ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

真珠(パール)を買い取りに出すポイントは?買取相場や人工真珠との見分け方を解説します

真珠買取

美しくシンプルな気品が漂う真珠は、冠婚葬祭やパーティドレスなど幅広く使える人気の宝石です。

本記事では真珠の種類や本物と人工真珠の見分け方、買取相場、そして査定時のポイントなどを紹介します。

買い取りをお考えの方は参考にしてみてください。

真珠(パール)を高値で売りたいならバイセルにお任せ!

真珠のアクセサリーを今は使っていなくても、高価ですから大事に保管していた方は多いのではないでしょうか?

バイセルなら真珠のみならず宝石の買取実績が豊富なため、高く売れることも期待できます。

真珠のアクセサリーを売るならバイセルにお任せください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。

真珠(パール)の買取相場を決めるポイントとは?

真珠買取

一口に真珠といっても、種類によって買取相場も異なります。

買取相場の高くなるポイントはいくつか存在するのでご紹介します。

サイズ:直径が10mm以上の真珠は買取相場が高くなります。9mmを超える真珠はなかなか採取されないため、希少性も非常に高い真珠になります。

:一般的にラウンド型の真珠の需要が最も大きいとされ、真円形に近いものほど買取相場は高くなるようです。近年は特徴的な形の真珠も人気があり、ドロップ型などは有名です。

テリ:真珠特有の光沢はテリと呼ばれています。真珠層の厚さや、均一性、透明度などによりこのテリの評価は大きく異なり、買取相場も変動します。

カラー:前項で紹介した種類によって、需要のあるカラーは変わります。

黒蝶真珠はピーコックカラーが最も買取相場が高く、アコヤでいえばピンクに近いホワイトが人気のカラーになります。

巻き:真珠層の厚さを指します。巻きの厚いものほどテリも美しく、また真珠の強度も変わってきますので、買取相場も高くなる傾向が見られます。

ブランド:タヒチ・アコヤの花珠パールなどは真珠の買取でも人気です。また田崎の冠名がついた真珠も買取相場が高い傾向があり、やはり真珠の買取でもブランドは重要なポイントとなってきます。

