ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

楮から作られる楮布は丈夫で落ち着いた帯の材料にもなる

楮から作られる楮布は丈夫で落ち着いた帯の材料にもなる
 着物買取楮布

日本の伝統工芸品にはさまざまな種類のものがありますが、その中でも楮布は長い歴史を感じるがことができるものでしょう。

楮は紙の材料としてよく知られていますが、布の材料でもあります。

そこで、楮布についてお伝えします。

楮布とは?

楮布は「こうぞふ」と読みます。太布(たふ)と呼ばれることもあります。

日本の古代の織物である倭文布などに使われていた素材で、神事にも使われてきたといわれています。

楮といえば紙の原料となるものとして有名です。楮の皮の繊維はからみあう性質が強く、丈夫な紙ができるからです。

また、楮は古くから布の材料としても使われていて、日本最古の布といわれています。

江戸時代に木綿が大量に入ってくるまでは日常生活の中で布として利用されてきたようです。

楮布は、現代においては日常生活に使う布としてではなく、伝統工芸品として扱われています。

楮の特徴は、草と木の中間の様な植物という点でしょう。茎が伸びて鞭のようにスッとした姿をしています。

その茎は折ろうと思ってもなかなか折れないという特徴もあり、繊維がしっかりしていることが窺えます。

また、独特のにおいがします。果実は集合果で食べることができ比較的甘い味がしますが、舌触りが良くないため実の商品価値はあまり高くないようです。

楮布を作るために楮の皮を割く準備

楮布を作る場合は、全部で6つの工程が必要になり、前半の3工程は楮の皮を割くための準備工程にあたります。

1つ目の工程では楮を煮ます。1時間半ほど楮の皮を煮て、繊維が網目状にあったら取り出します。

2つ目の工程で表皮を取り除き、樹皮を柔らかくします。袋に入れて踏むことで表皮がとれやすくなり皮も和らかくできます。

3つ目の工程では、皮を凍らせます。日影の畑や野原で3日間凍らせることによって、1本1本の繊維がはがれやすくなる効果があるといわれています。

急速に冷凍しても繊維がはがれやすくはならないため、自然の中でゆっくり凍らせることがポイントです。

皮を割いて楮布を完成させるまでの作り方

後半の3つの工程は皮を割いて布に仕上げていく工程です。

最初の工程で楮の凍った皮を細く割いていきます。

木槌で叩いたり、揉んだりすることによって柔らかくなり、皮を割きやすくなります。

この工程の作業は手に負担がかかります。次の工程では、細長く割いた皮を糸状に紡いでいきます。

割いた繊維の方向を一定にして長く紡いでいくこの作業は根気が必要です。最後の工程は、紡いだ糸を使って布を織る工程です。

丈夫な糸とはいえ、化学繊維などと比較すると切れやすい面もありますので、織っている最中は細心の注意が必要です。

楮布の帯は希少価値があるため買取サービスの対象になる可能性がある

楮布は、楮の皮を細く割いて糸状にしたものを布として織ったものです。そのため、手ぬぐいのようなものだけでなく帯として織ることも可能です。

楮布は、くすんだ色合いが特徴で深く渋い色合いが味わえます。そのため、帯にした場合は大人の落ち着いた雰囲気を演出できる帯になるといわれています。

古くから布として使われているだけあって強度はかなりあります。さらに古くなるほど、その色合いは落ち着いてくるということです。

また、楮布自体は大量に生産されているものではなく希少価値があります。

そのため、古くなった楮布の帯は経済的な価値が認められることもあり、専門の業者に品物を鑑定してもらって買い取ってもらえる可能性があります。


着物バナー
着物バナー

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。