ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

【トルマリン買取】気になる相場や人気の秘密を徹底解説

トルマリン買取

トルマリンは採掘量が多く、安価で手に入る人気の宝石です。

世界一の採掘量を誇るブラジルの他にも、アメリカのカリフォルニア州、メーン州、アフリカのマダガスカル、モザンピーク、そしてロシア、スリランカなどがあります。

本記事は、宝石の中でも人気を誇るトルマリンを売りたい方に、買取相場や査定ポイント、買取方法などをご紹介します。

「譲ってもらったけど使わなくなった」「引っ越しがあるから売ることになった」方は、ぜひ参考にしてみてください。

トルマリンはどんな宝石?

トルマリンはどんな宝石?

トルマリンは10月の誕生石として知られています。

恋愛運を高めるとして​「愛の石」という呼び名があり、好きな人と両想いになりたいと願う人が身につけることでも知られています。

トルマリンは透けた水色をイメージする方は多いと思いますが、カラーバリエーションが豊富です。

また、手で揉んだり熱を与えると微力なマイナスイオンが発生する性質を持っているといわれており、一部の人からはリラックス効果があると評価を得ています。

トルマリンの査定基準を把握しておこう!

トルマリンの買取相場はトルマリンの大きさ、色味、カラット数、カットの方法、キズの入り方、デザイン性、産出国で買取金額を提示します。

ここでは、大きな査定基準である以下4つをご紹介します。

  • ・色味
  • ・カラット数
  • ・カット
  • ・内包物

色味

トルマリンの価値を決めるポイントは色味です。

トルマリンの色味は、パライバ・トルマリン、ルベライト(明るい赤)、インディゴ・ライト(緑青色)、バイカラー・トルマリン(2色)などがあります。

例えば、パライバ・トルマリンのなかでも蛍光が強く、内包物がない、色の濃い、透明度の高いネオンブルーとターコイズブルーは高値が見込まれます。

一方で緑色が入っている、蛍光が弱い、色が薄いトルマリンは価値が低くなりやすいです。

2色を含んだバイカラー・トルマリンは、配色バランスによっても人気度が違うため、相場変動が見られます。

ただし、他の色のトルマリンも色が濃すぎると発光が見えないため、査定金額は低くなりやすいでしょう。

カラット数

カラット(ct)とは、宝石の大きさです。

トルマリンのサイズが大きいほど1カラット当たりの相場が上がり、5カラット以上だと一気に価格が上昇します。

カラーのトルマリンは大粒のものが産出されるため、一定以上の大きさを超えると大きさに比例して高価になるわけではない傾向にあります。

そのため、トルマリンはカラットが大きいからといって希少価値が高いとは限りません。

どのような種類のトルマリンが高値になりやすいかは査定員に聞いてみましょう。

カット

トルマリンを正しい方向にカットすると、猫の目のような縦に細長い光を放ちます。

最適な形状にカットされたトルマリンはより輝きを増します。

