ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

バーボンにおすすめの買取方法とは?高く売れやすい種類やコツまとめ

バーボンにおすすめの買取方法とは?高く売れやすい種類やコツまとめ
バーボン買取の特徴と高く売るコツ

アメリカはケンタッキー州を中心に生産されるウイスキー「バーボン」は、お手頃な価格帯から高級嗜好の一級品もラインナップされています。

古いウイスキーでも銘柄によっては買い取ってくれますので、売却するのも処分方法として最適です。

今回の記事では、バーボンの買取相場や特徴、高く売るためのコツなどをご紹介していきます。

また買取店の選び方についても触れていますので、ぜひ今後の参考にしてください。

バーボンの買取相場

バーボンの買取相場

スーパーやコンビニなどでもお手軽に購入できるバーボンですが、中には希少価値の高い銘柄もあり、多くの買取店で積極的に買い取ってくれます。

バーボンはアメリカ文化の中で独自の進化を遂げたウイスキーで、ほかのお酒では味わえない強い香りとコクが特徴です。

以下では、代表的な銘柄の買取相場をご紹介していますので、所有しているバーボンに該当しているか確認してみてください。

銘柄買取相場
ジム・ビーム数百円〜数千円
ジャック・ダニエル数千円〜1万円ほど
ワイルド・ターキー数千円〜1万円ほど
メーカーズ・マーク数千円〜1万円ほど
I.W.ハーパー数千円〜1万円ほど
エズラブルックス数万円
ブラントン数千円
 