地金の量:真珠のジュエリーには真珠のほか、金やプラチナなどの地金(金属)が使われているケースがあります。

この地金の種類や量によっても買取相場が高くなることがあります。

鑑別書や保証書の有無:真珠ジュエリーを購入すると鑑別書や保証書が付属していることがあります。

真珠は高価なため、その品質を保証する書類がつくことは多いでしょう。

鑑別書にはいくつかの種類がありますが、わかりやすく巻き・形・テリ・傷・仕上げの5項目に対して5段階評価がされている傾向です。

5項目とも5段階の最高評価を得ているものは「花珠」と呼ばれ、高額査定が期待できます。

保存状態:真珠は貝の分泌物からできる有機物であるため、ほかの宝飾品より劣化が早い傾向にあります。

使用したらやわらかい布で拭き取るなどの手入れをしていないと経年劣化も併せて傷みが進みます。

こうした保存状態は真珠の買取価格に影響してきます。

値段がつかない真珠(パール)の特徴

真珠をいざ売ろうと思っても、値段がつかないものもあります。

値段がつかない真珠はおもにイミテーションパールと呼ばれる、本物ではない真珠です。

ここではイミテーションパールの種類や特徴を中心に解説します。

貝パール

貝(シェル)パールは見た目も成分も本物に近く、買い取りの現場にもよく持ち込まれます。

しかし、貝パールは貝パウダーと呼ばれる塗料を人工的に塗布して作ったイミテーションパールです。

本物の真珠との違いは、貝パールのほうが均一なテリである傾向にあり、本物の真珠ほどの輝きがないという点でしょう。

しかし貝パールはある程度のお値段がする本格的なイミテーションパールなので、普段使いには用いやすいジュエリーです。

第3の真珠

本物の真珠とほとんど見分けがつかない精巧さを特徴とする、第3の真珠とも呼ばれるイミテーションパールがあります。

第3の真珠はマジョリカパール、ウィンクパール、アイパール、サトウパールといったブランドが有名です。

第3のパールはテリや耐久性などが本物の真珠より優れている場合や、100万円以上の価格が設定されているケースもあります。

買い取りはできないことも多いのですが、良質な模造真珠が欲しい方にはよいかもしれません。

コットンパール、プラスチックパールなど

コットンパール、プラスチックパール、ガラスパール、樹脂パールといったファッションアイテムなどに使用されるイミテーションパールは価格も安く、ビーズに近いつくりとなっています。

こうしたイミテーションパールの買い取りはできません。

淡水パール

真珠は一般的に海水産ですが、琵琶湖などでは淡水産のパールが養殖されています。

淡水パールは見極めが難しいため買い取りを行なわない業者も多い傾向です。

買い取りをしてもらいたい場合は要相談となるケースが多いでしょう。

真珠はきれいな方が売れる!査定前は汚れを落としておこう

ヘアスプレーや化粧品が付着して光沢がなくなっていたり、手垢がこびりついていたりすると保存状態が良くないため、査定金額が下がってしまう可能性もあります。

質の高い真珠なのに汚れが一つあっただけで査定金額が落ちてしまうのはもったいないですよね。

査定前にはやわらかい布でやさしく汚れを拭き取っておきましょう。

下のバナーから宝石を査定に出す際のポイントや買取方法の手順、サービスの範囲などを詳しく載せていますのでぜひご覧ください。

宝石バナー
宝石バナー

本物と人工真珠(パール)の見分け方

真珠には本物を模した人工真珠があります。

ここでは本物と偽物を見分ける方法をいくつかご紹介します。

  • ・真珠同士を擦る
  • ・ブラックライトを照らす
  • ・粒がそろい具合を見る
  • ・真珠の穴を確認する
  • ・持って軽いか重いか

真珠同士を擦る

本物と人工真珠を軽く擦り合わせてみてください。

本物の真珠は細かい凹みや傷によってザラついてつっかえる感じがしますが、人工真珠は陶器のようにツルツルしています。

特にガラスとプラスチックパールの表面はツルツルしているので、違いがわかりやすいでしょう。

ブラックライトを照らす

ブラックライトをあてると、人工真珠は白っぽいままで変わりませんが、本物は青く照らされます。

真珠同士を擦り合わせるよりもブラックライトを照らす方が違いもわかりやすいでしょう。

粒のそろい具合を見る

真珠の粒のそろい具合を見るのも人工真珠かどうかがわかります。

人工真珠は楕円やまん丸で粒がそろっていますが、本物は波で削られるなどして一粒一粒のサイズが違います。

なお、わざと粒が不揃いの人工真珠もありますので、粒のそろい具合にいたっては他の方法も試してみてください。

真珠の穴を確認する

ネックレスを持っていたら糸を通している穴の形を確認してみてください。

本物だと真珠に貫通している穴が均一で、人工真珠は穴周辺のコーティングが剥がれていて、形が丸ではなく尖っている場合が多いです。

持って軽いか重いか

真珠の重量が軽いか重いかでも見分けられます。

本物は重量感がありますが、偽物はガラスやプラスチックでできていて軽いです。

ネックレスをお持ちならかけると重量感があるかどうかわかると思います。

ただし、シェルパールだと本物と変わらない重量感なので区別がつかない場合があります。

見極めるときの注意点

人工真珠かを見極めるときに削ってしまうと万が一本物だったら取り返しがつきません。

真珠は保存状態によって買取相場が変わるため、真珠にダメージを与える見極め方は避けて査定員に見てもらいましょう。

真珠(パール)ってどんな宝石?