例えばパライバ・トルマリンで多くみられるカットは、楕円形のオーバル、三角形のトリリアント、頂部を丸く磨くカボションです。

査定金額はオーバル>トリリアント>カボションの順に高いとされています。

カボションカットは原石の品質に問題がある場合があり、隠すためにカットするようです。

そのため、オーバルやトリリアントよりも査定金額が低くなりやすいです。

内包物

どの宝石にも内包物という傷や不純物が含まれており、内包物の有無によって透明度が左右されます。

トルマリンは内包物が多い宝石です。

内部に傷がなくて透明度の高いトルマリンの方が高値になりなりやすいです。

しかし、内部に傷が多くても状態が良いトルマリンよりは価値は下がりますが、査定金額は付きます。

カラット数が高ければ高いほど希少性が上がり、高値で買い取ってもらいやすいです。

査定を受ける前にご自分で状態やカラー、買取相場をある程度把握しておくことをおすすめします。

トルマリンの種類と代表的なカラー

トルマリンの種類と代表的なカラー

トルマリンはカラーが豊富です。

トルマリンのジュエリーを持っていても、どのようなカラーがあるかをご存じない方も多いでしょう。

ここでは、トルマリンの代表的なカラーをご紹介します。

メジャーな黒色の「ブラック・トルマリン」

「ブラック・トルマリン」は、トルマリンの中で最も産出量が多いです。

鉄の含有量が多く、黒色をしているため「黒トルマリン」とも呼ばれています。

どの種類のトルマリンよりも採掘量が多く、健康グッズの素材やビーズなどの加工品として活用されています。

また、ブラック・トルマリンは品質によって1級品~5級品に分けられ、広く使われているブラック・トルマリンは2級品と3級品です。

1級品はジュエリー用の原石に使われます。

2級品は工業用として最高品質のブラック・トルマリンが使われており、硬度が高く宝石用にも利用されます。

3級品は、2級品よりも多くの宝石用の原石や工業用の高品質鉱石として利用されています。

代表的なカラートルマリンの種類

トルマリンは黒以外にもカラーバリエーションが豊富です。

その豊富な色彩から「トルマリンはすべての色を持つ」ともいわれているようです。

全ての色が個別に名前を有しています。

また、パワーストーンとして、トルマリンの豊富な色が持つ意味合いは大きく、色ごとに波動は異なりパワーも多岐に渡ります。

身につける人に実に多様な魅力を演出してくれることでしょう。

以下でトルマリンの買取において需要の高いカラーをご紹介します。

ピンク~赤色の「ピンクトルマリン」と「ルベライト」

ピンク色の石は「ピンクトルマリン」、赤色の濃い石は「ルベライト」と呼ばれています。

パワーストーンとしては両方とも恋愛に関わる石として知られています。

特に「ルベライト」は、トルマリンの中でもルビーのような赤色が美しいとされて価値が高いです。

査定で評価が高いのは鮮やかなピンクから赤に至る色彩で、色の濁りのないルベライトで、また、「ピンクトルマリン」は明るいピンクで、ルベライトとはピンクの濃淡が違います。

