ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

【必読】一軒家の遺品整理を業者に頼んだ時の相場はどれくらい?

【必読】一軒家の遺品整理を業者に頼んだ時の相場はどれくらい?
一軒家の遺品整理を業者に頼んだときの相場は?

大切な人が亡くなったあとは遺族の方で遺品整理をする必要があります。

もしも故人が一軒家に住んでいた場合は遺品整理をするスペースがかなり広くなるので、最低限の片付けが終わったあとは業者にお願いするのが一般的になってきています。

もちろん業者にお願いする際にはお金がかかります。

しかし、遺品整理をする機会はあまりないのでその相場をご存知ない方が多いと思います。

そこで今回は一軒家で遺品整理をする際の相場についてまとめました。

一軒家の遺品整理の特徴とは

一軒家の遺品整理の特徴とは

一軒家の遺品整理は賃貸の部屋とは異なる特徴があります。

まず、全体的に片付ける範囲が広いため、ものの移動に時間がかかります。

また、ものが多いため細かいところまで片付ける必要があり手間もかかります。

さらに大型の家具や家電など処分に費用がかかるものもあります。

さらに思わぬところから貴重品やへそくりなど遺産が出て来ることもあり、一軒家での遺品整理はかなり大変です。

そのため業者に頼む方が多いのです。

なぜ相場を知る必要があるの?

なぜ相場を知る必要があるの?

ボッタクリを防ぐ

遺品整理業者の中には、遺族の方が相場を知らないのをいいことに、相場とは大きく離れた値段を請求してくることがあります。

実際にボッタクリの値段だと気づかずに払ってしまったあとで調べてみればもっと安く済ますことが出来たことが分かったという方も多いのです。

そうした事態にならないように事前に相場を把握して怪しい業者は切り捨てる必要があります。

質が悪い業者も見極められる

相場よりも低すぎる業者もまた気をつけなければいけません。

遺品整理には人件費や引き取ったものの処分費など、一定の費用がかかります。

それにも関わらず安すぎる料金ということは、何か怪しいからくりがある可能性が高いです。

よくあるのは回収したものを不法投棄することです。

本来はお金を払って処分すべきものを山の中に捨てたりすることでお金を浮かせています。

万が一それが発見されたとき、元の持ち主が判明し、かつ捨てた犯人が分からない場合には持ち主の責任になってしまう場合があります。

そのためきちんとした手順で処分する業者に頼まなければいけません。

相場を知る方法

相場を知る方法

ネットで調べる

遺品整理の相場はネットで調べることが出来ます。

相場をまとめているサイトがたくさんあるので調べてみましょう。

値段は部屋の大きさによって異なるので片付けを依頼する部屋の大きさを把握しておく必要があるます。

1つだけを見るとその値段が間違っていた場合のリスクがあるので、出来るだけ多くのサイトから情報を仕入れるようにしましょう。

業者に見積りをしてもらう

相場を知るもう1つの方法は実際に業者に見積りをしてもらうことです。

見積りを依頼すれば現場に来て全体の大きさやものの種類を見ながら料金を出してくれます。

ここで見積りを依頼する会社が少なければ正確な平均値が分からないので、手間はかかりますが出来るだけ多くの会社に見積りを出してもらうことで相場を把握し、適切な値段を提示しているところを見つけましょう。

一軒家の遺品整理の相場は?

一軒家の遺品整理の相場は?

立地や置かれているものの種類など条件によって異なりますが、大まかな一軒家の相場は以下のとおりです。

2LDK・・・90,000~250,000

3LDK・・・150,000~500,000

4LDK・・・220,000~600,000

上記はあくまで世間的な相場のため参考程度にお願いいたします。整理する部屋が多ければ多いほど時間がかかりますし、必要な人数も多くなり人件費がかかります。そのため大きな家ほど値段が高くなります。

追加料金が発生する場合

追加料金が発生する場合

清掃がオプションの場合

見積りが相場と同じくらいであっても、追加料金が発生し結果として相場より高くなってしまうケースも考えられるので追加料金のパターンを確認しておきましょう。

よくあるのは清掃がオプションという場合です。

片付けが終わればそれで終わりではなく掃除をする場合が多いです。

しかしその値段が見積りには含まれておらず、希望があれば追加というパターンがあります。

そのため、見積りには何が含まれているかを確認する必要があります。

急ぎで依頼するとき

出来るだけ早い日に遺品整理を依頼する場合は料金が余分にかかる場合があります。

ほとんど急いで依頼する場合はないと思われますが、例えば相続税の申告が必要な方は気をつけなくてはいけません。

相続税の申告は期限が決められており、それが過ぎると追加税を払わなくてはなりません。

遺品の中には現金や有価証券など相続の対象に含まれているものがあるかもしれませんから、もし期限直前にこの事実を知った場合は急いで遺品整理をする必要が出てきます。

不当に追加料金を請求されるとき

業者の中には作業が終わったあとで何かと理由をつけて追加料金を要求してくる悪徳業者がいます。

実際に見積りをはるかに超えた金額を請求されたというケースも少なくありません。

そのため、事前に追加で請求される場合について見積りの際に聞いておくのが望ましいです。

もしもそのときに返事があいまいだったりはぐらかしたりする場合は怪しいので依頼するのは考えた方が良いでしょう。

まとめ

まとめ

ボッタクリや不法投棄をして経費を抑えている悪徳業者を防ぐためにも遺品整理をする際は相場を知っておきましょう。

一軒家の遺品整理の相場はネットで調べることができますし、複数の会社から見積りをしてもらうことで把握することも出来ます。

相場は2LDKで90,000~250,000、3LDKで150,000~500,000、4LDKで220,000~600,000と広い家ほど値段が高くなります。

見積りが相場以内であっても様々な理由で追加料金が発生することもあるので、見積りの時点で不明なことはしっかり確認しておきましょう。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目