真珠買取

真珠は、シンプルなデザインでフォーマルからカジュアルまで用途も広く幅広い年代層から需要のある宝石です。

琥珀や珊瑚と並び、生物由来の宝石で、一口に真珠といえど種類も豊富です。

ここでは真珠がどのような宝石なのか、産地や歴史、特徴などに触れ、宝石の買い取りにおいても人気の高い理由をご紹介します。

真珠の歴史

真珠の歴史は古く、紀元前2206年に中国で天然真珠の存在が歴史家によって記録されています。

真珠は古くから富と地位の象徴であり、中国を中心に宝飾品として珍重されてきました。

英語名はパールで、これはラテン語で二枚貝を意味する「Pernula」が由来しており、古代ペルシャやローマなどヨーロッパでも採取されていたようです。

日本においても、奈良時代に編纂された日本書紀や、古事記にも登場しています。

また当時から日本産の真珠は美しいと評判で、コロンブスも日本の真珠に憧れていたという記録が残っています。

真珠といえば日本の宝石というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

現在、市場に流通している真珠の大半は養殖です。

「真珠=日本」というイメージの裏には、この養殖真珠の歴史が関わっています。

"養殖"真珠の歴史

現在、市場に流通している真珠の約90%は養殖の真珠です。

実は養殖真珠の歴史は古く、11世紀の中国ではすでに真珠の養殖が行なわれていたようです。

ところが貝の中で真珠が生成されるメカニズムは長らく不明で、20世紀に入るまで養殖真珠の量産は行なわれていませんでした。

世界中で真珠の養殖に関する研究は続けられ、遂に1896年、英虞湾神明浦で養殖アコヤガイの半形真珠の生産に成功しました。

この世界で始めて人工真珠の養殖に成功したのが、御木本幸吉氏です。ジュエリーブランドの「MIKIMOTO」という名前は皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

やがて養殖真珠の生産技術は、御木本氏の次女の夫である西川藤吉氏により特許が取得されました。

こうして日本の養殖真珠は、世界の真珠市場の約90%のシェアを占めるようになったのです。

真珠(パール)の種類

真珠にはいくつかの種類があります。

産地ごとに呼称や特徴が異なり、真珠の買い取りにおいても価値は異なってくるようです。

アコヤ真珠

和名を「和珠」と呼び、日本の真珠といえばこの「アコヤ真珠」が世界的に有名です。

古くから日本では養殖アコヤ真珠が産出されており、現在流通している真珠の大半は日本産になります。

日本国内だと、太平洋側は房総半島、日本海側は石川県を北限として、全国各地に生息しているようです。

なかでも長崎県、熊本県、愛媛県、三重県の4県は特に産出量も多く産地として有名です。

国外では、韓国、中国、カンボジア、タイ、インドネシアなど東南アジアの亜熱帯地方などでも採取されています。

また中近東、ミクロネシア、メキシコでも採取されており、世界中で生息しているといえるでしょう。

アコヤ真珠の真珠層は実にキメ細やかで、他の真珠とは一線を画す透明感やテリが見られます。

カラーもシルバーから、ゴールド、クリーム、ピンク、グリーン、ブルーなど実に多彩です。

真珠の買い取りでは、かわいらしいピンク色のアコヤ真珠が最も需要が大きく買取金額も高くなるようです。

形は丸系が多く、6~8mmのものが最も一般的なサイズです。

直径9mmを越すものは希少価値も高く、真珠の買い取りでは高値で取引が行なわれています。

白蝶真珠

白蝶貝の真珠である白蝶真珠は、別名「南洋珠」とも呼ばれています。

南の海に生息している真珠貝のなかでも、最大級の白蝶貝の真珠です。

直径10mmを超える白蝶真珠は珍しくなく、なかには15~17mmに及ぶものまであります。

白蝶貝の真珠は、採取量約90%を占めるオーストラリアとインドネシア、そしてフィリピン、タイなどの温暖な地域の近海で採取されています。

色は大きく分けてオーストラリアのゴールド系と、インドネシアのシルバー系の2種類です。

また「茶金」と呼ばれる、赤みがかったゴールド系の白蝶真珠は、希少価値の高さから高額で買い取られる傾向があります。

白蝶真珠のなかにはほとんど採取されない左右対称のドロップ型(涙型)もあり、コレクターが多いです。

お持ちの方は、ぜひ査定をしてもらって価値を実感してみてはいかがでしょうか。

黒蝶真珠

タヒチ近海で採取され、古くから女性の憧れとして知られる黒蝶真珠です。

「ブラックパール」とも呼ばれる黒蝶真珠は、1970年代に日本の養殖技術が量産可能にするまで、希少価値が極めて高く「幻の真珠」として高額で取引が行なわれていたようです。