中古市場でも人気のカラーで、透明感が高いほど相場が高くなるようです。

青色の「インディゴライト」

サファイアのような深い青色やターコイズ色、トルコ石のような青緑色までブルーがある「インディゴライト・トルマリン」は、スリランカで採掘されています。

別名で「ブルートルマリン」とも呼ばれています。

カラットの小さいトルマリンがほとんどで、大粒のものは買取でも高い相場が期待できるでしょう。

多くのインディゴトルマリンは不透明から半透明で、透明度の高い宝石は少ないといわれています。

緑色の「グリーントルマリン」

「グリーントルマリン」はインクルージョンが少ないことが特徴で、エメラルドのカラーにも似ている透明度の高い宝石です。

別名「ベルデライト」とも呼ばれています。

希少性のあるグリーントルマリンは深い緑色か黄みがかった緑色で、5カラット以上の透明度の高いグリーントルマリンは珍しいでしょう。

ピンク色+緑色(青緑) の「ウォーターメロン・トルマリン」

結晶の周りがグリーンで中央がピンクから赤色をしたスイカのような色合いが特徴です。

柱状の結晶を輪切りにして研磨されるとスイカのような色合いになります。

このカラーのトルマリンはすべて天然で、同じ模様は世界に二つと存在しません。

2色以上の「バイカラー・トルマリン」

青とピンク、青と緑、黄色とピンクなど様々な種類が存在するトルマリンです。

長い時間をかけて生まれる天然石で、全く同じ配合の色は存在しません。

全体的に流通量が少ないため美しい配色の石は非常に高額で買取が行われているようです。

査定では色のコントラストがはっきりしていて、内包物の少ないバイカラー・トルマリンは高くなりやすいです。

幻の宝石を呼ばれる「パライバ・トルマリン」

「パライバ・トルマリン」はトルマリンの中でも最も評価の高い宝石です。

さらに、ルビー、サファイア、エメラルドなどの宝石を凌ぐ高い評価がされています。

銅やマンガンによる青緑のネオンのような輝きは、快晴の空や透けて見えるほどの青い海のような色味に見えますよね。

1989年にブラジルのパライバ州で発見されましたが、非常に小粒なものばかりであったため認知をされていませんでした。

しかし、ブラジル産のトルマリンが世界の宝石市場に供給されると一躍脚光を浴びて、「パライバ・トルマリン」という名前がつけられました。

世界中で人気を集めたパライバ・トルマリンでしたが、ブラジル国内では採掘権をめぐってトラブルが起こり、約10年の間採掘がストップされました。

やがて供給の停止した宝石業界では、「パライバ・トルマリンは鉱脈が枯渇した」という噂が流れ始め、市場での価格はさらなる高騰を見せました。

また、ネオンブルーカラーのトルマリンは、ブラジルだけでなく世界中で採掘されています。

銅の含有量はパライバ産のものが群を抜いており、ネオンブルーの発色は唯一無二と言えるでしょう。

パライバ・トルマリンは中古市場でも供給量が非常に少なく、1カラットの価格では最も高額であるともいわれています。

トルマリンと間違えやすい宝石はあるの?

トルマリンと間違えやすい宝石はあるの?

トルマリンと間違えやすい宝石は存在します。

青色の「アパタイト」は「パライバ・トルマリン」と色が似ているため間違えやすいです。

アパタイトは、和名で燐灰石(りんかいせき)といい、多くの場所で採掘される鉱物です。

最もメジャーな青色のアパタイトは、パライバ・トルマリンと間違えやすい鉱物として知られています。

パライバ・トルマリンや青系統のトルマリンをお持ちの方は、知識として覚えておいて損はないでしょう。

トルマリンの買取方法は?

トルマリンの買取方法は?

宝石の買取方法でおすすめなのは以下の2つです。

  • ・業者に宝石を郵送して査定をしてもらう「宅配買取」
  • ・自宅まで査定員が訪問する「出張買取」

どちらもメリットとデメリットがありますので、都合にあった方法を選びましょう。

ここではそれぞれの買取方法の特徴と注意点をご紹介します。

宅配買取

宅配買取は、トルマリンを箱に入れて買取業者に送る方法です。

業者に到着してから早くて2~3日ほどで査定金額を口座に振り込んでくれます。

トルマリンを売るのに必要な箱や梱包材は無料でもらえるので、事前に自分で用意する手間とお金をかけずに済みます。

さらに、自宅に集荷に来てもらえれば査定から売却までを自宅にいながら完結できます。

ただし、配送中にトルマリンが破損してしまうリスクもゼロではありません。

ですから、宅配買取を利用するときは、購入時についてきた箱にトルマリンを入れて、しっかりと梱包材で包みましょう。

出張買取

出張買取とは自宅にいたまま査定員が査定してくれて、納得できたら買取金額を受け取る方法です。

出張買取を提供する多くの業者は出張料・査定料が無料ですから、宅配買取と同様に余分な出費をかけずに済みます。

ただし、自宅に人が来るのに抵抗がある方や、査定員が来る前に整理するのが面倒な方は他の方法を利用すると良いでしょう。

納得して買取業者を選ぼう!

トルマリンの買取相場はわずかな要素で変わってくるので、お手持ちのトルマリンの価値を適切に評価してくれる買取業者を見つけることは重要なポイントとなってくるでしょう。

確かな査定技術を持ち、そのときどきの買取市場における相場に精通している業者でないと、宝石の価値を見落とされてしまう可能性もあります。

複数の買取業者に査定を依頼して、評価額を比較するのも一つの手といえます。

最近では無料で訪問査定を行っている買取業者も多くございますので、積極的に活用して後悔のないようにトルマリンを売却しましょう。

買取強化中の宝石・ジュエリーの種類

※上記はあくまでも買取強化中の宝石・ジュエリーとなります。
ブランド問わず査定させていただいております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

宝石バナー
宝石バナー

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

宝石の種類

買取対象品目