ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

西陣の名門「加納幸」の帯を高く売りたい!どこに依頼すれば良い?

西陣の名門「加納幸」の帯を高く売りたい!どこに依頼すれば良い?
着物

西陣の名門として知られている加納幸は、伝統的な帯のみならず、従来の和装を超える現代的な作品を制作しています。都会的な色合いは、他の帯にはない加納幸独自のものであり、多くの着物ファンを魅了し続けています。

そんな加納幸の帯は、現在どれくらいの価値があるのでしょうか。加納幸の歴史とともに、多くの方が気になる買取相場についてお伝えします。

加納幸とは

加納幸の着物

加納幸が創業したのは、1889年(明治22年)のことでした。当時は加納の名前でしたが、1949年(昭和24年)に創業者加納嘉一郎の息子である加納幸一が事業を継ぎ、加納幸のブランドが誕生します。

加納幸のスタイルは、伝統とモダンを融合させたものです。海外からの注目も集め、1987年(昭和62年)には、和装で初めてVOGUE Parisに掲載されました。アメリカのメトロポリタン美術館日本館での帯・琳派展の開催、ジャパンアート特別展への出品と、活動の場はますます広がり続けています。

出品作品は、今もなお美術館にて収蔵されています。その後、G8北海道洞爺湖サミットにおいては、日本代表としてアメリカ、イギリス、ドイツ、ロシア、カナダ、フランス、イタリア、欧州連合といった各国首相夫人に織物を贈呈しました。

さらに2015年(平成27年)には、革新的な織物の開発・製造・販売を目的としてテキスタイル事業部「440 by Kano-ko」を新設しています。これもまた、加納幸がより一層世界を見据え活動している証と言えるのではないでしょうか。

加納幸の特徴

加納幸の着物

日本のみならず、国内外の方から求められている帯ブランドである加納幸ですが、人気の理由は一体どういった部分にあるのでしょうか。加納幸の具体的な特徴について紹介します。

従来の和装の概念にとらわれない美しさ

都会的な独特の色使いとシックな感覚を重視している加納幸の帯は、既成概念にとらわれることはありません。しかし、根底には伝統的な帯製作のノウハウもあることから、より多くの着物愛好家の支持を集めています。

しっかりとしたものづくりの証

加納幸の袋帯などの帯端には「幸」の文字が織り込まれています。さらに西陣の帯には、西陣織工芸組合発行の生産者番号「440」のメガネ型証紙が貼られており、本物の証明となります。中古でのお買い求めをご検討の場合は、メガネ型証紙の有無を確認することをおすすめします。

一流の日本画家の手によって生まれる図案

加納幸の帯は全て一流の日本画家の手によって誕生しています。細やかな日本画の図案を織物にするためには、さらに技法など細かな定義を進める必要があります。加納幸の帯が今もなお多くの人に愛されるのは、熟練の職人技術があってこそと言えるでしょう。

加納幸の帯は、どれくらいの価格で売れる?

着物

中古市場では加納幸の作品は状態が良ければ20,000円ほどとなっておりますが、今回ご紹介した買取相場に関してはお持ちの品の状態によっては大きく価格が変わる可能性がありますので目安とお考え下さい。

商品のグレードや保存状態によって価格は上下してしまいますから、加納幸だからといって、全てが高値で売れるわけではありません。特に目立つ汚れやシミ、破れ、ほつれといった状態のものは、よほどのことがない限り、買取価格が下がると考えておいた方が良いでしょう。

しかし、買取相場はデザインや使用されている素材、人気度によっても異なるものです。タンスの肥やしにしてしまっては、勿体無いと言わざるを得ません。加納幸の帯が不要になったら、まずは早急に査定に出すことをおすすめします。

加納幸の帯を高く売りたい!それならバイセルで買取依頼がおすすめ!

査定員

加納幸の帯を売るための方法はひとつではありません。しかし、ここで重要となるのが、買取価格を設定する人物が本当に価値を理解しているかという点です。特に着物を専門的に取り扱っていない買取業者の場合、知識や経験、買取実績に乏しく、正確な査定ができない可能性があります。

いくら既に使用していない加納幸の帯といえども、やはりせっかく売却するのであれば、正確な査定を希望する方が多いことでしょう。

どこに査定を依頼すれば良いか迷っているという方は、バイセルの査定、買取をご利用ください。突然買取は…という方は、電話やメールでの簡易査定のお申し込みをおすすめします。

バイセルは、着物買取の専門家による査定と高価買取の実績に自信を持っています。そのため、万が一他店よりも買取価格が低い場合も、返品保証がありますのでご安心ください。

使わなくなった加納幸の帯をまとめて処分したい、既に使う人がいないので売却したいなど、処分にお困りの方はバイセルにお任せください。安心して、査定結果をお受け取りいただけるはずです。


着物バナー
着物バナー

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。