現在もタヒチ産の黒真珠がシェアの90%以上を占め、市場では「タヒチ」と呼ばれることもあります。

亜熱帯から温帯にかけて生息地域が続き、日本でも沖縄や鹿児島、四国地方で生息しています。

黒蝶真珠は、生産量も少なさと美しい漆黒から高い人気があるため、買取相場も高くなりやすい傾向です。

なかでも最高級とされる「ピーコックカラー」は、黒真珠全体の生産量の3%にも満たず、希少価値の極めて高い黒真珠になります。

孔雀の色にも例えられる神秘的な色合いは、宝石のコレクターを魅了し続けています。

コンクパール

コンクパールは、世界で最も希少価値の高い真珠といっても過言ではないでしょう。

カリブ海全域に生息する大型巻貝「ピンクガイ」から、ごく稀に採取されます。

表面が火炎のような模様で覆われているのが特徴で、高価買取が行なわれている真珠です。

また、コンクパールの母貝であるピンク貝は元来、食用として利用されていました。

アメリカや中国において珍しい食材だと知られると、採取量も増えて需給のバランスが崩れてしまいます。

こうしてワシントン条約の規制対象になったピンクガイは、輸出が制限されて希少価値が上昇しました。

コンクパールの養殖は2009年に成功しましたが、まだまだ量産はできていません。

天然のピンクガイからコンクパールが採取される可能性は、0.01~0.1%とも呼ばれており、整った丸型ともなるとさらに数が減ります。

高額が期待できるコンクパールをお持ちの方は、査定をしてもらって価値を把握してみてはいかがでしょうか?

おわりに

真珠はサイズ・形・テリ・巻きなど査定のポイントがあり、それぞれ好条件であればあるほど買取価格が高くなる傾向にあります。

本物の真珠と人工真珠の見分け方としては、真珠同士を軽く擦ってざらついているか、ブラックライトで照らして青く光るか、粒がそろいすぎていないか、真珠の穴が均一か、手に持ってみて重量感があるかどうかといった本物にしかない特徴を参考にしてみてください。


買取強化中の宝石・ジュエリーの種類

※上記はあくまでも買取強化中の宝石・ジュエリーとなります。
ブランド問わず査定させていただいております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

出張買取の流れと買取エリア

出張買取の流れは簡単3ステップ

  • お問い合わせ

    STEP.1

    お問い合わせ

    まずは、電話かメールで
    簡単申込み!

  • 査定

    STEP.2

    査定

    お品物を査定。
    結果はその場でご報告いたします。

  • 現金即払い

    STEP.3

    現金即払い

    査定結果にご納得いただけたら
    その場で現金受け取り!

※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。

※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。

※未成年者からの買取はできません。

※買取をご希望される場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。

日本全国からのお申し込みに
対応しています

  • 日本地図
  • 北海道|北海道

    東北|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県

    北陸・甲信越|富山県|石川県|福井県|新潟県|山梨県|長野県

    関東|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県

    東海|岐阜県|静岡県|愛知県|三重県

    関西|大阪府|滋賀県|京都府|和歌山県|奈良県|兵庫県

    中国|岡山県|鳥取県|広島県|島根県|山口県

    四国|香川県|徳島県|愛媛県|高知県

    九州|福岡県|大分県|宮崎県|熊本県|佐賀県|長崎県|鹿児島県

    沖縄|沖縄県

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

宝石の種類

買取対象品目