドは、アイルランドと並んでウイスキー発祥の地とされていて、スコッチは数あるウイスキーの中でも長い歴史を持っています。

最大の特徴である、煙のような香りは「スモーキーフレーバー」とも呼ばれ、蒸留所ごとの製造方法によっても変わってきます。

煙のような香味は、原料となる麦芽を乾燥のために燃焼させる際に用いられる「泥炭(ピート)」が由来となっています。

泥炭による燃焼は大麦の発芽の進行を止めることと、香り付けの役割を担っており、スコッチの製造過程でも欠かせません。

泥炭とは文字通り泥状の炭で、十分な分解がされなかった植物の残骸が蓄積して形成されたものです。

またスコッチは、大麦麦芽を原料とした「モルトウイスキー」だけではなく、トウモロコシと大麦麦芽を組み合わせた「グレーンウイスキー」も有名です。

スモーキーフレーバーの主張が強いのはモルトウイスキーですが、反対にグレーンウイスキーは癖の少ない飲みやすさが特徴です。

スコッチとバーボンの違い

スコッチと並んで「バーボン」も、有名なウイスキーとして外せません。

バーボンはアメリカでつくられるウイスキーで、原料や製造方法はスコッチと全く異なります。

バーボンの主原料はトウモロコシで、熟成樽には内側を焦がした新樽が使われます。

そのためグレーンウイスキーに近い飲みやすい特徴を持っていながらも、樽の焦げの香りが移り、バニラやカラメルのような甘みを持っています。

またバーボンは原材料の51%以上にトウモロコシを用いる必要がありますが、残りの49%は大麦・小麦・ライ麦など様々穀物が使われているのも特徴です。

蒸留所によっても原材料の割合が違うため、銘柄ごとに違った味わいを堪能できます。

スコッチを売る買取店の選び方

スコッチを売る買取店の選び方

有名銘柄のスコッチは未開封であれば価値を持っていますが、売りに出す買取店によっては買取価格は変わってきます。

そこで少しでも損をしないための買取店の選び方として、ここからは以下の3つのポイントをご紹介していきます。

  • ・お酒に詳しい買取店へ売る
  • ・都合に合わせた買取方法を展開している
  • ・事前問い合わせで気になる点を相談しておく

無作為に買取店を選んでしまうと、買取価格で残念な結果にもなりかねませんので、ぜひ詳細内容を参考に実践してみてください。

お酒に詳しい買取店へ売る

 

ウイスキーは奥が深く、スコッチだけでも多種多様な銘柄があり、同じ銘柄であっても熟成期間によって価値は大きく変わってきます。

そのため買取相場に則した適切な価格で買い取ってもらうためには、お酒に詳しい買取店を選ぶよう心がけましょう。

ただ「お酒専門の買取店」であっても、中には実績の伴わないところもありますので、公式サイトに掲載されている「買取実績」にも目を通しておくのが肝心です。

例えば年間の買取実績数が数千件や数万件を超えるような買取店なら、経験豊富な査定員が多数在籍していると考えられます。

インターネットで買取店を選ぶ際は、公式サイトの内容を入念にチェックしてから、依頼の申し込みをするか判断しましょう。

都合に合わせた買取方法を展開している

買取店を選ぶ際は、店頭買取以外に「出張買取」といった、都合に合わせた買取方法を用意しているかも重要なポイントです。

出張買取とは、査定員が自宅まで来てくれて、その場でお酒の査定から買取までをまとめて行ってくれる買取方法です。

お酒は1本だけでも重量があるうえに、割れ物ですので、わざわざ店頭まで持ち込む必要のない出張買取は非常に便利です。

また全国からの買取依頼を受け付けている大手の買取店もあります。

「近くにお店専門の買取店がない」と諦めていた方は、都合に合わせた買取方法を展開している買取店を選ぶよう意識しましょう。

事前問い合わせで気になる点を相談しておく

実際に買取店に査定依頼を申し込む前には、電話・メールで気になる店を相談してみましょう。

例えば、所有しているスコッチの銘柄を把握しているなら、おおよその買取相場を答えてくれるかもしれません。

また電話やメールを通して、担当者の対応に関しても確認ができます。

「信用できる買取店」が不安を抱えている方は、実際に依頼する前に担当者の態度をチェックする目的で問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

スコッチを売る前に知っておきたい注意点

スコッチを売る前に知っておきたい注意点

世界的に有名なスコッチでも、条件次第では買取価格が下がったり、買取不可になることもあります。

そこでここでは、スコッチを売る前に知っておきたい注意点として以下2点を解説します。

  • ・栓を開けたスコッチは売れない
  • ・保存状態に気をつける

最低限、押さえておくべき内容ですので、スコッチの売却前に詳細内容を把握しておきましょう。

栓を開けたスコッチは売れない

アルコール度数の高い蒸留酒のスコッチは、賞味期限がなく、未開封であれば品質をキープすることが可能です。

しかし栓を開けてしまえば市場での価値はゼロになってしまい、お酒専門の買取店であっても買い取ってくれません。

スコッチは直接口にするものですから、栓が開いていれば品質面だけではなく安全面でも不安視されるからです。

未開封のスコッチなら快く買い取ってもらえますが、もしも栓を開けてしまったスコッチを所有されている方は、売却以外の処分方法を検討する必要があるでしょう。

保存状態に気をつける

スコッチは賞味期限がないため、未開封であれば古い銘柄でも買い取ってもらえます。

ただウイスキーは「温度変化」「直射日光」などが原因で品質は徐々に悪くなる場合があります。

そのため、しばらく売却を検討したいスコッチを持っている方は、現状よりも品質が悪くならないよう、室温の安定した直射日光の当たらない涼しい場所に保管しておきましょう。

スコッチを高く売るコツ

スコッチを高く売るコツ

有名銘柄のスコッチを手放すなら、少しでも高い価格で売りたいところでしょう。

最後にスコッチを少しでも高く売るための、以下2つのコツをご紹介します。

  • ・付属品や箱と一緒に売る
  • ・複数の店舗で比較する

少しの工夫次第で最終的に手にできる金額は変わってきますので、ぜひ以下の内容を参考にして実践してみてください。

付属品と一緒に売る

香りや味を楽しむのが醍醐味のウイスキーですが、買取においては外観も重要な評価ポイントとなっています。

特に購入時についてきた箱やグラスといった付属品は、買取店では商品の一部と考えており、有無によって買取価格も大きく変わってきます。

銘柄によっては箱がないだけで数万円もの減額もありますので、査定時には必ず購入時に付いてきた付属品も添えて、査定員にみてもらいましょう。

複数の買取店で査定額を比較する

銘柄によっては高額買取が期待できるスコッチですが、買取店によっては査定額が異なってきます。

複数の買取店に査定をお願いして、出揃った査定額を比較するのが高く売る際のコツです。

同じ銘柄であっても、買取店によって査定基準や再販ルートには違いがあるため、査定額まで一緒になることはないためです。

しかし、再販ルートなどの内部情報は公式サイト等で調べるのは困難なため、実際に査定してもらうのが確実な方法になってきます。

無料査定を受け付けている買取店も多いので、時間に余裕のある方は積極的に買取店が用意しているサービスを活用して、賢くスコッチの買取を進めていきましょう。


まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

お酒の種類

買取対象品目