現在電話が繋がりにくい状態になっております。繋がりにくい場合は「0120-425-824」におかけください。

ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. 定期的なPCR検査を実施しております。
  8. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  9. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  10. 社内外での会食の禁止を徹底しております。

江戸小紋の代表的作家「藍田正雄」の着物の特徴やおすすめの着物買取業者とは?

江戸小紋の代表的作家「藍田正雄」の着物の特徴やおすすめの着物買取業者とは?
江戸小紋の代表的作家「藍田正雄」の着物の特徴やおすすめの着物買取業者とは?

江戸小紋とは、江戸時代に武士の礼装である裃(かみしも)や式服を染色する方法を用いる着物の一種です。

型紙を用いて精緻な文様を染める技法は、当時大変盛んに行われていました。

そしてこの江戸小紋の制作を得意とする染色家が、藍田正雄です。

江戸小紋に生涯をかけたといっても過言ではない藍田正雄が手がけた着物は高級品です。

ここでは、藍田正雄の人物像や作品の特徴、おすすめ着物買取業者をご紹介します。

藍田正雄とは一体どのような人物だったのか?

藍田正雄とは一体どのような人物だったのか?

藍田正雄は1940年(昭和15年)、茨城県に生まれました。

吉澤織物を担う吉澤家は、今をさかのぼること270年以上前、江戸時代宝暦年間より越後の高級特産品である「越後縮」に携わってきた家系です。

そして3年後、群馬県高崎市に移り住むと小学生の頃から小紋職人である父・春吉の元で修行に励みました。

物心つく頃には染色に魅了されていた藍田正雄は、中学卒業後すぐに東京・品川にある染色工房に弟子入りし、頭角を現していきます。

順風満帆に思えた藍田正雄ですが、慢心から自ら無断で工房を飛び出し父の元へ戻ろうとし、苦労が始まりました。

父・春吉は藍田正雄の慢心を見抜き、門前払いしています。

修業先に戻ることも、実家に入ることも許されなかった藍田正雄は、新しい仕事場を見つけることとなりますが、よそ者である藍田正雄に周囲の目は冷たく、過酷な環境の中自らの腕を磨くことを求められました。

その後、藍田正雄は苦難を乗り越えて独立を成し得ます。

しかし、それは江戸小紋の風潮の変わり目でもありました。

1970年代は大量生産・大量消費の時代であり、価値あるものよりも安価なものに目を向ける風潮の中、繊細かつ手が込んだ藍田正雄の江戸小紋は受け入れられず困窮に苦しむことになります。

ただ、その後藍田正雄の江戸小紋の価値を認める店との出会いにより、藍田正雄の江戸小紋人生が幕を開けました。

藍田正雄の江戸小紋は、伝統的な技術を大切にしながらも、常に新しい技法を取り入れています。

木目を思い起こさせる「板引き杢」、傘地を染める技法を小紋染めに取り入れた染色法「江戸小紋深山染め」など、藍田正雄オリジナルの技法が多いことも特徴です。

1983年(昭和58年)には日本工芸会正会員に、さらに1986年(昭和61年)には日本伝統工芸染色展文化庁長官賞を受賞しています。

その一方、海外に赴き小紋の実演を行ったり、後継者育成に力を入れたりするなど日本の伝統工芸の普及に積極的に取り組んできました。

2017年(平成29年)に、惜しまれつつも生涯の幕を閉じた藍田正雄ですが、今もなお手がけた作品が多くの人に愛され続けているのはいうまでもありません。

藍田正雄の江戸小紋の特徴とは?

藍田正雄の江戸小紋の特徴とは?

藍田正雄はすでに亡くなっており、今後新作が誕生することはありません。

しかし、藍田正雄の江戸小紋が使われた着物は、今後も多くの人々に愛され続けていくことでしょう。

その理由について、見ていきましょう。

得意とする縞柄の染めの魅力

藍田正雄が手がけた江戸小紋染の魅力を語る上で、最も得意としていた縞柄の染めはかかせません。

まるで毛のように細かな縦縞が無数に繋がっている様子は、毛万筋の名手との呼び名がついたほどです。

伝統工芸と新しい技法との融合

藍田正雄はまるで木目を感じさせるような「板引き杢」の開発、染色法の復元など、新しい技法に対しても精力的に取り組んできました。

しかし、良い江戸小紋を継承するためには型紙が必須です。

腕の良い型紙職人の減少を感じ、伊勢型紙の産地である鈴鹿市白子町へと頻繁に足を運びます。

伊勢型紙は伸縮しない硬い紙質であり、紙の上から染料を塗っても型崩れしにくいのが特徴です。

私財を投げ打ってでも後世に素晴らしい作品を残そうとする藍田正雄の姿勢こそ、彼の作品は今なお高い評価を受けているのでしょう。

藍田正雄の着物の買取相場は?

藍田正雄の着物の買取相場は?

近年の着物市場において、藍田正雄の着物は未使用かつ極端に状態の良いものに限り、相場は約5万円と高額で買い取られる傾向にあります。

彼の着物は生産数が少なく、着物市場に出回っているものは希少性が高いため、高額買取になる可能性が高いと言えます。

ただし、生地がヨレていたりシミが目立ったりするなど、着物の状態が悪ければ高価買取は難しいでしょう。

実際の買取価格は査定してみないと分からないので、着物買取のプロに査定してもらうようにしてくださいね。

藍田正雄の江戸小紋が使われた着物を売りたいなら、バイセルで買取依頼がおすすめ!

藍田正雄の江戸小紋が使われた着物を売りたいなら、バイセルで買取依頼がおすすめ!

藍田正雄の江戸小紋が使われた着物は、デザイン感覚に優れ、かつ希少価値が高いため、高値がつく可能性も少なくありません。

しかし、買取業者が全て同じ査定額を提示する訳ではないことを知っておく必要があります。

現在、着物を扱う買取業者は数多くあり、実績や規模は業者によって様々です。

買取件数が多く経験豊富な業者もあれば、買取業務に着手したばかりでノウハウが少ない業者もあるからです。

藍田正雄の江戸小紋が使われた着物を買取依頼するのであれば、着物買取の専門業者に依頼すると安心です。

着物を専門に取り扱っているので、着物の査定技術は他の業者よりも優れており、買取相場もしっかり把握しています。

また、買取実績が多い業者を選べば、買取相場に見合う適正な価格で買い取ってくれる可能性が高いでしょう。

なおバイセルは全国出張買取に応じています。

出張買取とは、査定員がお客様のご自宅まで訪問し、自宅内で査定を行うというサービスです。

バイセルでは出張料や査定料などの手数料は無料ですので、お気軽にお問い合わせいただけます。

お近くに着物を買い取ってくれるような店舗がない場合や、店舗まで行く手間がかけられず時間がない場合などにもぜひご活用ください。

もちろん宅配での買取も無料で実施しています。

「まずは簡易的に藍田正雄の江戸小紋が使われた着物の査定額を知りたい」という場合は、電話やインターネットで簡易査定をご相談ください。

実際に着物を査定していないので簡単にではありますが、おおよその買取金額の見積もりをご提示いたします。

こちらのサービスは、お客様からは気軽に利用できると好評をいただいております。

価値を理解している着物買取の専門家に、大切な着物を託したいと思われる方は多いものです。

プロが丁寧で確実な査定を行うバイセルにぜひ一度お任せください。


着物バナー
着物バナー
お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する