ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

吉澤織物7代目・吉澤与市の着物を高く売りたい!どこに買取依頼するのが吉?

吉澤織物7代目・吉澤与市の着物を高く売りたい!どこに買取依頼するのが吉?
吉澤織物7代目・吉澤与市の着物を高く売りたい!どこに買取依頼するのが吉?

当記事でよくある質問

  • Q
  • 吉澤与市の紬着物を持っています。売ったらいくらになりますか?

  • A
  • 保存状態や種類により買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 母から吉澤与市の着物を譲り受けました。価値ってありますか?

  • A
  • バイセルでは吉澤与市をはじめ着物の査定実績が多数ございます。着物買取ページへお進みください。

その他、吉澤織物7代目・吉澤与市の着物を高く売りたい!買取依頼する方法を詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

伝統工芸作家・吉澤与市は、新潟の老舗・吉澤織物の7代目です。

吉澤織物が扱う着物はどれも手作業による高品質な着物のため、多くの人々に人気を博していますが、中でも「吉澤与市」「吉澤与市の紬」は別格といえるでしょう。

吉澤織物はすでに8代目が継承していますが、ここでは7代目・吉澤与市の着物や多くの方が気になるおすすめの買取業者について解説します。

吉澤与市ブランドとは

吉澤与市ブランドとは

吉澤与市を語る上では、吉澤織物についての知識が欠かせませんので、まずは吉澤織物についてご紹介していきます。

吉澤織物を担う吉澤家は、今をさかのぼること270年以上前、江戸時代宝暦年間より越後の高級特産品である「越後縮」に携わってきた家系です。

2代目与市が家業の基礎を固めたのちには、御用人であった高橋茂平治が修行の後、養子となり3代目となりました。

4代目寅吉が家業を継いだ時期は、絹織物へと転換をはかった時期でもあります。

さらに5代目貞治は明石縮を開発し、吉澤織物は安泰と行っても過言ではない時期が訪れました。

6代目武治は、1950年(昭和25年)に澤織物株式会社を設立するに至ります。

ここからオールシーズン着用可能な紬絣の取り扱いが開始しました。

そして、7代目となったのが武治の長男・吉澤与市です。

彼の渾身の作である「吉澤与市の紬」は、機織り・絞り・型染とそれぞれ職人の手によって制作される逸品です。

新潟に吉澤与市ブランドあり、と知らしめるほどの魅力は時が経ても色あせることはありません。

吉澤織物の特徴とは?

吉澤織物の特徴とは?

吉澤織物には吉澤与市ブランドをはじめとする、多数のブランドが存在します。

多数のブランドを持っているにもかかわらず、それぞれに熱心なファンが存在することも吉澤織物の信頼と実績の表れといえるでしょう。

ここでは、そんな吉澤織物の特徴についてご紹介します。

不易流行の商品開発

吉澤織物では、「明るく上品、かつ雅やか」といった着物本来の本質を一貫して大切にする一方、現代との調和が常に考えられています。

古典柄でありながらも新しさを感じる点や現代にも調和する色彩感覚など、繊細なバランス感覚を保つ姿勢が吉澤織物の魅力となっています。

本物の品質追求

日本の高級白生地である長浜や丹後へのこだわりを持ち続けている点も、吉澤与市の着物の特徴を語る上で欠かせません。

「吉澤の友禅」「吾妻徳穂」「吉田簔助」「ふりそで美術館」といった多彩なブランド展開を進める中でも、原点を見失うことなく新しい着物文化を広める取り組みを続けています。

吉澤与市の着物の買取相場はどれくらい?

吉澤与市の着物の買取相場はどれくらい?

吉澤与市の着物の買取価格は、過去の着物買取市場での事例を見ると1万円前後となっていますが、証紙も一緒に査定すればより高額で買い取ってもらえる可能性があります。

吉澤与市の着物は証紙の有無によって買取価格が変動しやすく、もしなければ上記より価格が下がるかもしれません。

また、着物に締め跡が残っていたり、強い匂いを放っていたりすると、価値が下がるので高値での買取は難しくなる場合があります。

吉澤与市作品をはじめとする和装品は、全般的に定期的に手入れしないと状態が悪くなっていくので、綺麗なうちに査定に出しましょう。

吉澤与市の着物を処分したいなら、バイセルに買取依頼がおすすめ

吉澤与市の着物を処分したいなら、バイセルに買取依頼がおすすめ

着物を多数お持ちの方であれば、ある程度よく着るものは限られているのではないでしょうか。

タンスの肥やしとなっている着物の中に、吉澤与市袖の着物が混ざっていませんか。

不要になった着物は、できる限り状態が良い間に売却を行うことをおすすめします。

いくら人気の吉澤与市の着物とはいえども、シミができたり糸がほつれたりするなど着物の状態が悪化してしまえば、その分価値は下がってしまいます。

大切な着物の買取依頼は、実績豊富なバイセルがおすすめです。

プロの審美眼で着物をきちんと査定いたします。

大量に着物があり、自分で発送したり持ち込んだりするのは手間がかかってしまうという場合は、出張買取がおすすめです。

出張買取とは、査定員がお客様のご自宅まで訪問し、自宅内で査定を行うというサービスです。

着物を移動させる必要がなく、その場で売却できるので簡単に取引ができます。

電話やメールでの依頼が可能で、全国どこへでも出張買取しています。

「着物を買取に出したことがなく、買取サービスについてよく分からないから説明して欲しい」「簡単に買取価格の見積もりを出して欲しい」など、査定前にオペレーターとやり取りすることもできますので、初めて出張買取を利用するといった方もどうぞご安心ください。

もちろん、宅配買取や持ち込み買取ご希望の場合も、対応可能です。

無理なく、ご自身のライフスタイルに合った買取方法をお選びください。


着物バナー
着物バナー

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。