ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

角帯はどんな帯?高く買取してもらうための方法を解説

角帯はどんな帯?高く買取してもらうための方法を解説

「角帯」は、種類の少ない男性の帯のひとつです。

カジュアルからフォーマルまで、色々な和装に使えるため、買取市場でも需要があります。

今回の記事では、角帯の概要や高額買取になりやすい特徴を解説していきます。

また帯を高く売るための方法や注意点、コツをまとめてご紹介します。

これから帯などの和装の整理を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

男性和装に用いられる「角帯」

角帯はどんな帯?高く買取してもらうための方法を解説

男性の和装コーディネートには欠かせない角帯は、数少ない男性用の帯のひとつです。 幅約20cmの帯地を縦に2つ折にした、長さおよそ4mの帯で、色々な場面で活用できるのが角帯の便利なところです。

例えば、角帯は兵児帯(へこおび)よりも格式が高いため、普段着の浴衣・紬と合わせられるのはもちろんのこと、結婚式や成人式などの場面で着る礼装の帯としても活用できます。 ちなみに兵児帯とは、角帯よりも柔らかい素材でつくられた帯で、蝶々結びなどができるため、和装に慣れていない方にも最適な帯です。

浴衣などのカジュアルな和装には合いますが、正式なシーンでは身に付けられません。

また男装の帯は種類は少ないですが、角帯はその汎用性の高さから、色々な素材・織り方・織柄があるのが特徴です。

素材・織り方によっても人気に違いがあり、中でも福岡県の特産品である「博多織」は、市場でも特に高い評価を得ている帯として知られています。

中には厳選した素材を使った手織りの角帯もあり、買取市場での条件次第では単品でも価値ある逸品として売買されることも少なくありません。

高額買取を狙える角帯の特徴

角帯はどんな帯?高く買取してもらうための方法を解説

角帯は浴衣から礼装まで、色々な場面で活用ができるため、素材・織り方が異なり、バリエーションが豊かな一面を持っています。

買取市場においても、使われている生地や産地の違いによっても価値は大きく変わってきます。

例えば、高額買取になる傾向にある角帯の特徴として、以下3つが挙げられます。


・状態の良い角帯

・「正絹」の角帯

・伝統的な織り方の角帯


有名な産地でなくとも、綺麗な状態の角帯なら買取価格にも期待できますので、ぜひ以下の内容を参考にしてください。

状態の良い角帯

シミやカビ、汚れの少ない綺麗な状態の角帯であるほど、査定の評価も高くなり、買取価格も上がる傾向にあります。

買取市場では新品の状態に近い帯ほど、買い求める人も集まりやすく、比例して価値も高まるためです。

角帯は汗や湿気などの水分が原因で、シミやカビが発生しますので、「収納前の陰干し」と「定期的な虫干し」が大切になってきます。

今後も使用する予定のある帯をお持ちの方は、着用してすぐには箪笥に仕舞わずに、風通しの良い部屋で半日〜1日ほど陰干しをしましょう。

また帯の中には「帯芯」と呼ばれる綿や絹などの生地が入っています。

そのため、表面が乾いたとしても、帯芯はまだ水分を含んでいるかもしれませんので、入念な陰干しを心がけてください。

しばらく押し入れから出していなかった帯を持っている方は、「虫干し」を行ってみましょう。

虫干しとは、虫やカビが付かないよう定期的に行う陰干しで、湿気の少ないカラッとした日に行うのがベストです。

例えば日本では「7月下旬~8月上旬」「 9月下旬~10月中旬 」「1月下旬~2月上旬」が最適なタイミングとなっています。

「正絹」の角帯

「正絹(しょうけん)」とは、混じり気のない絹100%の生地をいいます。

絹本来の光沢感と滑らかさが味わえ、高級感の漂う逸品です。

もともと絹自体、希少価値が高いため、純粋な絹で織り上げられた角帯となれば、買取市場でも高額買取が期待できます。

また角帯には正絹以外にも綿や麻、ポリエステルなど様々な素材で出来た生地が使われています。

例えば麻の角帯は、夏に活躍する浴衣とも相性が良く、涼しげな印象を与えてくれます。

綿や麻といった生地の角帯の価値は、正絹と比べてしまえば見劣りしますが、状態次第では買い取ってくれますので、まずは査定に出しましょう。

伝統的な織り方の角帯

着物や帯は日本で誕生して以来、長い歴史を持っています。

そのため、地域によって長い時間をかけて磨き上げられた伝統的な織り方の多数存在しており、有名どころの角帯ともなれば、買取市場でも評価もグッと上がります。

例えば、上記でもご紹介した博多織は「日本三大織物」に数えられ、買取市場での人気も高いです。

ちなみに帯の日本三大織物としてはほかに、群馬県の「桐生織」、京都府の「西陣織」が名を連ねています。

西陣織では「多品種少量」の生産方式を今でも守っており、正絹の生地ともなれば、高値での買取も充分に期待できるでしょう。

以下では、西陣織の詳細について触れていますので、西陣織の角帯を手放そうか検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

