ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

ラム酒の買取相場と売却前にやっておくべきことを解説

ラム酒の買取相場と売却前にやっておくべきことを解説

「ラム酒」は、カリブ海周辺の島国でつくられている、サトウキビを原料としたスピリッツ(蒸留酒)です。

海外では昔から愛されており、その独特の甘みは日本人好みの味わいのため、買取市場でも人気があります。

こちらの記事では、ラム酒の特徴や魅力をお伝えするとともに、有名銘柄の買取相場についてもご紹介していきます。

また後半では最適なお酒の売却方法・買取前の注意点や知っておくべき情報をまとめていますので、今後の買取にぜひ役立ててください。


ラム酒の買取について

大変恐れ入りますが、バイセルではラム酒の査定・買取は承っておりません。ご了承ください。

ラム酒の特徴と魅力

ラム酒の買取相場と売却前にやっておくべきことを解説

サトウキビを原料とするラム酒は、ほんのりと甘みと熟成による独特のコクがあります。

カクテルのベースとしても使われることが多く、チョコレートなどのお菓子との相性が良いのもラム酒の特徴です。

まずはそんなラム酒の魅力を詳しくご紹介していきます。

サトウキビを原料にした蒸留酒

ラム酒は、サトウキビからつくられる蒸留酒です。

ほんのり香る甘みが特徴ですが、原料・製造方法・熟成期間の違いによって味香が異なってきます。

例えば原料は、サトウキビから絞り出した「サトウキビジュース」、もしくは熱したサトウキビジュースから分離された「糖蜜」のどちらかが使われています。

世界に流通するラム酒の8割ほどが、糖蜜を原料としており甘みは少ないながらも、まろやかな味わいが特徴的です。

サトウキビジュースからつくられたラム酒は甘みが強く、個性的な味香の銘柄も少なくありません。

また製造方法や熟成させる期間の長さによっても、違った表情を見せてくれます。

カリブの海賊に愛されたラム酒

今では世界中の人たちから愛されるラム酒は、16世紀ごろ、カリブ海に浮かぶ西インド諸島が発祥の地とされています。

当時は砂糖の製造目的としてサトウキビが栽培されていましたが、加工時に出る副産物の廃糖蜜からラム酒がつくられました。

その後、ラム酒は大きな影響力を持つようになり、一時期は貨幣と同等の扱いがされるようになります。

17世紀頃、サトウキビ栽培は奴隷の労働力に依存していたため、ラム酒は奴隷の代金としても使われました。

またラム酒といえば、海賊をイメージする方も多いのではないでしょうか。

実際に、ラム酒は蒸留酒であり水よりも日持ちするため、海賊や海軍などの海で過ごす人々の貴重な飲料品として愛されていました。

また18世紀初頭に実在したイギリスの海賊・黒ひげも、船員を落ち着かせるためには、ラム酒は欠かせないと日誌にも記しています。

ラム酒の種類

ラム酒の買取相場と売却前にやっておくべきことを解説

カラメルのような甘みが特徴のラム酒ですが、製法の違いによって異なる風味を持ちます。また醸造に使う原料によっても、個性的な味わいを持つラム酒ができます。

ここからは、ラム酒の種類を以下3つのタイプ別に解説していきます。


・色合い

・風味

・醸造の原料


それぞれ詳しくみていきましょう。

色合い

ラム酒の色合いは「ホワイトラム」「ゴールドラム」「ブラックラム」の3種類に分類されます。

