ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

南部紫根染の歴史と魅力を解説!原料のムラサキや南部紫根染が希少な理由を紹介します!

南部紫根染の歴史と魅力を解説!原料のムラサキや南部紫根染が希少な理由を紹介します!
 着物買取南部紫根染

深く、気品のある発色が目を引く「南部紫根染」は、着物だけではなく、クッションカバーや和小物などにも使用される染物です。

今回は、南部紫根染の歴史と奥深い魅力についてご紹介します。

南部紫根染の歴史

南部紫根染の歴史は古く、中国春秋時代に日本へとその技法が伝えられ、奈良時代には天皇や朝廷役人だけが身に付けることが許される「禁色」として用いられていました。

南部藩政時代には藩の手厚い保護もあり、南部紫根染文化は発展を見せていました。

しかし、明治時代に差しかかると、海外からアニリン色素と呼ばれる化学色素が輸入されるようになり、染色技法が複雑かつ高価な南部紫根染の需要は一気に低下してしまいました。

紫根問屋は次々と廃業に追い込まれ、ついには、南部紫根染文化は途絶えてしまうことになります。

現在の南部紫根染は、1916年、岩手県の働きかけで蘇った技術であり、その上品で奥深い色合いは多くの方々に親しまれています。

南部紫根染の染色工程

緻密な絞り模様と鮮やかな発色で知られる南部紫根染はどのような染色工程を経て着物に仕立てられるのでしょうか。

ここでは、染色の素材となるムラサキについて解説するほか、その染色のプロセスを紹介します。

南部紫根染の原料となるムラサキとは?

ムラサキとは、日本原種の多年草植物です。染料として用いられており、その歴史は飛鳥時代以前から使われていたと文献などから伝えられています。

紫色の染料として用いるのは、ムラサキの根(紫根)の表皮です。

古くから染料のほか、生薬としても用いられており、皮膚の再生機能を促す働きが認められていたことから、民間療法として皮膚の治療薬としても用いられていました。

南部紫根染の染色工程

南部紫根染の原反は、絞りを作りやすい薄手の絹や木綿を用いています。もちろん、南部紫根染のための別注織の布を使います。

この生地を精錬し、織の際に使われた糊や油分を完全に取り除いた状態から染め上げが始まります。


・下染め~枯らし

ニシゴリ(サワフタギ)という植物の木灰をもとに作った媒染液に布をつけ、下染めを行います。この液体が生地に定着するまで半年間ほど寝かせる工程を枯らしといいます。


・型彫り~型付け

柿渋を塗った和紙に図柄を描き、小刀などで切り抜いたものが型紙になります。

南部紫根染に使われる意匠は800種類ほどあるといわれています。

枯らしが済んだ生地の上に型紙を乗せ、青花(つゆ草紙と呼ばれる染料)でその模様を刷り込みます。


・鹿の子絞り(縫い絞り作業)

型付けが終わった反物は、針仕事によって縫い絞りが施されます。

模様によって異なりますが1反すべての縫い絞りが完了するまで、3ヶ月~半年ほどの時間を要します。すべて絞り手による手作業です。

この時点で検査・補修を行い完全な絞りとなるように調整します。


・染色

紫根を熱湯で抽出ろ過した染色液に反物を漬け込み、染色を行います。1時間ごとに12回同じ工程を繰り返し、発色を促します。

仕上げを行った反物は、3年~5年ほどの期間熟成させ、「南部紫」と呼ばれる風合いの色に仕上げます。

南部紫根染の特徴

南部紫根染は草木染め特有の濃淡ある色彩に加え、南部しばりと呼ばれる手絞り染色方法によって、味わいある模様が表現されていきます。

南部紫根染に代々伝わる模様は800種以上ありますが、熟練の職人が染色を行っても色の濃淡や模様にわずかな違いが生まれるため、まったく同じ染物が世に出ることはありません。

完全な1点ものとして私たちの手に渡る南部紫根染は、1つ1つに個性がある作品となっています。また、ムラサキの根は古くから薬草として使用されていました。

紫根染には、天然の制菌、防臭効果があるとされており、アレルギー防護効果があることでも知られています。

南部紫根染は希少価値の高い染物でもある

南部紫根染の技術は一度衰退し、ムラサキの花の数が大幅に減少したことや染め上げるまでに長い時間が必要であることなどから、大量生産することができず、希少価値の高い染物でもあります。

しかし、一方で南部紫根染の着物や、和小物などは需要が高いことも事実です。

箪笥の中に南部紫根染を使用した製品が眠っている場合は一度買取査定を受けてみるのも良いでしょう。

出張買取サービスを利用すれば、自宅で簡単に査定を受けることができます。


着物バナー
着物バナー

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。