お馴染みの銘柄でも、熟成年数や製法によってハイクラスなものも存在しています。

箱やボトルなどのデザインにもこだわっており、市販されている種類とは一線を画す逸品です。

バーボンの特徴

   バーボンの特徴

バーボンはアメリカ・ケンタッキー州で主に生産されているウイスキーです。

ちなみにバーボンを含めたアメリカのウイスキーは「アメリカンウイスキー」とも呼ばれ、世界五大ウイスキーに名を連ねています。

ほかに、スコッチ・カナディアン・アイリッシュ・ジャパニーズが挙げられ、国ごとに独特の魅力を持ったウイスキーとなっています。

中でもバーボンは、原料の51%にトウモロコシが使われているため、甘くてすっきりとして味わいが特徴です。

また内側を焦がしたオークの新樽で熟成するよう法律で定められており、独特の苦味が生まれる要因になっています。

銘柄によってはトウモロコシだけではなく、ライ麦・大麦・小麦など別の穀物と組み合わせて作られています。

樽での熟成期間が長くなるほど、樽による木香が強まり、香ばしくクセのある味わいが増していくのは、他国のウイスキーにもみられる特徴です。

例えば黒のラベルが目印の「ジャック・ダニエル」は、原材料の8割がトウモロコシ、残りはライ麦と大麦麦芽が使用しています。

バーボン特有のすっきりとした甘い飲み口を残しながら、カラメル・バニラを彷彿とさせるほろ苦さがあります。

バーボンとスコッチの違い

個性ある味わいといえば、バーボンと並んで「スコッチ」も有名なウイスキーです。

スコッチはスコットランドを原産としており、大麦麦芽を主原料とした「モルトウイスキー」を主に生産しています。

製造方式や熟成年数、樽に用いる材料にもバーボンとは大きな違いがあり、スコッチのモルトウイスキーはスモーキーでクセのある味わいが特徴です。

また蒸留所の立地も香味に影響を与えているケースがあります。

スコットランドには大小様々な島が点在しており、海辺に蒸留所を構える会社も少なくありません。

例えばスコッチの代表銘柄「ボウモア」は、アイラ島と呼ばれる島にある蒸留所で製造されており、海の香りを彷彿とさせる塩っぽさがアクセントになっています。

バーボンを売る買取店の選び方

バーボンを売る買取店の選び方

価値あるバーボンをお持ちなら、売りに出す買取店も慎重に選んでいきたいところです。

査定をお願いする買取店が違うだけでも、手にできる金額も変わってくるためです。

そこでここからは、お店選びの際に確認して欲しい以下3つのポイントをご紹介していきます。

  • ・お酒に詳しい買取店を選ぶ
  • ・都合に合わせた買取方法を展開しているか確認する
  • ・事前問い合わせで気になる点を相談する

それぞれの詳細をみていきましょう。

お酒に詳しい買取店を選ぶ

名のあるバーボンなら、総合リサイクルショップでも取り扱っています。

しかし、お酒に詳しいわけではないため、買取相場よりも低い査定額になる場合も多く、損をしてしまいます。

そのためお店選びの際は、「お酒専門の買取店」であることを最低条件にしましょう。

文字通りお酒専門の買取店では、バーボンをはじめとした古今東西のお酒の買取・販売を行っています。

古いお酒の価値も熟知していますので、査定時は根拠ある説明とともに、納得できる買取価格を提示してくれることでしょう。

しかし、お酒専門の買取店の中には実力の伴わないところも存在します。

そのため、お店選びの際は、各買取店が公式サイトにて公開している「年間の買取実績数」「創業年数」などにも目を通しておきましょう。

1年間の買取実績数が数千件・数万件を超えているようなお店なら、実力も本物といえます。

都合に合わせた買取方法を展開しているか確認する

住んでいる地域によっては、「近くにお酒専門の買取店がない」とお悩みの方もいることでしょう。

買取店の中には店頭への持ち込み式だけではなく、「出張買取」など都合に合わせた買取方法を展開しているかもチェックしましょう。

出張買取とは、自宅まで査定員が来てくれて、玄関やリビングでお酒の査定から買取までを一貫して行ってくれる買取方法です。

わざわざお酒を持ち運ぶ必要もないので、手間をかけずにお酒の売買を済ませられるのも出張買取のメリットです。

全国からの依頼を受け付けている買取店もありますので、「近くに買取店がない」「大量のお酒を持っていくは大変」といった悩みを抱えていた方は、ぜひ活用してみましょう。

事前問い合わせで気になる点を相談する

はじめてお酒の売買に挑戦する方は、「本当に売れるのか」「売却時には何が必要なのか」など、何かと不安を抱えていることでしょう。

そういった場合は、査定の依頼前に電話やメールで気になる点を相談・確認しましょう。

例えば、所有しているお酒の銘柄や購入時期が分かれば、おおよその買取価格を答えてくれます。

また担当者の対応をチェックにも、電話やメールでの相談は有効です。

電話対応が好印象なら、それだけ教育が行き届いており、企業として信頼できる証拠でもあります。

バーボンを売る前の注意点

バーボンを売る前の注意点

バーボンは人が口にする飲み物ですので、売る際は本や家具など違った注意点に気を配る必要があります。

条件次第では買取価格が下がったり、買い取ってもらえなかったりします。

そこでここからはバーボンを売る前に知っておくべき注意点として、以下2つのポイントをご紹介します。

  • ・古いお酒は液面の低下に注意
  • ・保存状態に気をつける

それぞれの詳細を参考に、これからの買取に役立ててください。

古いお酒は液面の低下に注意

昔に製造されたバーボンの中に、上記でお伝えした買取相場を優に超えるプレミア品も存在します。

古いお酒は液面が低下している可能性が高く、買取価格にも大きく影響してきます。

アルコール度数の高いバーボンはたとえ栓がしてあっても、コルクを通して少しずつ蒸発が進むため液面が低下してしまいます。

いつ購入したか定かではない古いお酒を持っている方は、なるべく早めに売りに出すのが懸命な判断といえるでしょう。

また売却を検討している方は、現状よりも液面が下がらないよう対策をしましょう。

例えば、栓とボトルのわずかな隙間にテープを張るなどすれば、アルコールが外へ逃げるのを軽減できます。

保存状態に気をつける

液面の低下以外にも、バーボンは保存状態次第では価値が大きく影響してきます。

例えば、ラベルの剥がれは外観を損ねてしまうので、査定時の評価が下がる傾向にあります。

また直射日光・湿度の低い場所・温度変化の激しい場所などは、お酒の品質を悪化させますので、室温が安定した暗所で保管するよう心がけましょう。

身近な保管場所といえば、冷蔵庫が挙げられますが、バーボンなどのウイスキーには適していません。

冷蔵庫内は乾燥しているうえ、食材などの匂いがウイスキーに移ってしまうリスクがあるためです。

理想としては、温度10〜15度、湿度60〜70%をキープできる冷暗所といわれています。

ただ一般家庭では条件に当てはまる場所を確保をするのは難しいです。

適した保存場所を見つけられない場合は、早めの売却がおすすめです。

バーボンを高く売るコツ

バーボンを高く売るコツ

最後にバーボンの買取価格を上げるための、以下2つのコツをご紹介します。

  • ・付属品と一緒に売る
  • ・複数店舗で比較する

同じ銘柄のバーボンでも、コツを押さえて時間をかけて売却をすれば、買取価格をアップさせるのは難しい話ではありません。

以下の内容を参考に、自分にとって納得できる形でバーボンを手放しましょう。

付属品と一緒に売る

手軽に手にできるバーボンはボトルのままお店に陳列されていますが、ランクの高い銘柄ともなれば箱に入っている状態で販売されています。

買取市場においては、箱などの付属品は重要な評価項目とされていますので、売却時には一緒に売り出しましょう。

また種類によっては、箱以外にもマグカップやショットグラスがセットになった商品もあります。

バーボンを箱から取り出して飾っていた方は、購入・譲ってもらった際に付いてきた物が全て揃っているか、今一度チェックしてみてください。

複数店舗で比較する

少しでも納得できる価格でバーボンを売るためには、複数の買取店に査定をお願いして、出揃った買取価格を比較するのが大切です。

買取相場をベースに買い取ってくれるお酒専門の買取店ですが、各お店によって査定方法や再販ルートが異なるため、同じお酒でも買取価格まで一緒になるのは滅多にないからです。

ただ査定方法や再販ルートなどの会社内部の情報はインターネットなどでは調べられません。

そのため実際に査定をお願いして買取価格を提示してもらうのが、優良な買取店を見つけるための最適な方法となってきます。

しかし複数店舗にお酒を査定してもらうには、時間も手間もかかってしまいますので、その点だけでは留意しておきましょう。


まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

お酒の種類

買取対象品目