角帯を売るなら「着物専門の買取業者」がおすすめ

角帯はどんな帯?高く買取してもらうための方法を解説

角帯などの和装を売りに出す方法をお考えの中の方は、「着物専門の買取業者」がおすすめです。

文字通り、着物専門の買取業者では着物や浴衣、帯といった和服の査定や買取、再販を専門的に行っています。

素材や産地によって価値に大きな違いが出る角帯の価値についても把握していますので、お持ちの角帯の価値を見落とすこともないでしょう。

また和服の再販ルートにも強みを持っていますので、「少しカビがある」「虫食いの跡がある」など多少問題を抱えた帯であっても、査定額を提示してくれます。

昨今では「フリマアプリ」といった、個人間で物の売買ができるサービスが主流になっています。

しかし、着物・帯などの状態の良し悪しが重要な品物の売却方法としては、決して向いているとは言い切れません。

写真では分からないシミがカビがあるだけでも、後々クレームにつながり、返品されるリスクなどがあるためです。

着物専門の買取業者は法人ですので、責任を持って角帯を買い取ってくれます。

安心して売却を済ませられるのも、買取業者のメリットといえるでしょう。

着物専門の買取業者の賢い利用方法

角帯はどんな帯?高く買取してもらうための方法を解説

はじめて着物専門の買取業者を利用する方へ、ここからは賢い利用方法として、以下2点をご紹介していきます。


・「出張買取」「宅配買取」を利用する

・「無料査定」を使って複数の業者で査定額を比較する


各買取業者が用意しているサービスを積極的に活用していくことで、よりお得で効率的な角帯の売却を実現できます。

それぞれの詳細をみていきましょう。

「出張買取」「宅配買取」を利用する

「出張買取」「宅配買取」は、大手の買取業者を中心に行っているサービスのひとつです。

どちらも、わざわざ店舗まで着物・帯を持ち込む必要がないため、時間を効率的に使って、手間なく買取を済ませられますので、積極的に活用していきましょう。

出張買取とは、自宅まで査定員が来てくれて、玄関や居間で依頼品の査定から買取までを一貫して行ってくれる買取サービスです。

大量の着物や帯をお持ちの方にとっても最適な方法です。

また宅配買取では、買取業者から届く宅配キットを使って、買い取って欲しい着物・帯を梱包・発送するだけの、お手軽な買取サービスです。

日中帯は家を空けている方にもおすすめの方法です。

「無料査定」を使って複数の買取業者で査定額を比較する

角帯などの和服の売却では、なるべく出費を抑えるのも大切なポイントです。

例えば、買取業者の中には査定をするだけでも手数料が発生するところもありますので、「無料査定」をしてくれる業者を選ぶよう心がけましょう。

また同じ角帯であっても、買取業者によって査定額は異なってきます。

なぜなら各業者によって、和服の評価方法や再販ルートに違いがあるためです。

そのため少しでも高い買取価格を狙いたい方は、無料査定を利用して複数の買取業者に査定してもらうのも、賢い方法です。

出揃った査定額を比較して、最も高い査定額を提示してくれたところと契約をすれば、納得できる形で角帯の売却を終えられるでしょう。

角帯を高く売るための3つのコツ

角帯はどんな帯?高く買取してもらうための方法を解説

大切にしてきた角帯ですから、売るなら少しでも高い価格で買い取ってもらいたいところです。

そこで最後に角帯の買取価格を上げるためのコツとして、以下3点をご紹介していきます。


・証紙を準備しておく

・クリーニングはせず査定に出す

・着物・和装小物と一緒に売る


どれも時間をかけずに実践できる内容ですので、査定依頼をする前にしっかりと内容を押さえておきましょう。

証紙を準備しておく

「証紙」とは、「帯の価値と品質を保証する証明証」で、査定時でも重要な評価項目となってきます。

証紙は、各産地が独自に設けている基準をクリアした角帯にのみに与えられるため、偽物を見分けるポイントにもなります。

例えば、角帯で有名な博多織は「博多織協同組合」が定める基準に合格しないと、証紙は添付されません。

また生地に使われる絹の割合によっても証紙のデザインが異なり、絹50%の反物には金色の証紙が与えられます。

証紙は帯の産地によって、帯の内側に貼付されていたり、帯とは別になっていたりします。

買取価格にも大きく関わってきますので、査定前には証紙の場所を確認しておきましょう。

また以下の記事では、証紙についてより詳しく解説していますので、併せて参考にしてください。

クリーニングはせず査定に出す

目立つシミ・カビのある角帯を所有されている方は、買取のためのクリーニングはせずに現状のまま査定に出しましょう。

クリーニングをすれば、シミやカビは綺麗に取り除けますが、クリーニング代に見合った最低額アップは期待できないためです。

また正絹でできた角帯はデリケートなため、クリーニングしたことで品質が悪くなるリスクも考えられます。

手間と時間をかけて、反対に買取額を損をしてしまっては残念な気持ちになってしまうことでしょう。

着物専門の買取業者なら、状態の悪い角帯であっても場合によって査定額を提示してくれますので、心配をする必要もありません。

そのため、角帯を売る場合はクリーニングせずに、そのままの状態で査定員にみてもらいましょう。

着物・和装小物と一緒に売る

帯単体でも買取業者では快く買い取ってくれますが、着物や和装小物と一緒に売ることで査定額がアップする場合があります。

買取業者にとっても、ひとりの査定依頼者から何点のも帯や着物を買い取れるのは、効率的なためです。

時期によってはキャンペーンを実施している業者もいますので、お店選びの際はキャンペーンの有無も確認してみてはいかがでしょうか。

自宅の整理を進めていた際、角帯と共に出てきた着物などもこの機会にまとめて手放して、お部屋をスッキリさせましょう。


まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。