ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

宝の山がタンスの中に!?宝飾市場におけるタンス在庫に熱視線

宝の山がタンスの中に!?宝飾市場におけるタンス在庫に熱視線
宝の山がタンスの中に!?宝飾市場におけるタンス在庫に熱視線

金や宝石などの宝飾は身に着けて美しさを楽しむだけではなく、価値の高い資産として取引の対象となっています。

特にタンスに眠っている宝飾に資産価値が高いものがあると注目が集まっているのを知っていますか。

宝飾市場のタンス在庫についてご紹介します。

宝飾の価値は普遍?

古今東西、いつの世でも女性の憧れなのが宝飾です。

美しい輝きに魅せられ、世界の歴史さえも変えるほどの宝飾の数々は、その普遍的な価値を変えず今に至ります。

実は今この宝飾の価値を生かした新しい流通方法が熱いのです。宝飾は経年してもその輝きは衰えることがないため、価値が下がることがありません。

また、そういう意味から宝飾は他の一般的な商品とくらべ、リサイクルしてもその価値が下がることなく流通できるということで、宝飾の普遍的な価値を生かしたリサイクルという新たな流通方法がクローズアップされてきました。

宝飾のリサイクルが活発なワケ

宝飾市場におけるリサイクルの動きが活発になってきたのは2000年代後半あたりからです。

これまで主に装飾用途であった宝飾がリサイクルされ、売買や取引の対象として資産的な扱いが大きくなってきたということが言えます。

このように宝飾が価値の高い資産としてリサイクルされるようになってきたのは、高度成長期からバブル期までの間、大量に売られてきた宝飾ですが、市場である程度飽和状態になってきたことや、宝飾価格の世界的高騰、景気停滞の余波を受けて流通が停滞してきたことがあります。

そこで注目を浴びてきたのが「タンス在庫」。

これはタンスの中に宝飾の在庫があるというものです。

タンスの中の宝飾の在庫を流通しようというリサイクルの動きが一気に活発になりました。

タンス在庫の総額は60兆円!?

宝飾市場の流通方法を画期的に変化させた、タンス在庫。

宝飾市場に関して調査したあるデータによると、1975年以降の日本の成人女性20代から40代までのジュエリー保有数はなんと総額60兆円だということです。

平均して一人あたり13.3個という保有数ですが、50代以降の保有数を加味するともっと総額は増えるはずですので、日本におけるタンス在庫の潜在価値は計り知れないものがあります。

世界的な貴金属、宝飾品の高騰に伴い、購入時より価値が上がった、価格が高くなったという例も多くあります。

もう一度自分が持っているジュエリーや金製品を鑑定に持ち込み、価値が高くなった場合にリサイクルに回すという事例がニュースにもなり、宝飾市場のリサイクルの活発さを物語りました。

発掘してみては?タンスの中の宝探し

宝飾のリサイクルは日本だけのことではなく、欧米ではすでに浸透しているスタイルです。

アンティーク市場では価値が疑わしいものまで含め、貴金属や宝飾で溢れ返り、リサイクルが当たり前となっています。

価値ある宝飾の作り変えやエステート・ジュエリーといって再販も盛んです。

このように、リサイクルなどの流通が活発で潜在的な価値がある宝飾のタンス在庫を放っておく手はありません。

もしかするとタンスの中に宝の山が埋もれているかもしれません。

出張買取サービスに鑑定依頼をすると、一攫千金になる可能性もあるでしょう。

宝探しのように、ジュエリーボックスをひっくり返してみてはいかがでしょうか。

宝石バナー
宝石バナー
お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

宝石の種類

買取対象品目