ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

形見分けで受け取った着物はどうすれば?対処方法をご紹介

形見分けで受け取った着物はどうすれば?対処方法をご紹介
着物の女性

形見分けで受領した着物はそのまま着ることもできますし、また不要ならば遺品をリメイクや買取サービスに出すことも可能です。

できれば自分がもっている着物を最大限に活用できるように検討しましょう。ここでは形見分けの着物はどのように対処すればいいのかについてご紹介します。着物の保管に悩んでいる人は参考にしてください。

形見分けの着物の活用方法はある?

着物の女性

着物を普段から着ていた祖母や母などの遺品の中には、着物や帯がたくさんある場合もあると思います。形見分けとして親族で分け合ったとしても、自分が普段から着物を着ないのであれば受け取ったところでどうすれば良いのかわからない人も多いのではないでしょうか。結局そのまま間違った保管方法で放置してしまい、カビや虫食いの被害に遭ってしまっては勿体無いです。

それではどうすれば有効活用することができるのでしょうか? 形見分けの着物は着ることが1番の有効活用方法といえますが、サイズが合わないといった問題もあると思います。

そういう場合は遺品のリメイクサービスや買取サービスの利用を検討することをおすすめします。結局捨てることになるのであれば、リメイクによって新しいものとして有効活用したり、着物を大切に扱ってもらうところに引き取ってもらった方が良いでしょう。 それぞれのサービスについてこれからご紹介していきます。

遺品のリメイク

着物の女性

着物のリメイクを行ってくれる専門のサービスがあります。サービス内容としては形見分けの着物やそもそも使用しなくなった着物や帯を丁寧にリメイクしてくれます。 着物は色が鮮やかなものなど各色が異なり、色も各デザイナーによって異なります。

また、着物の染め方なども異なります。形見分けで譲り受けた着物は100年以上の歴史をもつ着物メーカーなどもある可能性があります。着物メーカー次第で着物の刺繍や作り方までも異なるので、その特色は着物メーカーによってさまざまです。

このような特徴のある着物の生地だからこそ、魅力を引き出して「ワンピース」「ドレス」「羽織」などに生まれ変わることができます。 また、洋服の他にも、バッグや傘など和をベースとした小物にリメイクすることもできます。

故人の思い出の詰まった遺品をリメイクして、自分で使用するためでなく、親族にプレゼントすることで最高の形見分けとなるのではないでしょうか。

買取サービスならバイセルに相談

着物の女性

形見分けである着物を有効活用する方法として、リメイクの他に買取サービスを利用する方法もあります。 着物をリメイクする場合は着物を加工する必要があります。着物をそのままの形で残したいと考えている人には買取サービスに相談することをおすすめします。

「バイセル」では着物の買取やブランド品の買取を行っています。月間2万件以上のお問い合わせ(※2020年度当社合計の問い合わせ数(当社調べ))があり、問い合わせの数は業界最大規模となっています。

買取方法

買取方法は3つあります。

出張買取

査定員が自宅まで訪問して買取を行います。

自宅にて査定・鑑定を行い、お互いに金額に合意をすればその場で買取ってくれます。自宅にいながら買取を行ってくれる便利なサービスといえます。

宅配買取

売却したい着物を宅配でバイセルまで送ります。その後買取金額に納得してから現金を受け取ることができます。宅配の送料も無料なため、無駄な費用は発生しません。

持ち込み買取

実際に売却したい着物をバイセルまで持っていって買取を行ってもらう方法です。

バイセルの強み

バイセルは着物をはじめとする様々な品目の買取と販売を行っている買取仲介業者です。バイセルが強みとしているのは以下の3つです。

満足のいく買取価格

売却を検討しているお客様に満足のいく価格を提供できるように努めています。徹底した教育により、査定員のスキルも高く、より正確な査定が期待できます。

スピーディーな対応

受付から査定までのシステム化によりスムーズに依頼をすることができます。また、日本全国に査定員がいるため、即日の申し込み対応にも対応できるような柔軟性を持っています。

また、査定時間も早く、さまざまなサービスをスピーディーに対応させていただくのでお客様をお待たせしないように工夫をしております。

無料サービスの充実

バイセルではさまざまなサービスを無料で提供させていただいています。「見積もり料」「出張・訪問料」「宅配料」「査定・鑑定料」「キャンセル料」については無料です。ご相談のお電話や査定も無料で実施いていますので、気楽にお電話ください。

まとめ

着物の女性

遺品の形見分けで着物を受け取った場合の対処法についてご紹介してきました。着物を普段から着ることがない人や、サイズが合わずに着物が着られないという人は、まずその遺品をどのようにしたいのかを考えて対処方法を考えましょう。

祖母や母の遺品を自分や親族の手元に残しておきたいという人はリメイクをすることによって遺品をいつでもそばに置くことができます。

一方で着物をそのままの形で残しておきたいという人は専門の買い取りサービスを利用することで大切に扱ってもらえます。自分が1番納得のいく方法を考えて対処するようにしましょう。


着物バナー
着物バナー

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。