色合いは製造方法の違いによって変化し、味わいもそれぞれ個性があります。

ホワイトラムは無色透明のラム酒で、シルバーラムともいわれています。

ステンレスタンクで数ヶ月間、休ませながら加水し、活性炭で濾過することで綺麗な無色透明になります。

クセが少なく、サトウキビや糖蜜の甘みが引き出されているので、カクテルによく用いられます。

ゴールドラムはその名の通り、金色に輝くラム酒です。

樽熟成の期間や複数の原酒をブレンドするなど、銘柄によって異なる製法でつくられています。

ブラックラムは樽で3年以上の長期間、熟成されたラム酒です。

樽由来の独特な香味が特徴で、カクテルだけではなく、香り付けのためにお菓子などにも用いられます。

風味

風味も色合いと同様に違いがあり、軽い味の「ライト」、重みのある「ヘビー」、そして中間の「ミディアム」の3種類に分類されます。

ライトはその名の通り、香味が弱く、軽やかな味わいが特徴です。

ラム酒は内側を焦がしたオーク樽で熟成するのが一般的ですが、ライトラムは内側を焦がさないままの新樽を使用されます。

熟成期間も短く木香が原酒に十分に移っていないため、軽い風味に仕上がっています。

反対にヘビーラムは時間をかけて熟成されているため、カラメルのような甘みとオーク樽独特の苦味が強くなっています。

ミディアムラムは、中間的な風味・香味を持つラム酒です。

様々な製法でつくられているため、一口にミディアムラムといっても銘柄によって個性的な風味があります。

醸造の原料

また醸造する原料の違いによっても種類が分かれており、「インダストリアルラム」「アグリコールラム」が挙げられます。

インダストリアルラムは、砂糖の生産過程でサトウキビから出る「糖蜜」を原料にしたラム酒です。

甘みが抑えられており、すっきりとした味わいが特徴で、全世界に流通しているラム酒の多くが、インダストリアルラムに分類されています。

片やアグネコールラムでは、生のサトウキビを絞ったジュースを醸造してつくられます。

独特の甘みが特徴的で、醸造後の蒸留・熟成の違いによっても個性的な味わいが出てきます。

限られた蒸留所でのみつくられており、希少性が高いため、買取価格も高くなる傾向にあります。

ラム酒の有名銘柄と買取相場

ラム酒の買取相場と売却前にやっておくべきことを解説

ラム酒は、サトウキビの栽培に適した国・地域で主に生産されています。

有名どころといえば、キューバやプエルトリコ、ジャマイカなどが挙げられます。

地域によって製法が異なるため、生産国が違う銘柄の色合いや風味を比べてみるのも、ラム酒の醍醐味です。

買取市場では下記の銘柄が人気が高く、保存状態によっては高額買取も期待できます。


銘柄 生産国 特徴 買取相場
クレマン フランス(アンティニーク) カカオ豆の香ばしさとなめらかが口当たりが特徴。生産国はフランスの海外県「アンティニーク」というカリブ海の島。 数百〜数千円ほど
ハバナ・クラブ キューバ ふくよかな香りが特徴。熟成期間別の銘柄を展開しており、価格も様々。 数百円〜数千円ほど
ロン・サカパ グアテマラ 「ラム酒の中のコニャック」と言われる一品。香りが高く、色々な原酒をブレンドしてつくられる。 数千円ほど
レモン・ハート ジャマイカ 甘みとコクのバランスが良いゴールデンラム。200年以上の歴史を持つ銘柄で、日本でも有名な1本。 数千円ほど

ラム酒の相場価格は、ウイスキーやワインと比較すると低めになる傾向にあります。

その理由は、ラム酒は比較的マイナーなお酒のため、買取市場でも需要が小さいことが挙げられます。

ただ中には「本数限定」「熟成年数が長い」など希少性のある銘柄もあり、買取価格が高くなるものもあります。

例えばハバナクラブのひとつ「マキシモ・エクストラ・アネホ」は、長期間熟成された原酒を厳選・ブレンドした最高峰のラム酒です。

またバカラ製のボトルが採用されているのも、価値をより一層高める要因になっています。販売価格は20万円ほどですので、買取でも十分な価値があるでしょう。

「高級酒専門の買取業者」が簡単でお得な買取方法

ラム酒の買取相場と売却前にやっておくべきことを解説

ラム酒を納得できる価格で手放したいなら、「高級酒専門の買取業者」で間違いないでしょう。

高級酒専門の買取業者なら、日本ではあまり有名ではない銘柄であっても、その価値を適切に判断して市場価値に見合った価格で買い取ってくれるでしょう。

ただ中には個人間で物の売買ができるフリマアプリの利用を検討している方もいるのではないでしょうか。

しかしフリマアプリは、販売価格の設定・購入検討者とのやり取り・発送準備など、1本のお酒を売るにもかなりの手間と時間がかかります。

高級酒専門の買取業者なら、電話やインターネットから簡単に申し込みができ、一度にまとめて買い取ってもらえます。

査定員が自宅まで来てくれて、その場でお酒を査定・買取をしてくれる「出張買取」などの買取サービスを用意している業者もあります。

時間をかけずに簡単に、かつ適切な価格でラム酒を売るなら、高級酒専門の買取業者にまずは相談してみましょう。

ラム酒の価値を下げる・買取不可になる3つの要因

ラム酒の買取相場と売却前にやっておくべきことを解説

ラム酒は原料・製造方法・熟成期間など色々な要因によって味香が異なりますが、同時に市場価値も大きく変わります。

上記でご紹介したとおり、中には価値ある銘柄もあり、高い買取価格にも期待ができます。

しかし、条件次第ではラム酒の価値は下がり、最悪の場合は買取不可になる可能性も否定できません。

ここでは、価値を下げたり買取不可になったりする、以下3つの要因をご紹介します。


・開封済みは買取不可になる

・目減りは査定額が下がる

・定価が安い銘柄は買い取ってもらえない


それぞれ詳しくみていきましょう。

開封済みは買取不可になる

お酒は一度でも栓を開けてしまえば、商品としての価値がなくなってしまうため、専門の買取業者でも買取は難しくなります。

ラム酒はアルコール度数の高い蒸留酒のため、腐ることは滅多にありませんが、直射日光や高温多湿の環境で保存していれば品質は低下します。

売却を検討しているラム酒を持っている方は、気温が安定していて、湿気や日光を避けられる場所に保管しましょう。

目減りは査定額が下がる

しっかり栓がされているボトルでも、コルクから徐々に水分・アルコールが蒸発していき、目減りしてしまいます。

目減りの激しいラム酒は査定額にも影響してきますので、古いラム酒を売る方は留意しておきましょう。

ちなみに目減りを防ぐためには、ボトルの口を完全に密閉するのが効果的です。

空気を通さないパラフィルムで蓋の周りをグルグル巻きにする方法は、居酒屋やバーなどでも行われている方法ですので、ぜひ試してみてください。

定価が安い銘柄は買い取ってもらえない

スーパーやコンビニなどで販売されている安価な銘柄は、簡単に入手ができるため、買取市場は価値が付かない可能性があります。

上記でご紹介したハバナクラブやクレマンでは、幅広い価格帯の銘柄がラインナップされているため、ものによっては買取不可になることも珍しくありません。

持っているラム酒に価値があるのか、気になっている方はインターネットで銘柄を調べてから、買取業者に相談してみましょう。

ラム酒を売る前にやっておくべき3つのこと

ラム酒の買取相場と売却前にやっておくべきことを解説

せっかく価値あるラム酒を売るわけですが、少しでも査定額を上げたいところです。

そこで最後に、ラム酒を売る前にやっておくべき、以下3つのポイントをご紹介します。


・ボトルを綺麗に磨く

・買取相場を調べる

・早めに売りに出す


少し手間をかけるだけでも、最終的に手にできる価格は変わってきますので、詳細内容を参考に実践してみましょう。

ボトルを綺麗に磨く

お酒の買取では中身の状態だけではなく、外観も査定評価に含まれます。

そのため、ホコリを被っているボトルは布巾などで綺麗に磨いてから査定に出しましょう。

また、銘柄によってはボトルやラベルのデザインに強く拘っているものもあります。

ラベルの剥がれやボトルの欠けも査定額に影響してきますので、ボトルの扱い方にも注意しましょう。

買取相場を調べる

ラム酒の価値は銘柄によって大きく異なりますので、査定前には所有しているラム酒の銘柄とともに、買取相場も調べておきましょう。

高級酒専門の買取業者の中には、依頼者の知識が乏しいことを良いことに、相場を下回る査定額を提示してくるところも存在します。

最近では悪質業者の数は減りましたが、買い叩かれないよう自分自身でもある程度の商品知識が必要になります。

インターネットで調べるだけではなく、複数の買取業者に査定依頼するのも方法のひとつです。

時間に余裕のある方は、ぜひ試してみてください。

早めに売りに出す

前述した通り、ラム酒は保存環境に気を配らない限り、徐々に品質が劣化していきます。

古いお酒は総じて査定額は落ちる傾向にありますので、飲む機会のないラム酒は早めに売りに出すのが大切です。


お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

お酒の種類

買取対象品目